2008年02月03日

V・チャレンジリーグ第4週2日目 FC東京vs東京V 東京体育館

起きたら雪が積もっていた。小平経由のつもりだったがさすがにU-18新人戦は延期されたので、直接東京体育館へ。今週末は『東京フェスティバル』と題して、チャレンジリーグの男女18チームが集合。2日間、3コートで18試合を行う。
Aコートは第1試合の四国Eighty8Queen - 柏エンゼルクロスがフルセットにもつれ、会場に入った直後に柏が勝利。B・Cコートより遅れて、第2試合の阪神デルフィーノ - 富士通が始まる。先週の富士通は、そんな簡単に負けるような内容ではないのにそこまで全敗していて「なんで?」という感じだったが、この週末は昨日初勝利をあげて、今日も危なげなくストレート勝ち。

Aコート第3試合が東京ダービー。双方、応援席に襷が出ていたりサッカー風の(?)選手コールがあったりする訳だが、Cコートの女子の試合の音楽を使った応援と重なって、かなりカオスな状態(苦笑)。集中開催はいろんな試合を一度に見られるけれど、選手はやりにくいのかも。
第1セット。取って取られて接戦だが、25-22で先取。阿部が好調。
第2セット。序盤にヴェルディの奥田が負傷。踏み切りで肉離れ? 相当痛そうだったが大丈夫だろうか。バレーボールの会場って、担架の用意がないのね(コートが狭くて、抱えてすぐ外に出せるから?)。ちょっと吃驚した。中断後に東京の方が少しバタバタして、終盤までポイント先行され、先にマッチポイントを取られる。3ポイント差(たしか)に、これは取られるかと思ったが、ここからしぶとく追いついて、さらに2ポイント追加、26-24で逆転勝ち。
第3セット。前のセットの勢いに乗って25-18で勝利。全勝対決でストレート勝ちするとは思ってなかった。第2セットが大きかったね。
先週は阿部にボールを集め過ぎて攻撃が単調になり読まれてしまっていたが、今日は左右に振ったり、フェイントかけたり、色々バリエーションがあって楽しかった。ここで踏ん張れというところで、福田・伊東が渋くスパイクを決めていたのが良かった。

この後、見に行けそうなのは、2/23・24@稲城市総合体育館(vsトヨタ自動車、vs阪神デルフィーノ)、3/1・2@川崎市体育館(vs警視庁、vs東京V)か。東京にいると、サッカーもバレーも見に行きやすくて有難いことです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック