2006年10月07日

F1鈴鹿・土曜日

気の毒にM2さんは客先へ1日出張で、夜明け前に出かけて行った。残る3人はすっかり明るくなってから起き出してサーキットへ。快晴で日差しが強いが、風も強い。E2に上って座っていると、じわじわ冷えてくる。スプーン方向に少し雲があって、その上に虹がかかっていた。絶景かな。
フリー走行からフェラーリが好調。ミシュラン勢は、予想より路面温度が高かったらしく、持ち込んだタイヤが合わずにタイムが伸びない。
ノックアウト方式の予選、左近が出て行ってすぐにスピンしてエンジンストール。気合入れ過ぎたねー。迎えが来るまで、コース脇で膝をかかえて凹んでいた(苦笑)。SAF1の2台は第2ピリオドへ進めず。クルサードも第1ピリオドで消えてしまった。
第2ピリオドまでは各車タンクが軽い。20年目の鈴鹿で、ついに1分30秒を切るか?!と実況の北川氏が煽っていたら、なんとシュー兄が28秒台を叩き出す。僚友マッサも29秒台。いやホントに、FIAがどれだけ技術規制しても、ぜんぜんクルマが遅くならないんだもんね。F1ってスゴイわ。マクラーレンの2台は、第2ピリオドで姿を消す。コーナーで安定してるように見えたんだけど、単に遅かったのか…。

ピリオドの合間に携帯で名古屋戦の速報を見ていたが、ここで見たら平山ゴールで先制している。頑張れ!

第3ピリオド、ルノーはどうにもタイムが出ず3列目が精一杯。シュー兄が余裕でPPかと思ったら、最後の最後でマッサが追い抜いてしまった(笑)。2列目はトヨタの2台。会見で、シューマッハ兄弟に挟まれたマッサが居心地悪そうに見えたのは、気のせいか(笑)。土曜日終了までは、シュー兄が絶対的に有利と思われたんですけどね。

で、また携帯見たら、名古屋に追いつかれてるし。うわーん頑張れー。

インテグラ予選の間にK森さんが立体交差を見に行くと出かけて行ったが、例年の決勝後のような混雑振りで、なかなか先へ進めない模様。まあ、のんびり行って来いと返事して、予選を見ながら携帯もリロードを繰り返す。残り15分程で石川ゴール! 頑張れ!逃げ切れ!とまたリロードしていたが、ロスタイムに入ると思われる頃には、サーバに繋がらなくなってしまった。別の速報を見に行って、逃げ切ったことを確認する。あー、良かったー、瑞穂も行きたかったなあ…。

中秋の名月を見ながら宿へ戻り、駅で出張帰りのM2さんをお出迎え。揃って夕飯を食べに行く。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

061007_0915.jpg予選朝、スプーン方向に虹が出てます。晴れたよー風が強いよー。日差しがなければ昼寝日和です。
posted by kul at 09:21| Comment(1) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

F1鈴鹿・金曜日

今日も雨だが、午後から天候は回復するとのこと。今年も宿の若旦那が送迎してくれて大助かり。同宿のおじさんと相乗りで、サーキットへ。混み出す前に、とショップを回って土産を購入。トロ・ロッソのTシャツ買っちゃったー(うふ)。
金曜日にしては例年より人が多い気がする。それでもスペースは十分なので、雨を避けてE1の屋根下へ。風も強くて、着込んでいても少し震えてくる。売店で缶の熱燗を買ってきてM2さんと飲んだくれていたら、朝に一緒にやって来たおじさんに見られていたらしい。あら、お恥ずかしい。
明日にはドライに変わるとの予報なので、フリー走行1回目・2回目途中までは上位チーム・選手はあまりやる気なし。2回目ラストに雨が上がるまで、フェラーリ・マクラーレン辺りはほとんど出てこなかった。金曜日は各チームのサードドライバーも走っているので、知らないメットがいて混乱する。

インテグラのフリー走行が始まる頃には、すっかり雲も晴れてきた。未だにスプーンカーブまで行ったことがなかったので、1人でコース一周(?)の散歩に出かける。デグナーの奥で一旦外の道路へ下りて、キャンプ場の所で中へ戻り、トンネルを抜けて反対側の200Rの外側へ。スプーンのいちばん奥まで行って西ストレートを眺め、また道を戻って今度はヘアピン方向へ。立体交差のところから130R、シケインに沿って歩き、メインスタンドまで戻ってきた。インテグラを見てきた他の3人とは、ここで合流。あちこちのスタンドを覘きながら歩いてきたが、E1・2以外で指定を取るならC(昔は自由席エリアだったよね?)かB2かな。自由席なら立体交差上か、スプーン奥でまったり。フェンスにキャタツがくくりつけてあったり、常設ベンチがガムテープで場所取りされてたりするのが面白い。持って行かれたり、横取りされたりしないのが、日本の良いところだ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルガー!

061006_tr_0001.jpg午後から晴れたので、コース一周しに行ってきました。B2スタンドに、レッドブルかと思ったらトロ・ロッソのダンマクがあった! 全部縫い取りで作ってあります。すげーっ!
そう言えば、今回は20周年記念でゲベが久しぶりに走るのだった。フラッグ持って来るんだった〜(泣)。
posted by kul at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

F1鈴鹿・木曜日

宿へ送った荷物の中に傘を入れておいたのに、出発の日は東京から雨。昼の高速バスで名古屋へ。名古屋駅で、夕方にのぞみで出発して先に着いてた(笑)H林さんと合流。夕飯を食べて、近鉄で白子へ。宿でM2さんと合流。M2さんは午前中に着いて、サーキットで設営やらショップやら覘いてきたとのこと。日付の変わる頃にK森さんも到着。今年も4人、無事にやってきました。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鈴鹿へ移動中

061005cap.jpg東名高速移動中です。暇なので携帯からアップしてみる。
鈴鹿へ行くときは、今でもベルガーFC JAPANのキャップをかぶってます。さすがにオーストリア国旗は持って行かなくなったが。
『Number』663は鈴鹿特集。あー、94年に2ヒート制のタイム差をわかってなくて、最終ラップにアレジを抜いてったマンセルに「このクソ親父ーっ」と罵声を送ったなーとか思い出しました(笑)。
posted by kul at 16:19| Comment(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月10日

F1 イタリアGP

ミハエル・シューマッハが、フェラーリのお膝元モンツァにて持てる天運の総てを注ぎ込んだ、というレースでした。疑念の残る感じでスターティンググリッドを降格となり、表彰台圏内まで追い上げたのに残り10周でエンジンブローでポイント差を一気に詰められる、と、アロンソには気の毒な星廻りの週末であった。

レース後の会見にて、ミハエルの口から今季限りでの引退が発表された。もう、決めてしまって、すっきりと思い切った顔つき。前々から噂されていたことではあるので、衝撃ということはなく、ただ、ああ、とうとう来たか、と。はっきり言ってしまうと自分はアンチ派だが、彼が当代随一の技量を持つドライバー、個人の影響力でチームすら作り変えてしまえる空前のドライバーであるとは思っている。もったいない。F1デビューから引退まで、これから伝説となるであろうドライバーのレースを見られたことは幸運だろう。
F1のほとんどすべての記録を更新してきたシューミだが、パトレーゼの最多出走記録だけは更新せずに終わることになりますね。

シューミがワールドチャンプとして引退の花道を飾るか、あるいはアロンソが名実ともに次代のチャンプとして新時代を拓くか。残りは3戦。
posted by kul at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

Fポン〜F1〜ブエルタ

昼にマンションの管理組合総会があったので、他には出かけずにFポン富士、F1トルコGP予選再放送〜決勝、ブエルタ・ア・エスパーニャ第2ステージをダラダラTV観戦。合間に『七王国の玉座』4(ジョージ・R・R・マーティン/ハヤカワ文庫)を読む。うおー、続きが気になる。

Fポンは、ウェットからドライへ向かう路面コンディションで、タイヤ選択の運不運と各ドライバーの技量が重なって、ぶっちぎり独走のトレルイエ以降はなかなか面白いレースだった。平中が攻めてはオーバーランで順位を落としていたが、闘志があるのは結構だけど、自車をコントロールできなくて他車を巻き込みかねないようなドライビングはどうなんだ。今年はやっぱりIMPULがひとつ抜けているが、TOMSのロッテラーが頑張って松田と1p差のランキング3位に付けているので、最後まで頑張ってくらいついて行って欲しいものです。

F1トルコGPは、スタートと、SCの際のフェラーリのピット作業順選択がポイントでしたね。アロンソは、スタートで自分が先頭に立てないのであれば、次は何が何でもシューミがマッサの前に出るのを阻止したかった。ここで逃がしてマッサにフタをされては今日のレースが終了してしまう。シューミを逃がさずに済んだけれど、チームメイトと接触してフィジコが割りを食ってしまった。
SCの場面では、車の仕上がりを考えたら、先頭のマッサを後回しにしてまでシューミのピット作業を優先することはないとフェラーリは踏んだ。ところが燃料が重過ぎてシューミのペースが上がらなくなってしまい、アロンソをパスできない。
かくて、ラスト20周ばかりは、フェアで息詰まるガチンコバトルが展開されることに。いや、面白かった! 鈴鹿でもこういうレースが見られるといいなあ。
ハンガリーでのバトンに続き、今度はマッサの初優勝。初優勝の表彰台はいいもんですね。アロンソとシューミがまったく目を合わせなくて、間がもたないので両側からマッサにシャンパンかけてるのは笑えましたが。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

FN 開幕戦(?) 富士スピードウェイ

さて、霧は晴れているものの、雨脚は一向に衰えない。FNもSC先導でフォーメーションラップが始まりローリングスタートとなるが、4周したところで赤旗中断。30分以上の中断の後、周回数を44周に変更(本当は全部で65周)して再びSC先導でスタートするも、中断中にやや弱まっていた雨がまた強く降り始め、フォーメーションラップ後1周で2度目の赤旗中断。
ヘビーウェットだから、44周終えるまでには1時間半近くかかるだろう。この時点で16時20分位だったので、レースを再開した場合、終了は18時頃。照明設備のないサーキットで、ヘッドライトのないフォーミュラカーで、レースを行うのは無理に決まっている。中止なら中止だと、早く発表してくれないかな、と震えながら待っていたら、KONDO RACINGのマッチと2人のドライバーがファンサービスに来てくれた。たとえメインストレートを金網越しに手を振って歩くだけでも、自発的に、傘もささず濡れながらファンサに出てくれただけで嬉しいよ。「人気取りのパフォーマンス」と言われるかもしれない。でも、レースが興行であり次の興行に客を呼びたいのであれば、ファンを大切にしていますという姿勢を示すことは重要に違いない。その辺を、20年以上の芸能生活を送ってきた人はよくわかっている。後からやって来てくれたル・マンと5ZIGENのドライバーもありがとね。左近・トラ・道上と来てくれたので、個人的にも嬉しかったです(笑)。

結局20分程で中止が発表されたので、パドック解放には行かずに最終のあさぎりで帰ってきた。
富士のレースが悪天候で中断・中止になるのは、もう慣れっこで折り込み済みだし、無理に開催してまた取り返しのつかない事故を目にするのは絶対に御免なので、それはもう、仕方がないことだ。チケットの払い戻しは無しで、8月のFN富士に振り替え利用可、というのもね。でも、SC先導で4周した第1パートだけでレース成立、ハーフポイント授与(規定周回数の75%以上を走っていないので、フルポイントにはならない)ってのは納得しかねる。蛇行走行のパレードだけで「決勝レース」と言われても…。予選頑張った選手・チームにご褒美ですかそうですか。
運営についても、サポートレースには悪いが、進行が遅れ始めた時点でメインレースのタイムスケジュールを繰り上げるくらいのことは出来ないものかな。
エンジンメーカーが2社となり、ロゴマークも変わった新生FNの開幕戦。とんだケチがついてしまいました。ねえ、本当に富士でF1やるんですか? FNの客は「富士だから仕方が無い」と我慢してくれるけれど、F1の客はもっと気が短いと思うよ。2007年の日本GPは、多分行かないだろうなーと思った。

FN第1戦富士決勝(nifty)
posted by kul at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

F3 第2戦 富士スピードウェイ

「日曜:雨」の予報の時点で半ば覚悟はしていたから、やっぱりね、ではあるんですがね…。

H林さんとあさぎりで御殿場へ。松田の辺りから雨が降り出した。富士の方を見ると、ああ、空はさらに暗いですね。シャトルバスも普段より空いている。ゲートでバスを停めてスタッフが乗り込み、チケットをもぎって行く。前回も、御殿場駅でチケット販売・確認してから乗せればいいのではと思ったのだが、変わってないのね。チケット確認後にメインスタンド裏までバスで輸送してくれるのは助かる。雨を避けてメインスタンド2階後列へ。風が強くて激寒い。
午前中のFT、GC-21の決勝は、雨でコースアウトするクルマもいるが、ほぼ滞りなく進む。GC-21のフォルムは、いかにも「レーシングカー」という感じで好きなんですよね。もっと参加台数が増えると嬉しいのだが。阿部翼がコースオフしては追いつき追い越しを繰り返して、一人で盛り上げていた。
ピットウォークが終わり、F3マシンがグリッドに付こうとする頃になって風向きが変わり、1コーナー側から最終コーナーへ向かって吹き始めた。こうなると、富士では霧が発生する。あっという間にコース全域が真っ白になり、スタートディレイ。霧が晴れるのを待ち、周回数を16周に変更(本当は21周)して、1時間弱遅れてSC先導によるローリングスタート。3周後にSCが引っ込んで、後はPP大嶋が一人旅。その後ろでは、5周目に塚越を抜いたストレイトが、7週目1コーナーで2位スーティルと接触。ストレイトはリタイア。スーティルはリアウィングを落としたが、ピットには入らずそのまま走行を続ける。雨でそこまでスピードを出せないことが幸いしましたね。さすがにコーナーは辛そうだが、邪魔がないのでストレートは速い(笑)。コーナーでもスーティルが上手くラインをブロックして、塚越がなかなかオーバーテイクできない間に4位安岡が迫る。しかし安岡は9週目1コーナーでスピン、順位を落とす。ルーキー塚越、昨日は2位入賞したようだが、今日はイマイチでした。リード、カルボーン、アスマーに抜かれて6位に後退するも、最後にアスマーを抜き返して5位フィニッシュ。スーティルはリードとカルボーンに抜かれて4位。でも「壊れた→ピットイン」じゃポイント取れないから、無理矢理でも走るという姿勢は立派。それにしてもガイジン勢はやっぱり雨に強いね。

F3 第2戦富士決勝(nifty)
posted by kul at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

2007年日本GP

鈴鹿との契約の切れる2007年、F1日本GPは富士での開催が決まったとのこと。サーキット自体はともかく、サーキット外のインフラが心配。宿は?交通は?駐車場は? 関東から車で行くのは、期間中アウトレットやゴルフ場に休業をお願いしない限り渋滞で大変そう。(無理だろうが)あさぎりを大増発してもらうにしても、御殿場から先は山の中。駅からサーキットまでは結構距離があるし、抜け道も少ない。何だか考えるだけで気が重くなる。
そう考えると、鈴鹿は便利だね。近隣の方々がF1開催に慣れているというのもあるけれど、平地にあって歩けば3駅利用可というのは大きい。周囲にコンビニや飲食店もそれなりにあるし。富士だと、いちばん近いのは駿河小山?直線で5Kmくらいか? 歩くのはちょっとなーという距離だが、歩いた方が早いだろうな。電車に乗れるかどうかはともかく。
サーキットについての心配は、排水性と気象か。濃霧で午前中のタイムスケジュールを大幅変更とか、普通にありそう。雨に備えてメインストレートの水しぶきを改善しないと危ないだろうし、マーシャルの教育も必要。あと1年半ですよ。ほんとにできるのトヨタさん。大丈夫かね?

ホンダが希望しているように、春に鈴鹿でもやるのかなあ。その場合外れるのはどこ? スパでもやって欲しいし、年間20戦にならないと無理? 20戦なんてとんでもない数よ?
鈴鹿の宿のおばちゃん達も困ってるだろうな。なんのかんのと書いていますが、要するに、歴史と思い入れのある分、鈴鹿が好きなのよ。富士も改修前のコースの方が好きだったのよ。ぶん回していく最終コーナーとか、間近で見られるヘアピンとか。まあ、ヘアピンの改修は安全性確保で仕方がないんだろうけれど。

多分コカコーラに仮設スタンドを組むだろうから、見に行くなら席はそこか。1コーナーの内側に入れるなら、そっちでもいい。

でもやっぱりF1は鈴鹿で見たいです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

F1開幕 バーレーンGP決勝

ルノー、フェラーリ、マクラーレン、ホンダ。実力伯仲の面白いシーズンになりそう。ピットインしてタイヤ交換があるのを見て、こーでなくっちゃ!と思いました。昨年の給油だけのピット作業風景は異様だったよ。エンジン音は…まあ、思ってたほどなさけない音ではなかったか…。
タイヤ交換復活と同時に、出来れば2レース/エンジンのルールも無くして欲しかったんですけどね。2回目のピットアウトでアロンソがシューミの鼻先を抑えてトップに立ったが、エンジンをもう1レース使わないといけないというので、シューミはそれ以上プッシュをせず。それって何だかなーと思うのです。クルマもドライバーも、最高の技術を見たくてサーキットに行くんだもの。F1がビンボ臭いのは何だかなーと。
キミはまた最後尾グリッドから3位表彰台。予選のクラッシュがもったいなかった。今年のマクラーレンは、シーズン序盤から攻めて行けそうなのかな。

オフの間、あまり雑誌等見ていなかったので、誰がどこに乗っているのかイマイチピンときません。バリチェロが赤くなくて違和感…関係ないけど彼は今回で216戦目だから、パトレーゼの出走記録まで後40戦か。2008年まで頑張れー(笑)。あ、シューミのPP回数がセナの記録に並びましたね。フェラーリが今年好調のようだから、来年も現役続行してくれそうかな、と気の早いことを言ってみる。そうすると、シューミの方が先にパトレーゼの記録に並びますね。

新人はM2さん一押しのニコが良かったねー。オーバーテイク時にズバッと迷いなく差して行くのが気持ち良いね。クルサードとのバトルは見ごたえありました。
スーパーアグリは、今回はほとんどテストだったか。最下位は元より承知。シーズン終盤に多少戦えるようになれば、という感じですかね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

FN開幕に向けて

そろそろチケットと足の手配をせにゃなりません。またH林さんにお任せです。毎度すみません、鈴鹿は引き受けるので。自分も含め、周りのレース好きの友人のほとんどは、なーんにも免許を持っておりません。お互い、他の人からは「クルマのレースが好きなのに、どうして免許ないの?」とよく聞かれます。だって普段はママチャリだもーん。もしも車の免許を取ったなら、昔のスープラかパブリカが欲しいです。それはさておき。

仕事でドタバタしている間に、2006年のエントリーリストが発表になっておりました。道上が戻って来たー!万歳! 5ZIGENより出走。今年こそ表彰台のいちばん上が見たいです。ルマンが虎と片岡。PIAA NAKAJIMAは小暮・武藤のイケイケコンビかと思ってたら、小暮は亜久里さんとこで、ロイク・デュバルが参戦なのか。デュバルはマカオF3でいい感じだったので、日本で見られて嬉しい。可愛いし(笑)。
MINEの代わりにはオートポリスが名乗りを上げているとのこと。おお、何だか久しぶりだ。
今年からFNのロゴもリニューアルされましたね。11年目か。オープニングイベントで虎とナカ様にもらったサイン、まだちゃんと持っておりますよ。個人的にお宝。
posted by kul at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月18日

2006 FN

今年のトラは、ルマンから参戦なんですね。最初にAUTOSPORTSで「チーム・ルマンがFニッポンの「龍虎」キャラクターを募集中」とあるのを見て、一瞬、道上&虎?と思ったのはナイショ…。先週ホンダのエンジンテストに参加したようなので、道上も戻ってきてほしいなあ(初優勝が見たいの/泣)。
FN、開幕の富士は行く予定です。MINEの2月末閉鎖が突然発表になって、第5戦はまだ調整中のようだが、それにしても富士・鈴鹿・もてぎ・菅生しかカレンダーに載ってないのは寂しいね。

F1の方では、モズレーさんがまた面白いことを言うておられます。F1とGP2で昇格・降格制にしようとか。2011年以降は排気量・気筒は無制限にして、燃料の総量を規制しよう、というのは賛成。タイヤや給油ルールとの兼ね合いも考えにゃならんが。
posted by kul at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

シート決定

スーパー・アグリF1のシートが佐藤琢磨・井出有治で正式発表。決まったからには、井出、頑張れ。テストが減った近年のF1は、乗ってすぐにタイムを出せるドライバーでないと厳しくなっているが、どこまでやれるか? でも欧州のチームで出走するより、取り巻く環境には格段にゆとりがあるはず。ホントに頑張れ。

ホンダ、トヨタ、アグリは別として、今年応援しない訳にはいかなくなったのがトロ・ロッソです。ベルガーが共同オーナーに加わったとあるからは! レッドブルにもアドバイザーとして加わるとのこと。ええ、ええ、デコが広くなろうとお腹が出ようと、あたしゃゲベのファンですよ。今年の鈴鹿には、久しぶりにオーストリア国旗を持って行く予定。
posted by kul at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

参戦決定!

SUPER AGURI F1のエントリーが正式承認されたとのこと。全チームの承認を得て再申請し、クリスマス頃には決まるか?なんて思っていたら意外に長引いてしまいましたが、やれやれこれで一安心です。
ドライバーの1人は琢磨で決定として、残るシートは本当に井出なのか? 別に不満がある訳ではなく、井出はいいドライバーだと思うのだが、つくづく本山は生まれた時期が不運だったなあと…。井出(30)で決まりなら、F1デビューの最年長記録を更新ですね(今のところ2003年トヨタでデビューしたダ・マッタの29歳のはず。でも彼はF1に来る前年に、CARTでタイトル獲ってるからなあ)。琢磨(28)ももう現代のF1ドライバーとして若くはないぞ。アタック魂は買うけれど、今年はミスを減らさないと。

日本人選手だから、日本チームだからという理由だけで応援するなんて、という考えの人もいるだろうが、モータースポーツにまだまだ理解のない日本から挑戦していこうとする人達を応援せずにはいられんのよ。
posted by kul at 13:17| Comment(0) | TrackBack(1) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

ダカールラリー 第10ステージ

今回で引退を表明している篠塚さんも、電気系トラブルでリタイア。2003年に日産に移ってからは、結局一度もゴールできなかったね…今年は気持ちよく完走させてあげたかったなあ。お疲れ様でした。

篠塚さんの三菱時代に、出張扱いでダカールラリーに参戦しているというのを聞いて可笑しかったのだが、今の増岡さんもそうなんですかね?
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

ダカールラリー 第4ステージ

DAKAR 2006 : official website
FMotorsports.nifty WRC
スポーツ報知 2006ダカール

増岡さん、4日のトーチュウを見たら2位に浮上して絶好調らしいコメントも載っていたのだけれど、モロッコの初日に転倒。ゴールしたものの故障でリタイヤとなった模様。好事魔多しだ。モーリタニアまで行けなかったねえ…。
第3ステージでコースを外れて順位を落としたサインツだが、第4ステージ優勝で首位に再浮上。予定通りに走りさえすればやっぱり馬鹿ッ速。すごいねえ。自分にとっては、「マタドール」というとササよりサインツのイメージの方が強いんですわ、まだ。
posted by kul at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

マカオF3 第2レース

F3:2005年マカオGP第2レ−ス結果(fmotor.nifty.com)

オリベイラ4位、一貴5位で、表彰台には後一歩届きませんでした。残念。
一貴は来年どうするのかね? 
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

マカオF3 第1レース

F3:2005年マカオGP第1レ−ス結果(fmotor.nifty.com)

一貴7位(←予選総合8番手)、横溝14位(←11番手)、池田20位(←23番手)、平手22位(←16番手)。あれ、18番手スタートの番場は?DNS? モンティンが5位、オリベイラが6位につけています。んー、ちょっとギャップが大きいか。一貴頑張れ。
posted by kul at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | モータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする