2005年11月20日

J1第31節 FC東京vsJEF千葉 味の素スタジアム

クラシコ見ながら徹夜仕事。午前中にDVDレコーダーの配送を頼んでいるので仮眠を取る訳にもいかず待っていたが、ぎりぎり昼前に届いた。接続は帰ってからにして、急いで味スタへ。あっちの青赤が白に勝ったんだから、こっちの青赤だって白(アウェイ色)に勝つぞー、おーっ!と寝不足のため一人で妙なテンション。

こっちの青赤も集中した良い試合でしたね。アンゴラ戦を辞退して治療に努めた加地・モニがスタメン。モニはさすがに普段程には走れないようだったが、代わりに中盤で今野・梶山が相手の攻撃の芽を摘んでくれた。今ちゃんは常日頃から高値安定だが、今日は最高値更新というか、久々に鬼のようなボール奪取と奪ってからの自分での持ち上がりに感動しました。すげーや。5月に3タテ喰らった相手だし、個人的にも阿部勇樹あたりに対抗心メラメラだったのだろう。梶山も楽しようとせずに守備をするようになってくれたし、自分でシュートを打ちに行くようになった。調子の悪かった時期と何がいちばん違うかと言ったら、ボランチの2人が怖がらずに前へ出て行けるようになったことだろう。精神論を言う訳ではないが、サッカーって本当にメンタルなスポーツだと思う(サッカーに限らずかな)。怖がれば怖がるだけつけ込まれる。強さには、技術・戦術だけでなく自信が必要なのだなあと。
前半は土肥ちゃんのビッグセーブもあってスコアレス。お互いにシュートが下手だなーという感じ。しかし切り替えが速くて気が抜けない。楽しい。
後半。51分、千葉陣内での相手のスローインを今野がかっさらい、ルーカスと1-2。斉藤を押しのけて今野が抜け出し、中へクロスを入れる。これに中央へ走り込んだ梶山が合わせて先制。今ちゃん強い!
先制で気持ちに余裕ができたか前半よりはゆっくりした展開になるが、64分、千葉に一瞬、ゴール前で上手くボールを振られ、フリーになったハースに決められてしまった。やっぱり千葉相手にそう簡単に試合は決められない。しかし今は追いつかれても慌てずにいられる。残り15分程で両チーム2枚ずつ選手交代。憂太→栗澤、規郎→ササ。規郎はゴリゴリ強引ドリブルで何度もチャンスを作りシュートを打っていたが、枠に行かなかったねえ(苦笑)。加地が攻め上がりからピンポイントでクロスを入れた場面は、決めて欲しかった。頑張れ。
押し気味に試合を進める84分、シュートのこぼれ球を栗澤が拾い左の阿部へ。阿部がDFをかわしてシュート! 多分櫛野は味方の影で見えなかったんじゃないか。見事に勝ち越しゴールが決まる。残り10分弱、焦る相手を落ち着いてさばいて試合終了。連敗の借りを返した。千葉はストヤノフが出場停止だったが、彼がいたら最終ラインからドリブルで一気に攻め上がったりとまた展開が変わって、東京にとっては苦しかっただろうね。これで東京は残留が確定。やれやれ、今年は本当に色々あったものだ、まだ終わってないけど。

ところでDVDレコーダー。なかば勢いでRD-X5を買ったけど、よく考えたらiLink搭載してるのはZ1で、X5には無いんじゃないか。というわけで、CATVチューナーと連動できません。手動の録画予約が面倒臭いから、早くネットに繋ごう…。

もうひとつ、ところでクラシコ。バルサすごーロナウジーニョすごーメッシかわいーというのは置いといて、セルヒオ・ラモスのことなんですが、昨季セビージャを数試合見たときにはいいなあと思ったんですよ。白いチームに移籍して以来、ただのファウルの多い兄ちゃんになってしまった気がしてならない。バティスタも合ってないと思うのよ。2人とも移籍しない方が良かったんじゃないかなーと。
posted by kul at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック