2005年11月05日

ナビスコ杯決勝 JEF千葉vsG大阪 国立競技場

適当に端っこに座ろうと30分前位に着いたら、千駄ヶ谷門を入ったところでI井君達に遭遇。結局席が見つからなくて、ホーム自由のバック寄り最上段通路で見てきました。

千葉が自陣でボールを持ってから時間をかけて上がっていくのにヤキモキしてしまうのだが、それでもちゃんと攻める形を作れるのはすごいやね。決勝戦ということもあって、お互いDFが体を張って失点を防ぐ。シジクレイとストヤノフはいい選手だ。次第に、中盤ではそれぞれあまりプレスに行かず、両ゴール前で順番に攻撃し合うような形になっていった。ファウルで試合が止まることも少ないので、結果的に長い距離のカウンターを掛け合うような展開になり、運動量がさらに増えたのだと思う。後半ロスタイムの巻のゴールはファウルで取り消され、90分終わってスコアレス。延長に入ると、特にG大阪の選手はそこここで足を攣り始める。千葉も疲れは見えるが、さすが運動量では負けない。また、最後の交代で入った水野も元気。攻撃の内容自体はG大阪の方が良かったと思うが、ストヤノフと立石、阿部、勇人らが最後のところで頑張って失点を防ぐ。今年の決勝もPK戦へ。
PK戦に入る前の映像を見ていると千葉の選手の方が表情が明るくて、この時点で千葉が勝ちそうだなーと思った。G大阪の一人目、遠藤が失敗し、PK5-4で千葉が初優勝。PK戦って、普段決める選手ほど外す印象がある。それにしても千葉の若手は強心臓である。オシム監督に胴上げを断られてしまったのは残念でした(笑)。

色々、昨年の決勝を思い出したりしながら見ていましたが、自分の応援しているチームの試合でなくても、決勝の雰囲気というのはいいもんですね。真剣勝負のお祭り。今度は“自分の試合”として、また行こうな。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9181076
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック