2008年04月05日

J1第5節 FC東京vs札幌 味の素スタジアム

仮眠のつもりが寝過して、キックオフにわずかに間に合わず。
モニの脱臼は軽かったようだが、今日はブルーノと佐原のCB。怪我で出遅れた2人だが、元々経験はあるし、回復期間にコンビを組んで連携を深められたようで、今のところいちばん安心して見ていられる組み合わせかも。一応、左SBに金沢、ボランチに浅利が今季初スタメンというのは、守備面での保険なのか? 前は左右に羽生・大竹を置いて、カボレの1トップ。
水曜の負け方が悪かったところに、次の相手が昇格してきた札幌だったのは、(札幌には失礼ながら)はっきり言ってラッキーだった。これでまた相手の引き出しが多くて、こちらの守備の穴が見えてしまったら、新しいことを始めてまだ自信と不安を行ったり来たりのチームの気分が不安の側に傾いてしまう。東京の場合、一度やっぱりだめだーと思ってしまったら、なかなか立て直せないからね。困った癖なんだが。札幌は主に放り込み。攻撃も守備も、クライトンが一人で目立っている感じ。ダヴィが出ていたらまた違ったのかな。
浅利を入れたのは守備の連携不足の場合の保険だったと思うのだが、むしろ梶山・今野以上に積極的に攻撃にも絡んでいって、結果、カボレにアシスト。誰が監督でも必ずどこかで使われるというのは、サッカー頭が良いということなんだろうなあ。毎年何かしら上手くなっているし、本当に素晴らしい。
前半は、カボレと羽生が前で動き出しているのをもうちょっと上手く使いたかった。水曜に低調だった梶山は、前半は頑張って調子を戻したかに見えたが、後半は疲れたかまた首をかしげる状態になってしまった。もっとも後半はチーム全体がペースダウンしてしまって、物足りない感じであった。できれば得失点差を少しでも戻しておいて欲しかったんだが。逆にカウンターやセットプレーで危ない場面もあって、最後はヒヤヒヤの逃げ切り勝ち。ほぼ半年振りの味スタでの勝利だ。てゆーか、そんなにおうちで勝ってなかったのね…。

試合後のお立ち台は大竹。時間差フェイントの(笑)ぎこちないシャー。彼の活躍で、U-18の後輩達がきっとワクワクしながら「よし、自分も」と思っていることだろう。明日からのプリンスリーグが楽しみだ。…行けないんだけどさ。

メインスタンドにアマも来ていて、お手本のシャーもありました。5/11に引退試合なのね。青葉台(プリンス7節vs桐蔭学園高校)から飛田給に移動だと、間に合わないだろうなあ…プリンスは諦めるかなあ…。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/92739238
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック