2005年11月13日

FC東京U-18vs新潟U-18 江戸川陸上競技場

H林さんと日本橋のたいめいけんで食事してから別れ、西葛西へ。Jユースサハラカップ予選リーグ第4節、勝てば決勝トーナメント進出が決まる。
後半、相手が疲れてからは好き放題でした。後はユース好きの方だけどうぞ。
前半の布陣はこんな感じか。権田が復帰。永露がトップ下のようなボランチのような位置。
  樋口 金森
常盤  永露  村田
    井澤
森村 伊藤 田中 椋原
    権田

立ち上がりに少し後手に回りかけるも、5分、左サイドで井澤から常盤へロングパス、常盤がクロス、中で村田→走り込んできた森村と繋ぎ、クリアミスを拾って永露が先制。10分、森村から村田へサイドチェンジのロングパス、村田がエンドライン際まで持ち込んでクロス、ファーで繋いで永露のシュートのこぼれを金森が決めて2点目。その後は東京優勢なものの中盤でミスしたり、ゴール前で持ち過ぎたりでなかなかシュートまで行けない。前半20分までに新潟はGK含む3人を交代。交代で入ったFWの14番君が頑張っていた。東京は38分に樋口→大竹。大竹が左に入り、常盤がトップ、村田がトップ下、永露が右と移動。2-0で折り返し。新潟にはほとんどシュートを打たせてない。

後半、永露がトップ、左に常盤、トップ下大竹。新潟はまた一人交代。4分、右サイドで井澤から前のスペースへのパスに村田が走って、ゴール横で永露と細かく繋ぎ、村田がファーへクロス、常盤がヘッドでゴール。12分、新潟が一人交代。15分疲れの見える井澤→稲葉、椋原→小川。稲葉が右、村田がボランチ。直後の16分、小川→稲葉が持ち込みゴール前へマイナスのクロス、金森が合わせて4点目。23分、常盤→永露→金森がシュート、GKが弾くが常盤が詰めて5点目。28分、金森→蓮見。蓮見が左SBに入り森村が前へ、常盤がトップ。32分、常盤→頼金。新潟は、もう、ちょっとバテバテ。40分、DFのクリアミスを拾って永露が切り込み、クロスに大竹が合わせて6点目。ロスタイムは取らないかもなーと思ったけれど3分あって、村田のゴール前へのパスに頼金が走り込むがGKが弾き、これを正面で拾って永露がゴール、ダメ押しまくりの7点目。後半、新潟のシュートは1・2本でした。予選リーグ2節残して、無事に決勝T進出が決定。
権田はほとんど出番なし。あいかわらず伊藤の声がよく出ていた。今日は常盤がムラ気にならず良かった。彼のゴール前での身のこなしはすごいね(笑)。井澤が何度もロングパスを出していて良かったです。
posted by kul at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9294137
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック