2008年04月12日

J1第6節 東京VvsFC東京 味の素スタジアム

久し振りのダービー。個人的には、土肥ちゃんはもう別のチームの人なんだと思い切るための試合だった。試合前のビジョンでは過去のダービーでの東京Vのゴール集が流れて、ということはつまり、すべて土肥ちゃんがゴールを破られるシーンな訳で、それだけの期間を信頼していた背番号1の見慣れた背中が、今は相手ゴールを守る不思議。新しい背番号1のために、チームが進んで行く先を信じるために、いつも以上に負けられないダービーだった。

前半はガチガチあたってブチブチ途切れる展開。フッキがボールを持つとさすがに速くて脅威だが、一回りも二回りも身体の小さい長友が追いすがり、最後はこちらも小さい藤山と2人で自由にさせない。前半からフッキも、逆サイドのレアンドロも相当イライラしていたので、このまま怒らせてカードを出させてしまえと思っていた(ら、試合終了前には本当に佐原がフッキに2枚イエローを出させてしまった。さすがに元チームメイト、怒らせるポイントをわかっている(?))。粘って粘ってフッキを抑え込んでいたが、前半終了近くにフジがPA横で倒してしまってFK。ディエゴが横に出したボールをフッキに豪快に蹴り込まれて先制される。1-0で折り返し。それにしても、敵チームにいると福西はやっぱりさわやかに武闘派で小面憎い選手だ(苦笑)。
ハーフタイムに上手く切り替えられたか。試合後のコメントを見ると、前半は我慢、後半にヴェルディの運動量が落ちるのを見越して反攻に転じる、というプランだったらしい。ヴェルディの攻めたがる前線と、運動量の落ちた中盤とでスペースができて、徐々に東京ペースに、というところで大竹投入=シフトチェンジ。洋平の使い方は、体力とか試合展開の保険とかをトータルで考えて、今はこれがいちばん効果的なんだろう。中盤で十数本もパスをつないで振り回して、最後は羽生の美しいミドルがゴール上に決まる。こうなったらもう、流れは完全にこちらのもの。引き分けじゃ足りない、勝たなきゃダメだ、このまま行ける、行ってしまえ、とスタンドの熱気も尋常ではない。応援でチームを勝たせられると信じるほど不遜ではなくて、名前を呼んで歌うのは片思いの相手へのラブコールみたいなものだ。でも、本当に時々は、思いが通じた、後押しできたと感じる試合がある。攻め続けてロスタイム、梶山のクロスを今野が折り返し、ゴール前へ駆け上がってきた長友がDFと土肥の間に飛び込む。結果はDFのオウンゴールだったが、長友に0.8ゴールくらいはあげていいよね。今日は本当によく走った。

ゴールした、というか絡んだのが羽生と長友という新しい選手達だったというのが、象徴的だな、と思ってみたり。今後も、土肥ちゃんの失点シーンを見るたびに悲しい気分にはなるだろう。でもダービーでは別だし、今の東京の背番号1は塩田だ。これでようやく、それを普通のことと思えるようになった気がする。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93566847
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック