2008年05月20日

歌舞伎座 團菊祭 昼・夜

納品終わった、会社休んで歌舞伎座へゴー! と言っても、元々発売日に平日のチケットを取っている訳ですが。團菊祭です、何を置いても行かざぁなるめぇ。

今月は何と言っても夜の部、「青砥稿花紅彩画(白浪五人男)」の通し上演が目当て。五人男の配役は、当代のベストではないか。日本駄右衛門に團十郎、弁天小僧菊之助に菊五郎、南郷力丸に左團次、忠信利平に三津五郎、赤星十三に時蔵。青砥藤綱も富十郎。駄右衛門がちょっといい人過ぎたか?という気もしないではないが、配役だけで嬉しくなります。稲瀬川谷間のだんまり、稲瀬川の勢揃、どちらも舞台が狭く感じられる。
黙阿弥の狂言は、五代目菊五郎に書いた系統の作品が好きですが、中でも白浪五人男は今で言うならキャラ萌え・シチュエーション萌えの構造をよく活かして作ってある話だと思います。でも歌舞伎の狂言って、基本的にキャラ萌え・シチュ萌え、場合によってはそれだけだと思う。ついでに言うと、白浪五人男は戦隊物のルーツ。
馬鹿話はさておき、菊五郎の愛嬌がこぼれるような弁天小僧が、もう本当に可愛かった。南郷兄ちゃんも可愛がり甲斐があるだろう。仲良さそうで良い。親父様は風邪気味だったようだが、楽まで頑張ってください。菊之助がこの域までいくには、どれだけの時間がかかるだろう(息子世代でやるなら、南郷には海老蔵ではなく松緑を希望)。浜松屋で胸元から縮緬を取り出すのが実にさりげなく、しまうときにはわざとらしく、騙りの技に思わず拍手したくなる(笑)。
極楽寺屋根上の立ち回りで次はどう来るとワクワクさせるのが、さすが菊五郎劇団。縄を上手くかけ回して抜けて出るのとか、上手いなあ。がんどう返し(これを考えた昔の人はすごい!)でギリギリまで菊五郎が踏みとどまっていて、怪我しないかハラハラした。追い詰められてクタクタになって、一人で先に死んでいく弁天小僧が潔くも哀れ。香合を落とされるところは、もうちょっとショックを受けてもいいと思うが、歌舞伎でその芝居はないか。
通しで見ると、こういう話でここに繋がるのだったのか、と改めて気がつくことも多い。胡蝶の香合の重要度が増すので、弁天小僧の最期が引き立つと思う。続く駄右衛門と青砥のやり取りで香合が拾い上げられており、弁天小僧の心残りが晴れたとわかって安心して幕(すみません、弁天小僧を軸に見てるもので…)。

夜の部の最後は松緑の「三升猿曲舞」。長い話の後に楽しくキリッとまとまった踊りで、良いエンディング。


昼の部は、三津五郎の「喜撰」が良かった。こういう軽妙な踊りが本当に上手い。お梶は時蔵、やわらかく、ちょっといたずら者な感じ。
昼の最初は「義経千本桜」の渡海屋〜大物浦。海老蔵の知盛は…一人で熱演してる気が…。
最後は「幡随長兵衛」。團十郎の長兵衛、菊五郎の水野。この二人の取り合わせで、團十郎の方が町奴というのは、個人的には違和感がある。でも、黙阿弥はこれを九代目團十郎にあてて書いた訳で、演じるならやっぱり團十郎が長兵衛ってことになるんだろう。


久しぶりに昼夜通しは疲れた。歳だな。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック