2005年10月15日

J1第27節 FC東京vs広島 味の素スタジアム

戸田が出場停止、加地は足の治療でお休み。でも浄がベンチに戻ってきた。右SBに今野、左SBに藤山。右サイドに栗澤、左サイドに宮沢、縦に憂太と梶山、トップにルーカスと阿部。見慣れませんがな。
前半は双方いいところを潰し合って、45分間ずーっと同じペースで攻めたり守ったり攻めたり守ったりしていた。退屈、とは言わないまでも単調な繰り返し。
後半10分、広島にゴール前でパスを振られて前田に先制されたところから、一気に試合が動き始めた。栗澤と今野でお互い慎重過ぎて縦の動きが噛み合わないので、失点直後に栗澤→規郎。規郎が左に入って阿部が右へ回る。また、ミヤ→金沢で、フジが右SB、今野がボランチへ。これで今ちゃんのプレイエリアが限定されなくなり、流れが良くなる。今日は今年よくあったムリムリなパス交換が見られず、ちゃんと余裕を持って蹴ったり受けたりできていた。憂太がよく動いているからかな。実績積んでルーカスを安心させて、もう少し攻撃に専念させてあげてください。今日はやや疲れ気味のルーカス→ササに交代。これでとにかくササ目掛けて放り込むロングパスが増える。フジのロングパスをササが頭で後ろへ、左に走っていた阿部が胸でトラップ、跳ね上がって落ちてくるボールを反転してボレーシュート。うわ、すごいのを見た! ササや阿部ちゃんのボールの落下点を予測する力は抜きん出ていると思う。
尚も攻めるが、広島のCKをゴール前で浄がクリアしようとしたボールが、やっぱりクリアしようと走り込んだ規郎に当たり、跳ね返りがちょうど森崎和の前へ。森崎にクロスを入れられ、寿人に決められる。ツイてない。でも諦めるもんかと思うのが、出番を得た今の憂太。直後のキックオフのボールを規郎が左サイドへ持ち込み、今日は何度も中を見ないでテキトークロスを入れていたけれど、今度はしっかり中を見てグラウンダーの速いパス。これをニアサイドで憂太がパシッと当てて、角度だけ変えてゴールへ送り込む。点が入るときは呆気なく入るものだなあ。意表の突き方も人を喰った感じも憂太らしいゴールであった。ロスタイムも入れて残り10分程、攻め込むが逆転には至らなかった。2度追いついたのは良かったけれど、先制されたり10人になったりして苦境に立たないと点を取れないのは修正しないと。でもまあ、浄も戻ってきたし、阿部ちゃんのゴールはすごかったし、良しとするか。

後半に広島GK下田が、阿部の飛び込みを抑えようとして味方と交錯し、膝を痛めて交代していたが、靭帯を痛めて結構深刻だった様子。試合後に携帯サイトで柏vs浦和の結果を見て驚いたのだけれど、退場と点差だけでなく田中達也が大怪我だったのね。ニュースで映像を見て絶句してしまった。どこのどの選手でも怪我は嫌だ。皆早く治りますように。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック