2008年03月20日

ナビスコ杯第1節 清水vsFC東京 日本平スタジアム

あいにくの雨、時折強い風も吹く。雨が本降りでなかったのは助かった。相変わらずアウェイサポにも愛想を振りまいてくれるパルちゃんが、スポンサー紹介やパルちゃんショー(おなら体操と世界のナベアツ)の後、スタンド下でスタッフに耳とかしっぽとか拭いてもらっていたのが可愛かったです(はあと)。

今野・羽生が代表召集で不在、浅利・栗澤がスタメン。代表2人の穴は、そう簡単には埋まらないなあ、という試合になった。立ち上がりにマークにつき切れずに先制されていなかったら、また違ったかもしれないけれども。
全体に、セカンドボールへの反応が遅かった。というのはつまり、味方がどう動くか予測できてない、連携が足りないということで。連携が足りないからパス&ゴーの意識も低かった。足元足元のパスになってしまって、清水の選手にすぐに寄せられる。栗澤のプレーが攻めるのか守るのか中途半端、エメが土曜日の反省か運動量を若干セーブ気味だったため、左サイドで栗エメ長友が三すくみになっていることが多かった気がする。つられて全体の動きが止まってしまった。梶山のパスミスや持ちすぎて奪われての場面がいつもより多かったけれど、周りが動いてないから責めるのは酷だ。今・羽がいないから自分が何とかしなきゃ、の気持ちも強かったのだろうし。マークされてボールを持つとすぐ2・3人に囲まれてたので、もうちょっとフォローが欲しかった。
前半に、浅利のクロスから平山ヘッドで追いつく。平山は1ゴールで最低限の結果は出せたが、1トップやるなら後ろ向いての胸トラップをもうちょっと丁寧にやって欲しいなあ。あそこできちんとボールを収められればいいのに。それでも、今年は危機感持ってやってるのはわかる。
早い時間に追いついたものの、PA内でモニが西澤の切り返しを倒してPK。相手のコケ方が上手かったね(苦笑)。

後半、石川→カボレに交代。…先にクリ交代かと思ったのだけども。足元パスでゴール前まで行けない状態が続くので、栗澤→大竹。しかし、交代後すぐのFKから左右に振られて失点。残り25分程。大竹がパス&ゴー、スペースへのパス、の動きをするようになって、ようやく周りも動いてチャンスが生まれてくる。エンドライン際でDFをかわしていくドリブル、俺が蹴るとエメから譲ってもらったCK、ゴール正面からのFK、やっぱり巧いね。心臓に毛が生えてるね。U-18で一時精彩を欠き、小柄なこともあって昇格を心配したのが嘘のようです。嬉しいねえ。
残り15分程。平山→赤嶺。時間も少ないし、前がカボレ・赤嶺になったからには、もっと裏狙いのパスとかクロスとかどんどん入れていっても良かったんじゃないかなあ。

チャンスはあったが決め切れず、3-1で試合終了。内容を考えれば、負けて納得なのだけれど、追いつくくらいはできたよなあとも思うので悔しいね。でも、問題の所在はわかるし、大竹が良かったし(城福さんも言ってるが、交代で役割はっきり、時間限定で入るから出来ているというのもあると思う)、日曜の磐田戦でどう修正できるか楽しみです。頑張れ!

----
JFL第2節、鳥取ホーム開幕、3-1で流経大に勝ったー! 得失差+総得点で首位! まだ2節だけど(笑)。小澤は怪我(?)だったようで、終了近くに交代出場。これからこれから。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック