2008年03月16日

JFL第1節 横河武蔵野vsアルテ高崎 国立競技場

先週の味スタ開幕の帰りに横河サポさんから招待券をもらったので、廣永君もレンタル移籍したことだし行ってくるかと国立へ。もう1時間開始が遅かったら、小平のTMとハシゴできたんだが。ポカポカ暖かいがメインスタンド屋根下の日陰に座っているとまだ寒くて、観戦の服装が難しい季節です。

序盤からボールはよく動く。横河の方が、きちんとパスを繋いで行こうとしている感じ。高崎の攻撃は、ちょっと引き出しが少ないか。J1とJFLの違いは、プレーの正確さなのかなーと見ていて思った。どちらも割と遠目からでもシュートを撃っていくが、両GKも頑張って決まらない。0-0で折り返し。
ハーフタイムの他会場結果で、鳥取がユアスタでソニー仙台に先制されていて凹む。
後半、徐々に横河ペース。CKからセカンドボールを拾って横河が先制。30分頃に右から繋いで追加点。高崎は残り5分程でカウンターからきれいなミドルを決めて1点差。しかし、終了際に高崎のCBが2枚目イエロー(?)で退場。2-1で試合終了。

試合後、コンコースで横河の選手達が日程のカードを配っている中に廣永もいて、東京サポにたくさん声をかけられていました。頑張っておいでね!

鳥取が気になるので、今年はJFLも気にしようと思ってます(見に行けるかどうかは…)。ユアスタでは後半に逆転。祝・初の開幕戦勝利!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック