2007年12月08日

天皇杯5回戦 鳥栖vsFC東京 丸亀競技場

遠方への遠征は基本的に一人行動だが、今回は誘ってもらって岡山経由のツアーに参加。レンタカーで瀬戸大橋を渡り、まずはうどんを食べに行く。セルフなのはさておいて、うどん出汁を蛇口から注ぐのには吃驚(笑)。

さて、丸亀。4年前にアマラオとお別れしたスタジアム。あの日は雪もちらついて、寒さのあまり後半から飛び跳ねていたが、今回は少し風はあるがそこまで寒くない。
憂太と浄の負傷で、左は栗澤と規郎。規郎の守備が中途半端なので、左はかなり狙われていて、モニと今ちゃんがあちこち気にかけないといけない。それはあるものの、今ちゃんのプレーは迷いが多く消極的で精彩を欠いて見えた。ピッチ外のことで悩んでいるせいかねえ。ルーカスも、彼のところまでなかなかボールが入らなかったというのもあるけれど、いつもより元気なかったねえ。一方、今季限りが発表された信男さんは、労を惜しまずに前線を走り回ってくれた。ほんとに頭が下がる。
鳥栖はパスをよくつないで、球際で粘り強くて、動き出し速くセカンドを拾って、攻守の切り替えも速くて、いいチームだった。東京は、ボールを持ってからどう攻めるかのイメージを共有できてない感じ。前半9分にゴール前で粘って押し込まれ先制された後、すぐに梶山のミドルで追いついたものの、前半はどうも一人ずつでサッカーしてるなあとモヤモヤするまま終了。
後半、鳥栖の運動量が落ちたので東京に余裕ができて、徐々にペースを引き寄せてくる。栗澤→浅利で後ろを安定させて、梶山が前に出られるようにする。残り15分程で川口→平山に交代した途端、梶山のパスから石川のシュートのこぼれを拾って、平山がごっちゃんゴール。やっぱり、何だかよくわからないがふてぶてしくツキを持ってる選手なんだなあ。終了までの10分程、梶山・平山の宇宙人コンビが左サイド奥(バックスタンド端の東京サポの前)でのらりくらりとボールキープをやっていたのが面白かった。

この意志の通じなさ、連携の悪さは何なんだろうなあと思いつつ、ともあれ勝ちは勝ち。またもうひとつ試合ができることになった。終了後の挨拶に、信男さんを先頭に全員がHARA TOKYOマフラーを掲げて来てくれたのは嬉しかった。このチームで出来るだけ長く、をわかりやすく表すためのキーワードでガジェットだよね。プレーでなかなか連携の取れないチームだから、せめて気持ちをひとつにしないと。

スタジアムを出てもう1軒うどん屋に寄って、岡山への帰途につく。途中、与島PAに寄ったらちょうど入替戦の中継をやっていたので、ベンチに座って後半から終了までワイワイと観戦。後半だけで広島はシュートを2回ポストに弾かれていて(後でニュースを見たら前半にもバーに1回)、ツキが無いというのはもうどうしようもないのだと思った。でも、京都は相手をよく研究して運動量、動き出しの速さでも上回っていたからこそツキを呼び込んだんだよね。
さあ、熊本での対戦相手は広島か磐田か。夕食を食べてホテルに戻った後、ロビーに備え付けのPCで慌てて皆で熊本へのアシを調べたりして(笑)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/73389311
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック