2008年05月06日

J1 第11節 FC東京vs名古屋 味の素スタジアム

今年も自転車dayに自転車では出掛けられず。
名古屋の方が少しずつ速くて強くてやりたいことが通じ合っていた。少しづつが積もり積もって、名古屋の方が普通に強かった。前半は特に、体格差も大きかったか。いつの間にあんなにがっしり長身系のチームになっていたんだろう。体格差のあるところをかわしていくには、個人とチーム全体のスピードとアイディアが足りなかった。梶山が累積でお休みだったが、梶山がいないと皆その場その場のプレーしか見えてない考えてない感じなんだよね。好不調の波が未だ収まりきらずとは言うものの、やはり彼の存在感は大きい。でもこの先五輪で不在になるのはわかってることなので、梶山がいなくても何とかできるようにしておかないと困る。
羽生がスタメンで復帰したけれど、まだうまく試合に入れない感じ。で、今度は長友が相手と絡んだ拍子に肘を傷めて、治療で出ている間にきれいにマークを外してつながれて先制されてしまった。あのゴールは相手ながら美しかった。
それでも後半、攻撃の選手をどんどん投入して、チャンスがないわけではなかった。カボレが倒されPK獲得。ここで、カボレが治療から戻るまで落ち着いて待った方が良かったんでないのかなあ、というのは事後にはいくらでも言えることだが、入れ込んでいる祐介が名乗りを上げて出てきたところで「これは絶対ふかすに違いない」と思ったのも事実。バーに当たっただけ、予想よりもゴールに近かったかね(苦笑)。楢崎と相性の良い(?)石川とか、大竹が蹴っても良かったかもしれない。PK得意とは言え洋平はさすがにまだ任せてもらえないか。終了直前の祐介の決定機も、楢崎に止められてしまった。試合後に、でかいのが申し訳なさそうにしょんぼりしているのが、なさけなくもかわいらしいというか。ヘコむな祐介、すぐ次がくるんだ。
名古屋は終盤に守備固めの選手を次々入れていき、案外手堅いなあピクシー、という印象。3連敗中だったから、ここで勝たねばの意識も強かったんだろう。東京もそうだけど、監督が変わるとチームって変わるものだ。

3日4日にはアリーナに降りていたM2さんが芝を心配して観戦にきていたが、残念ながら今季味スタ初黒星。晴天で久し振りに3万超えしていたので、勝ちたかったねえ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96869183
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック