2008年05月25日

ナビスコ杯予選第4節 FC東京vs東京V 味の素スタジアム

心配した雨も朝方にはあがった。今野・長友・梶山の代表・五輪代表組を欠く中、中盤にはブルーノ、徳永を左へ移してフッキ対策とし、右SBには椋原がデビュー。U-18ではケンタの大の贔屓だったもので、先発を聞いて送ったメールが浮かれていると友人に笑われた。

開始早々、一気に攻めあがったブルーノの豪快なミドルが決まり先制。出会い頭のラッキー? いやいや、カボレにパスを出すと思ったのかもしれないけれど、ヴェルディのチェックが甘かった。ブルーノに抱きつきに行くカボレとエメ。良い光景!
東京はDFラインを高く保ち、相手攻撃陣にボールが入れば前の選手も連携して挟み込み、強力ブラジルトリオに自由を与えない。椋原は、前半はとにかく守備に専念。エメと佐原のフォローもあって、レアンドロをしっかり抑えた。後半は、状況を見ながら徐々に前に出て攻撃にも参加。ユースならこのタイミングでしっかり取り返せたよな、というところで身体を投げ出さないとスローインに逃げられない場面もあり、自分がどれだけレベルを上げていかないといけないかの感触も掴めたと思う。結果も課題も得られて、いいデビュー戦になった。良かったね。
なかなか追加点を奪えないものの、ヴェルディが決定機を外してくれて助かる。東京の集中した守備に、相手攻撃陣がイライラして雑になってるのがわかる。コースを開けずに無理やり打たせてしまえばよいのだ。
徳永も左でまずは守備から。両SBのコマが揃っているというのは、嬉しい限り。残り10分となって、徳永のFKからニアで祐介がDFを釣って、フリーの佐原がヘッドで決めて追加点。さらにイケイケの終了間際には、エメのスルーパスに祐介が抜け出し、土肥との1対1を冷静に流し込みダメ押し。これでPK失敗を払拭して、落ち着いてプレーできるかな。
個人的にMOMはエメルソン。怪我明けなのに、90分間、終了際のカウンターでも全力で走っていた。素晴らしい。近くにエメがいるので、カボレも余裕を持ってプレーできている感じ。今日はカボレと平山との連携も良かった。ゴールこそ決まらなかったが、今日の平山は意味もなく動き回らず、ハイボールにも競り勝って頑張ってた。やるべきことを整理しさえすれば、ちゃんと働けると思うんだ。もうちょっとだよ。

2度目のダービーも完勝! これで次節松本での清水戦が、消化試合にはならなくなった。前の試合の課題にきちんと対応して、誰が出ても一定の成果を出せているので、今年は本当に勝っても負けても次の試合が楽しみで嬉しいことです。
試合後挨拶に来たブルーノは、シャーの代わりに昇竜拳(笑)。羽生さんが教えたそうにうずうずしていた(笑)。椋原もニッコニコで呼び戻されてシャー! ユース育ちだもの、味スタでこれをやりたくて仕方なかったに違いない。お立ち台後の佐原も、カメラマンにやり方を確認して(?)シャー! La江戸川を歌え、とコールされていたけれど、ゆるしてぇーと手を合わせて逃げて行った。ああ、楽しい。


アウェイ側スタンドの埋まり具合を見ると、「東京ダービー」を真剣に考えているのはこちらだけなのかな、と思う。サポの思いは知らず、多分、ヴェルディのチーム側では、降格してそれまでの(生え抜きの)選手の多くがいなくなった時点で「東京ダービー」の比重が軽くなってしまったんだろう。負けちゃいけない試合ではなくて、年間の試合の中のひとつとしか考えてない訳だ。それならそれで構わない。テンションで上回る試合は、東京の好物だものね。こちらにとっては、勝てば勝ち点3以上に調子に乗れる試合。あと2回のダービーも、完勝で行きたいものです。

それにしてもヴェルディ、3+8が11にならずに3と8のままのチームで本当にいいのか? 判定のひとつずつに文句つけまくり、当たり散らしのフッキとレアンドロ(西村主審は、彼らが倒れれば結構簡単にファール取ってくれてたのにね)。「ブラジル人3人を寸断して、先に怒らせてイライラさせてしまえばしめたもの」と、バレまくりだと思うのだけれど。○○頼みと言う前に、こういう信頼感と連携のない“仲の悪いサッカー”を自分のチームでされたら悲しくなると思う。監督とかコーチとかは、融和させようとしてないんだろうか。って、所詮は他人事なんですけど。でも、土肥ちゃんや福西が苦労してたらやだなーと。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98026207
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック