2005年11月12日

J1第30節 鹿島vsFC東京 カシマサッカースタジアム

バスツアーで鹿島へ。N色ねえさんと同じ号車だった。外の公園でうだうだして、1時間程前に入場。天気がどうなるかわからなかったので、暇潰し用にボールを持って行かなかった。惜しいことをした。
晴れたもののやっぱり鹿島は寒い。来る度に寒くて震えている気がする。風が強いからか。

加地が先発復帰。しかし浄と戸田がまた怪我でお休み。一人戻ったと思うと一人怪我をする。治ったと思ったらまた怪我をする。リーグ終盤で仕方がないのかもしれないが、困ったものだ。
良いときの東京のスタイルは、前・中盤でどんどんプレスを掛けに行くというものだけれど、逆に技術のある相手にそれをやられると慌ててしまって上手く繋げなくなる。「下手だから感じるのが『プレッシャー』、上手いから感じられるのが『ノープレッシャー』」って、そういうことなのだと思う。モニの怪我を別にしてもあれだけ防戦一方になったのは、東京の出来が悪かったというのではなく、鹿島の選手(G大阪とかも)の方がやっぱり一人ひとりが上手いし、判断が速いのだ(プレースタイルの好悪はさて置く)。前半のうち、というよりモニが傷む前に同点に追いつけたのは幸運だったな。今ちゃんのゴール、上手く隙間を抜けて決まったものだね。
自分は知っての通り藤山大好きなんですが、それでもこのところボールを奪ってからのフジを見ていると冷や汗が出ることが多いです(苦笑)。今日は梶山と共に、ゴール前で取り返してモタモタしてはまた取り返されてピンチを招く、という場面が目立った。とりあえず、梶山はそんなことではいかんだろうと。
入場の頃は若干曇っていて、その雲の切れ間から光が差し込んでいるのを見て「神様が来そうだよ」「ジーコですか(笑)?」という会話をしていたのだが、今日の試合では土肥ちゃんに何かが降りてきていた。決定的なシュートを止めること数度、一人で何点防いでくれただろう。土肥ちゃんだけでなく、後半モニが負傷で下がってからの30分程、守備陣は本当に集中して頑張ってくれた。
引き分けで上出来、という感じではあったものの、数は少なくともこちらにも決定機はあった訳で、特に最後の浅利のシュートが決まっていれば、まったくどんな騒ぎになったことか。梶山と栗澤は、もっと自分でシュート打とうという意識を持て。審判がややよくわからなかったり内容は確実に鹿島が勝っていたりという割によくやったと満足のような、ひょっとしたらと残念なような、でも概ね満足して帰りのバスに乗った。残り4節。モニと加地の怪我が心配ですね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック