2005年09月25日

J1第25節 FC東京vs大分 味の素スタジアム

ジャーンしか出られないけどブラジルday。でも試合前にルーカスが挨拶に出て、笑顔を見せてくれた。大事無くて本当に良かった。

ルーカスに代わりササがスタメン。まだまだ、どうやってササを活かせばいいのか模索中な感じだなあ。ルーカスは自分が下がって周りを使っていくけれど(それはそれで前で勝負する人が足りなくなって問題あると思うが)、ササは周りからいいボールを入れてもらってナンボだものな。ササがゴール前にいるのにファーにクロス上げるのは止めてください、まったくもう。
前半はどちらかと言えば大分ペース。ボランチ2人とマグノ・アウベス、吉田あたりに中央で上手くパスを繋がれて、裏に抜けられそうになること多し。東京はボランチ2人が下がりすぎ。またかい。つられて栗澤も下がるので、前との連携がない。梶山と今野が同じような位置で守備をして、空いたスペースにパスを出されている感じ。効率が悪い。梶山・藤山がパスの出しどころに迷ってモタモタするのが目立つ。どちらにも点の入りそうな気配がないままだったが、ロスタイムの大分のシュート2連発は土肥が神セーブ。
後半、戸田が前に上がって2トップに。戸田のトップってどうなのかな。長い距離を走るイメージが先行するので、前に置いておくより2列目あたりにいる方がいいような気がするのだけれど。とりあえず両ボランチ+栗澤が前に向かって動くようになって、攻撃はやや改善。しかし今度は大分のGK西川が頑張って、PAすぐ外からのササのFKを見事にはじく。規郎→阿部に交代して、阿部がドリブルでかき回しにかかる。阿部投入で全体の意識が攻撃に傾くのは、阿部ちゃんが、自分一人ででもDFと勝負してやろうという意気の固まりだからだろう。もちろん、ハイボールの位置を把握する能力とか、トラップの正確さとか、反転・切り返しの速さとか、そういう技術があるから自分で行くぞと思えるのだろうけれど、それだけじゃないよな。阿部ちゃんが発散するムードの源は、行くぞと思う意志の力だと思う。…と阿部オタのドリームはさておき。右からのクロスにファーで合わせた阿部のゴールはオフサイドの判定。大分の守備が厚くなり、攻められなくなる。深谷が嫌だわ。もっとそれぞれが動いてパスコースを作ってほしいのに、皆その場でパスをもらいたがる。停滞と言わずに何と呼ぼう。残り10分で梶山→文丈。さらに栗澤→憂太。2人目の交代はよくわからん。停滞に喝を入れるということなのか? 憂太は何とか局面を打開しようと頑張ったと思う。終了直前にゴール前で得たFKで、憂太が磐田戦を思わせる早いリスタートでボールを入れ、戸田が押し込もうとするが、またも西川のセーブに合う。ここで試合終了。何とも言えない、どよーんとした結末だった…。勝ち点1ずつを分け合い、得失点差で大宮を抜いて1つ順位を上げた。

大分が存外にパスを繋いで来ようとしたのに驚いたのだが、対して東京はパスを繋げないなあ。少ないタッチ数で速くボールを動かしたいのだろうけれど、正確に出せないのでは、また、受け手と噛み合わないのでは、ただのミスパスだ。今年はずっと、短いパスのパス回しに余裕がなくて、行き当たりばったりに見える。キープできない&速攻のために早くボールを放そうとするのだと思うけれど、逆に雑さ故に攻撃の遅れ&途中でカットされる事態になっていると思う。要するに、基礎もちゃんとやろうよってことです、ハイ。プロに向かって失礼だとは思いますが。

試合後は久しぶりに駅前の居酒屋さんに行って飲み。マリサポのマキさんから昨日の浦和戦のことや、ACLの際の不思議ジャッジの話を聞いたりする。店の奥には商工会の一団が陣取って、途中でKB田さんも立ち寄って行かれた。遅くまで大変だ。
三連休、すべてサッカーに明け暮れたが、今夜はこれからF1も山場なのである。起きていられるかな。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7345463
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック