2008年01月08日

変化

ルーカスはG大阪へ完全移籍、規郎も神戸へ完全移籍。増嶋は京都へ1年レンタル。
ルーカスについては、昨年末からじわじわと納得させられて覚悟はできていたので驚きはないが、規郎の移籍は寝耳に水。チームを変わるならジュニアユースを過ごした千葉に戻るのかと思っていた。一昨年、昨年の祐介を見ていて、移籍について思うところがあったようなので、神戸もいいかなーと決めちゃったのかしらん。天然君だからな…。

ルーカスには、4年間たくさん苦労をかけた。苦手なポジションもやらせたし、ものすごく走らせた。来た当初は“アマラオ後”を背負わせもしたし、一度は契約を切りかけた。移籍は悲しいんだが、正直、G大阪での方がルーカスはのびのびプレーできるだろうと思う(それもまた悲しいが)。東京戦以外での活躍を祈ってます。
京都もたくさん選手が入れ替っているようで、どうなるのかわからないが、森岡さんとかシジクレイとかに鍛えてもらっておいで>増嶋。

出るばかりで入る方の発表がまだほとんどないのだが、今年の東京はやることが大きく変わるんだなあとひしひしと感じます。そんな中で、根っことして残るのは何か? 何が“東京らしさ”なのか? 変わるものと変わらないものを見極めるシーズンになるのかも。

【1/9 追記】
ありゃ、本人の日記によれば、規郎はまだ決まってなかったのね。というか決めてなかったのね(苦笑)。このタイミングで“海外研修”に行ってしまうあたりが規郎だなーと。脳天気だけど多分、社会生活においてはバランス取れて頭の良い人なんだろうなーと思っております。まあ、じっくり考えて決めておくれ。
posted by kul at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック