2008年04月02日

J1第4節 横浜FMvsFC東京 三ツ沢球技場

前半30分頃に到着。
右サイドに森村、2トップは平山と信男さん。CBはモニと佐原。結果的に、連携が悪く日替わりスタメンも程々に、という試合になってしまった。
今年はここまで、負けた清水戦でも、何かしら良かったことと、今後の(きっと解決できるだろう)課題を見つけてワクワクできていたのだが、今日はそもそも選手同士の気持ちが通じ合ってない様子。昨年のリプレイのよう。何かを狙った末という訳でもない単純なパスミスや、状況判断の遅さ、味方同士で動きがかぶることも多かった。前半はまだ良かったと思うのだが、後半立ち上がりに先制されてから、次第に焦ってバラバラになってしまった。
今の東京は梶山次第なところが大きいが、今日の梶山は悪い梶山。好不調の波をなくすという課題のクリアは難しい。調子が悪いなら悪いなりに周りをもっと使えるように働きかけられればいいんだが、そうはしないで10番の責任感ばかり大きくて自分でやろうとして失敗する悪循環。調子悪いときの梶山は、判断が遅くなるんだな。“ボランチ(舵取り)”であるのだから、判断だけは鈍らせちゃいけない(座礁して船が沈んじゃうじゃないか!)。
森村先発を楽しみにしていたものの15分程しか見られなくて残念。しかし、緊張か、結果を出さなきゃという焦りなのか、思い切りの悪いプレーが多かった気がする。かつてユースで当たり前のように見せてくれた溢れるアイディアはどうした? もっとできるはず。頑張れ!

すぐまた土曜日には次の試合があるのでね。凹む時間があったら話し合って。気持ちを切り替えて、でも悔しさは忘れないで。味スタで眠らない街を歌わせてね。

【4/3追記】
書き忘れていたが、前半セットプレーで負傷のモニは、やっぱり脱臼だったのね。脱臼は癖になるってほんとなんだね。接触に不安が出るだろうし、CBとしては辛かろう…。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92051921
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック