2008年03月30日

J1第3節 FC東京vs京都 味の素スタジアム

味スタ周辺の桜は満開だが、昨日からまた冷え込んで今日は夕方から雨の予報。前半終了する頃から降り始めた。

梶山が五輪代表練習中に捻挫。軽傷でほっとしたものの、さすがに今日はお休み。という訳で、ボランチにこのポジションは磐田時代以来の金沢を起用。バーレーン帰りの今野と羽生、木曜に五輪代表で試合してきた長友もスタメン。右SBは怪我か?というニュースもあった徳永、右サイドに大竹、カボレ・赤嶺の2トップ。怪我人が増えてきて、日替わり布陣が続きます。でも控えには怪我で出遅れた佐原が入り、ここを越えたらまたメンバーが戻ってくる。踏ん張りどころ。
CBはモニカズ。称賛と失笑と悲鳴が交互に訪れるという、実にエンターテインメントに溢れた守備でして。うん、まあ、長い目で見るから頑張れ。とりあえず、2人とも他人に任せようとせずに自分でフィードとか組み立てとかできるようになれ。
ボランチ2人も、局面局面では上手いし気が利いてると思うが、展開力という点では弱い。それもあってか、結構、後ろからロングボールを蹴っていく攻撃が多かった。
GKのターゲットは赤嶺だったが、彼はハイボールを競るのは得意じゃない印象。じゃあカボレはどうだというと、ひょっとしてファーストタッチでのボールコントロールはあまり上手くないのかも? 落としそこねても強引に自分のコントール下に持って行ってしまえるのはすごいけど。ちょっとタイミングを逃している。調子が上がれば良くなるのかしらん。2トップが2人とも、前からよく守備したりボールを受けに動いたりしてくれるが、逆に同時に開いたり下がったりしすぎているときもあるようなので、その辺りはこれから整理する点か。
前半2分にCKから吉本がJ初ゴール! 長女誕生の羽生さんにゆりかごパフォーマンスを贈るがものすごい勢いで、赤ちゃんが目を回しそう(笑)。18分に、今度は京都がCKから角田のヘッドで同点。元気になった京都に押され気味の中、なんとか終了間際のCK、赤嶺がゴール正面でドフリーのヘッドを決めて勝ち越し。大竹のプレースキックは相変わらず絶妙!
後半に、京都はパウリーニョ→田原。あるところまでは行けるけれど、それ以上の攻め手には欠ける感じの東京。もう少しの強引さが必要ということか。12分、京都にゴール前で左右にボールを回され、振り回されてできた隙をついて渡邉に見事なミドルを決められる。本当は、東京がこういう攻撃がしたいんだよな、という感じのゴール。35分、中盤のパスミスを奪われて、京都が前線へロングパス。前へ走りながら、後ろから来たボールをダイレクトで打つという、曲芸みたいな田原のゴールで逆転される。2点目といい、何だかすごいの見(せられ)ちゃったなあ。
残り10分。2度追いつかれて逆転され、昨年のチーム状態だとここから焦るばかりでそのまま負け試合のパターンだったと思う。が、ホームで負けるのはもう嫌だ、新しいトライに水を差す訳にはいかない、と、今年は覚悟の程が違うように思える。42分、徳永の蹴り損ね気味のクロスをファーでGK平井がはじき、こぼれたボールに頭から飛び込んでいたのは今野。やっぱり最後は今野。絶対逆転するんだ、と走って帰るのも今野。思わず拝んじゃう。南無。
大竹が交代で下がった後なので、CKでスタンドを煽る羽生さん(こういうの、懐かしいなあ…)。結局同点に終わったが、スタンドは熱かった。

開幕戦に続いて、「負けなくて良かった」でも、「勝てたよなあ」でもある試合だったが、何が問題か見えてる気はするので悶々とする感じではない。それでも、梶山不在の場合というのをもう少し考えておかないといかんのだろうと思う。

終了後、フットサルチームのミーティング。お互い、夜の余暇くらい、好きに使えるようになりたいですね…>各位。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック