2008年03月23日

ナビスコ杯第2節 磐田vsFC東京 ヤマハスタジアム

てっきり五輪組はいないのかと思っていたが、前日にLIVREで召集は月曜からだと教えてもらってひと安心。前節、今野・羽生が不在であんな内容だったからね。梶山がいないと誰がパス出すんだと。でも、ピッチにいるのが良い梶山か、悪い梶山かで、まただいぶ違うやね。
結論を言えば、今節は良い梶山でした。カボレ、赤嶺、大竹、金沢が初スタメン。カボレ、赤嶺、エメに磐田のDFがついて、梶山と大竹、2人のヨーヘイは割と自由に動けた。浅利と梶山の動きも、前節より整理されているように思えた。
で、大きい陽平も良かったが、今日はやっぱり小さい方の洋平です。石川の負傷(清水戦での交代が、変な交代だと思っていたら、怪我でしたか)で出番が回ってきたとは言え、大竹のスタメン! こんなに早く巡ってくるとはね。多分、本人もフル出場するとは思っていなくて、最初から全開で行けるだけ行くというつもりだっただろう。ところがエメにアクシデントがあったものだから、両足を攣らせつつ90分走りまわることになった。スペースでボールを受けて、はたいて、すぐまた走る。前を向いてドリブルも仕掛ける。一人がそうやって率先して動けば、周りもスペースを埋めるために動く。良い循環のきっかけになっていたと思う。さすがにユースの試合とは違ってなかなか通らなかったけれど、機を見て前へのスルーパスも狙っていってて、初スタメンにも慌てずに持ち味をしっかり発揮できるあたり、まったくもって彼の心臓には毛が生えている。唯一心配なのは、ここで持ち上げられすぎて、後で壁にぶつかったときに手のひらを返されやしないかということだが、プロになった今、一サポが気にかけても仕方のないことだ。なに、壁に当たらなけりゃいいんだよ。
前節の反省から、前も中盤もよく動いて、ときにはシンプルに裏を狙っていって。ミスもあったけれど、見ていてストレスが少なく、攻めるも守るも楽しかった。初スタメンに燃えていたのは大竹ばかりではなく、2トップが試行錯誤する様子も面白かった。カボレ+赤嶺のコンビは良い感じ(「縦の関係!」と城福さんの指示が響く)。後半、1点目は大竹の低いクロスをカボレがニアで(結果的に)スルーして、ファーサイドの赤嶺のところへ。足元に入りすぎて転びかけながら、立ち上がってゴール! 絶好のボールが来てもやっぱり泥臭いゴールになってしまうのは何故だ(笑)。2点目も、信男さんのクロスを大竹が折り返し、カボレが倒れつつも横へボールを流して、フリーの赤嶺がゴール! 赤嶺は、取るときはまとめて点取るねえ。今季初めて、東京ゴール裏に近い側で(つまり後半に)ゴールが決まり、それを専スタで間近で見られて嬉しい嬉しい。1点目の後、エメが喜びすぎて赤嶺を引き倒していたのが良い光景でした。
終盤、磐田が名波・中山を投入。名波はさすが、パスの名手。DF陣も、よく踏ん張った。今日のCBはモニフジだったが、フジの萬代との身長差を無効にする守備も見られて、フジファンには嬉しゅうございました。萬代、思ってたより大きかったなあ。

ヤマハスタで初勝利。思えば、自分が東京サポであると自覚したのは、2002年、6-1大敗の試合をTV観戦したときであった。やっとやっと勝てたね。
前線は、しばらくカボレ+赤嶺でいくんでしょうか。今回、五輪代表落ちした平山も、うまく使ってやりたい親心…。

【3/25追記】
エメは肉離れで2〜3週間とのこと。梶山は五輪代表の練習中に負傷、代表離脱とのこと。開幕までは割合平穏だったが、段々負傷者が増えてきた。チームで怪我するのはともかく、代表の、しかも練習で負傷離脱は勘弁してください…。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック