2008年03月08日

J1第1節 FC東京vs神戸 味の素スタジアム

快晴。トーチュウ特別版の配布には間に合わず。諸々お買いもの、だけどファンブックは地元の池袋の書店で買うのだ。池袋は東京都です! 赤い人達のお膝元じゃありません!
それはさておき、左SBに長友、今野・梶山・羽生・エメルソン・石川の中盤に、平山1トップ。立ち上がりをやり過ごして落ち着くと、中盤があちこち動いて楽しい楽しい。たとえ失敗しても、何をしようとしたのかわかる! ちゃんとチームが意思疎通できてる! …喜び方のレベルが低いが、昨年はほんとに一人ずつでプレーしてたからなあ。
羽生とエメの運動量が素晴らしく、いて欲しいところに顔を出してくれる人が複数いることは何とチームを楽にしてくれるものかと思う。しかし段々全体が前がかりになっていくので、ポーンと長いボールからカウンターを喰らうとヒヤヒヤもの。最後のところでモニフジと塩田が踏ん張る。モニフジの連携は、昨年より良くなっている気がする。てゆーか、モニがCapマーク巻いてるんですけど。見間違いかしらん。
前半終了近くに、蹴ると見せかけてエメが横に流し、羽生がDFとGKの間に浮玉のクロスを入れるトリッキーなFKから今野が先制。新加入の2人と、大黒柱様が絡んだ良いゴール。

ご機嫌な前半だったが、後半になって神戸が中盤を増やし、東京の運動量も落ちてくると、今度は守備に追われるようになってくる。こうなると、まだまだ経験値の足りない城福東京は編み目がほどけてきてしまって、一人ずつの適当なパスに戻ってきてしまった。後半すぐのCKで、ゴール前の混戦から失点。それでも、引き分けでも高揚感が残ったのは、後半途中から出てきたカボレがすごかったから。うわー、祐介以上の重戦車ドリブルだ。この先楽しみだねえ。
大竹も開幕デビューを果たした。昴太も早く来い! 一昨年のU-18で散々ワクワクさせてくれたコンビを、トップでも見たいよ。

目指している場所が雲の間にちらりと見えた。あそこに行こう。行くんだよ。きっと楽しい。行く道すがらも楽しいといいな。

試合後に飛田給で“新年会”。4時間飲んで、さらに明大前で3時間飲んで。忙しくも楽しい日々が始まるねえ。

バリボーのFC東京、優勝決定おめでとうございます! 行くぞ入替戦、行くぞVリーグ!

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89065091
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック