2008年05月17日

J1 第13節 磐田vsFC東京 ヤマハスタジアム

LIVREバスツアーに参加、のはずだったのだが、出発時間を過ぎて「今どこ?」メールをもらって目が覚めました…ごめんなさい。帰路だけ乗せてもらうことにして、ロマンスカー(乗りたかったから)で小田原まで、小田原からこだまに乗り換え、掛川からは在来線。交通費が予定の約3倍になってしまいました。馬鹿だなあ。

磐田は晴天で暑い暑い。配っていたアイスクリームをありがたくいただく。
前半は、磐田にCKから先制される。一見東京も攻めているように見えるが、フィニッシュまで上手く繋がらず、これはまずいんじゃないかという印象。
しかし後半開始早々に、徳永のCKを佐原がヘッドで叩きつけ、手前でショートバウンドしたボールをGK川口がキャッチミス。逃さず詰めたのは赤嶺、さすがです。佐原がG裏に向かってものすごい勢いでガッツポーズをしていて、0.5点くらいはあげたくなる。
同点に追いついて勢いがついたこともあって、後半は梶山が目が覚めるようなパスを通し始める。カボレへのスルーパスは素晴らしかった。カボレと川口との1対1は、川口が上手、残念でした。前半はカボレがサイドに流れてしまっていたが、後半は赤嶺がSBの裏を使って動くようになって、この方が良い。いざそのときにカボレがゴールに向かえないのはもったいない。
羽生さんはまだ流れに乗り切れてない感じで、復帰初戦のエメルソンと交代。エメルソンはいきなりキレキレだった。フリーラン、ドリブル、ため、切り返し。リズムが独特で、相手はやりにくいだろうと思う。交代直後にエメが右サイドで一瞬ためてスルーパス。DFを完全に抜いてカボレがシュート、なのかクロスなのか、速いボールが川口の脇を抜けて、ファーに飛び込んだ赤嶺が逆転のゴール。またボールと一緒にゴールに転がり込んで、ゴールネットを掴んで吠える。赤嶺にはゴールネットがよく似合う(笑)。
東京ペースとは言え、パスミスから磐田に波状攻撃を喰らったりするが、DF陣が身体を張ってブロック。前田のどフリーのヘッドも枠をそれて助かる。
残り10分弱。藤山がどんどん上がってきて、そのまま前めにいるので吃驚する。後ろを見ると今野がDFラインに入っていて、その場で何か話があったのかと思ったが、後でコメントを読むと城福さんのプラン通りのパワープレー対策だったそうだ。それもまた吃驚。後半の、東京G裏に向かって攻めてくるときに、フジが前にいるのは大歓迎です(前半=G裏近くにいるときに、フジがG裏の方を向いているのは、相手に抜かれかけてるときなので…)!
追加点は取れなかったが守りきって試合終了。ヤマハでも勝てるようになったねえ。赤嶺のシャーは格好良いねえ。

ウキウキでバスに乗って帰る。東京に着いたら雨。そのままLIVREで速報番組を見つつ祝杯を挙げて帰宅。帰る頃には雨は上がっていた。埼玉はえらい騒ぎになっていたようで。赤い方の選手が負け試合で相手チームや審判の言動に過剰に反応するのは、サポからのプレッシャーでナーバスになってるんだと思うなあ。余所様の事情はよう知らんけど。

全然関係ないですが、今節から篠原ともえがJEF千葉ホームのピッチレポーターって本当? 篠原見にフクアリに行きたい…。篠原ファンです。HNのkulの由来は「クルクル ミラクル」です(あと、操上和美ファンなのと、ゲーセンで名前を入力するため)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック