2005年10月01日

J1第26節 大宮vsFC東京 駒場スタジアム

ルーカスが復帰。憂太と、何より宮沢がスタメン!ミヤ頑張れ! 加地も普通にスタメンだが、足は大丈夫なのか? 試合前のアップには参加していたけれど、サブに大志の名前がない。似たもの順位相手に負けられない試合、バクチだな。そういうの好きだけど。

西日が眩しいのと風上になるのとで、前半は大宮がアウェイ側のゴールを取る。トップ下の憂太が生き生きとしていた。今野・宮沢と前線の連携はまだまだだけれど、全体が引き過ぎないで、失敗しても誰かがフォローに走るのは良い。憂太が後ろと前を繋いでいるので、ルーカスがあまり後ろへ戻らずに仕事できる。フジがどうなのかなあ。守備では(小さいけど)身体張ってるし、不思議な攻め上がりがあったりもしているけれど、パスやフィードがアレ過ぎないか(…仕様と言われればそれまでだが)。前半はお互いに攻め手の消し合い、決定力も無しで0-0の折り返し。
後半、試合が、というより審判が荒れ始める。54分、憂太のFKに走り込んだ戸田と大宮GK安藤が交錯。戸田は起き上がってこぼれ球を蹴り込もうとするが外れる。と、その前にファウルを取られていたようで戸田にレッドカード。勢いがついているから止まろうったって止まれるもんじゃない、故意じゃないだろ、せめてイエローだろ、と思うが、判定が覆るはずもなく、10人となる。でも1人少なくってもなんとかなるというのは、昨年でわかってるもんね。数的不利なんかに負けてたまるか。チームがナビスコ決勝での必死さを思い出したか。6分後、憂太のパスに抜け出したルーカスがシュート、GKのはじいたボールが転々とゴール前に転がる…後ろから宮沢が走り込む…決まれ決まれ…ゴール! スローモーションを見ているようだった。あまりに集中していると、時間が引き延ばされたような感覚になる。不思議。ミヤのゴールに涙出そうになった(苦笑)。
先制したことで、直前に交代の準備をしていた阿部ちゃんはいったんベンチに下がる。残りはまだ30分。なりふり構わず自陣に退いて、必死に守る。中盤でのキープができるようにと宮沢→梶山だったのだろうが、梶山はちょっと入り方を失敗した感じ。それとも、ここ数試合で自信喪失気味なのかもしれない。ルーカス→阿部。最後に栗澤→文丈。フミさんが出てくるなり、FKの壁の距離不足でカードをもらっているのに笑った(というか笑うしかないというか)。ロスタイムの執拗なセットプレーを切り抜けて、試合終了。勝ったー! ホーム大宮戦で、決意表明文を配りながらも最後の最後に追いつかれて引き分けた、あの悔しさがあったから踏ん張れたのかもしれない。憂太が本当に最後まで喰らいついて守備をしていたのが嬉しかった。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7604240
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック