2005年11月23日

J1第32節 新潟vsFC東京 ビッグスワン

バスツアーで新潟へ。出発が遅れるなーと思ったら、どうも中央線の人身事故で遅れて来る参加者を待っていたらしい。行きは割と順調に流れて、12時過ぎにビッグスワンへ到着。時々陽が差したり、雨が落ちてきたりと不安定な天気で、スタジアム入りして試合1時間前頃には一時かなり強い雨が降った。選手は寒かろうなあと思ったが、アップが始まる頃には上がって一安心。試合前、新潟のスタンドにオレンジと青のカードが出され、G裏には白で「I BELIEVE」の文字。素直に綺麗だった。

前節試合後に左膝をアイシングしていた憂太と加地がお休み。でも浄と、ベンチには戸田が戻ってきた。という訳で右SBにフジ、トップ下に栗澤。
新潟は前に攻撃のブラジルトリオを残して、人数をかけてがっちり守備→速いカウンターという戦い方。東京は、繋ぐにもサイドを走らせるにもスペースが無いしなかなか自由にさせてもらえない。今ちゃんと規郎はかなりマークにあってた感じ。栗澤はよく動いているのだけれど、せっかく前からプレスに行っても何となく怖さがなくてもったいない。憂太との違いは緩急の付け方かなあ(って、以前は憂太に対して緩急が足りないと言っていたのだっけ。成長したものだ)。
寸断されてなかなかよい形を作れず、うっかり奪われるとすぐに前線へボールが渡ってカウンター。いや、あんなにカウンターが速いと思ってませんでした。失礼。失点しなかったのは土肥ちゃん始めDF陣の粘りもあるが、相手に少し運が足りなかっただけだ。
運をこちらへ手繰り寄せるために打つ手は何か。後半の早い時間に規郎→ササを投入して、密集を避けてやや放り込みに切り替える。今日のササは必要と見ると中盤まで下がってボールをもらいに行ったりして、ルーカス・阿部や途中交代の戸田(←栗澤)と良い感じで連携できていた。戸田交代直後の77分、左サイドの阿部から逆にいた梶山へ、梶山がそのままPA内で打つかと思ったら意表をついて中へマイナスのパス。ゴール前でフリーのササがダイレクトシュート! ササのゴールはズバッと決まって気持ち良いね。
その後は相手の疲労もあって中盤でも落ち着いた試合運びができるようになる。追加点のチャンスはあったが決められず、でも0-1で勝利。思うようにプレーさせてもらえなくても粘り勝ちできるようになった。連敗したり勝ち切れなかったりの苦しい時期を越えてきたからかなあ、と改めて今季の山あり谷ありを思い返してみたり。
主審が家本さんだというのでビクビクしてましたが、終わってみればアンデルソン・リマへのイエロー1枚だけ(これもちょっと厳しかったか)という驚きの結果。次節ホーム最終戦には、誰も出場停止で欠くことなく臨むことができます。良かったよかった。

速報を見たら福岡vs徳島は引き分けていたので、これで福岡の昇格が決定。日帰りで博多の森に行っているはずの福岡出身のN島君におめでとうメールを入れると、「来季は東京くらいには勝てる面子を揃えてほしいものです」って返ってきやがりましたよ。むかーっ!おぼえてろーっ!

終わってスタジアムを出るとき、白鳥の群れがスタジアムの上を飛んで行くのが見えた。バスに乗り込んで駐車場を出た直後にドシャ降りに。試合中に降らなくて良かった。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9767127
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック