2007年11月19日

ブレーキ壊れた

サドルから降りて、自転車を引きながらスロープを下っていたら、いきなり前輪ブレーキが壊れた。ブレーキレバーの付け根でワイヤーが切れたようです。びっくりしたー。
ヤツ(自転車)も早8年目なので、あちこち点検してやる時期なのだろう。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

ぐるぐるばたばた

突然ですが『電脳コイル』が面白くて面白くて、わーどーなるんだーと続きをワクワクしているのですが、それがどうにも毎回という訳にいかず、土曜日に出かけると録画予約を忘れている次第で、飛び飛びに見ているものだから余計に話が謎だらけという…困ったものです。早くDVDを出してください。
それにしても本当に「毎週決まった時間に決まったチャンネルを見る」ということができなくなってしまった。時間もないんだけど、それよりもしょっちゅう忘れる。週一のアニメやドラマを毎週欠かさず忘れずに見ることができる人はすごい。基本的にルーティンで事を行うのが苦手です。社会人として非常によろしくないです。

一応、サッカーの試合は割と忘れずに録画予約を入れているのですよ。しかしばたばたしていてACL決勝もまだ見ておりません。その前に新潟戦もまだ見てないのだ。DVDの中身が溜まる一方です。

DVDの中身と言えば、2・3か月前に時代劇チャンネルで放送していた『独眼竜政宗』と『新選組血風録』と『燃えよ剣』を頑張ってコンプリートして、栗塚旭ファンだから後ろの2つはメディアにダビングしたのですが、独眼竜はさすがに量が多いのでどうしようと迷ってそのままにしております。コンプしたから消すのも惜しいのよー。
そう言えば、ミステリーチャンネルで先月『マナーハウス』を放送していたことに今更気がつきました。早く再放送しないかなーと待っております。

録画は忘れても木曜日にモーニング買うのは忘れてません。『GIANT KILLING』に燃えまくりです。今週もツジトモ氏の画面構成の巧さに惚れぼれしました。こういう、コマ割とかコンテ切とかの才能が致命的に欠けているので、毎度動画作成で悩むのです。羨ましい。
あ、モーニングは『かぶく者』も面白くなってきたね。恋四郎兄さん、きれいね。
posted by kul at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

京都2泊3日

12月に母が白内障の手術をするというので、その前にちょっと遊びに行こうと日曜から京都へ。

1日目。京都駅で待ち合わせて、ホテルに荷物を預けた後、嵐山へ。嵯峨嵐山周辺は、平家物語の世界。天龍寺、野宮神社、常寂光寺、二尊院、祇王寺、滝口寺。湯豆腐♪湯豆腐♪ 時折、にわか雨がぱらつく。
残念ながらどこも紅葉はまだまだだったが、野宮神社からJRの線路を越える辺りの竹林で、風で揺れた竹がカツン、コツン、とぶつかる音が何とも良い感じでした。祇王寺は初めて行ったけれど、小さくて綺麗なお寺(というか庵)。女4人、ここで暮らしたというが、平安末期のこの辺りなんてどれだけ山深かっただろう。

2日目。こんどは東側へ。東福寺、泉涌寺、清水寺、高台寺。知恩院のライトアップ。朝方は晴れるかと思われたが、あいにくこの日も午後から雨が降ったり止んだり。気温も前日よりだいぶ低い。清水の辺りは修学旅行生がいっぱいだった。

3日目。京都国立博物館。この日は晴れ。適当に路地を散歩して錦小路をひやかした後、京都駅に戻り、母と別れてそれぞれ帰途につく。

帰ってみたら、梶山が入籍してて吃驚した。いや、めでたい。
U-18も無事サハラ決勝Tに勝ち抜けしたようでめでたい。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月12日

今日は足が痛い日

腰と首は治りましたが、実はいちばん悪かったのは打撲だったようで。すねあてのないところをぶつけて腫れてるなーとは思っていたが、こんなに長引くとは思わなかった。内出血やら体液やらが下りてきて足首から甲にかけてが真紫になってむくんでいるので、一見するとこちらを怪我したようだが、実は痛いのは全然違う場所なのだ。

そういえば、女子アメフトをやっている友人達はやはり打撲することが多く、あるときチームの一人が額の辺りをぶつけて少々瘤ができたそうです。翌日、内出血が下がってきてちょうど目の周りが真っ青になってしまい、職場で「DVか?!」と慌てられたとか。
ちなみに女子アメフトのチームはほとんど(ほんとにほとんど)ないので、普段はフラッグフットボールをやっていると言っておりました。いろんな競技があるね。
posted by kul at 19:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

首が痛い日

日月は家にこもって仕事、のはずだったのだが、結局あまり進められなかった。いかーん、つい本だのマンガだの読んでしまう。久し振りにずっと家にいるので、猫どもはご機嫌である(寝ているだけだが)。
土曜のサルで転んだ影響で首から肩が寝違えたみたいになっていて、寝転ぶ/起き上がるの動作に一苦労。バンテリンを塗りまくりです。インドメタ神様〜。バンテリンを塗った後の手で、うっかり目をこすって死にそうになりました。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

雑記

諸々まとめて雑記。

○年末商戦用のくせに9月に入ってから発注がきた作業が何とか終わり。割り込まれたおかげで11月初まではほぼ休み無しだ。むきーっ!

○でもサッカーは見に行く。連休中の出社で上司に「からだ壊さないように」と言われ「とりあえずFC東京が勝ってるので元気」と答えたら「阪神ファンのおっちゃんみたい」と言われた。まあ、似たようなもん。

○あと、オタクなので面白いマンガが読めれば元気です。『GIANT KILLING』が面白いので10年振りくらいに週刊モーニングを買い始め(先週号表紙の薔薇風呂につかってシャンパングラスを掲げるシマコーさんには噴いたけど)、2巻との間を埋めるべく古本でバックナンバーを買ってきて、ちゃっちゃと切り抜いてファイリングしました。3巻が10月に出る?いいんだよ今読みたかったんだから。隅田公園陸上競技場のあたりに日立台がある感じか?>隅田川スタジアム。

○月刊アフタヌーンも相変わらず買ってます。こっちも『おおきく振りかぶって』(と『蟲師』)を切り抜いたら、とっとと古紙回収行き。1000ページ超の雑誌をそうそう溜め込んでおけるか。

○ブエルタ・ア・エスパーニャはメンショフ優勝。で、すぐに今週末は世界選手権。自転車ロードレース小説の『銀輪の覇者』上下(斉藤純/ハヤカワ文庫)読了。時代設定とか、即席チームがまとまっていく様子とか面白かったんだが、ラストが尻切れトンボ気味で残念。新聞連載だったそうだが、連載期間が足りなかったのだろうか。ロードレース小説は『サクリファイス』(近藤史恵/新潮社)も面白いと聞いたので図書館に予約を入れたら、13人待ちだった。読めるのはいつだ。

○今週末と言えば、ついにF1日本GP@富士スピードウェイ。仕事の状況を考えたら行くことにしてなくて正解だったのだが、長年観戦しに行ってたのに今年はTVというのは少々さびしいものだ。天気が悪そうだが、とりあえずレースも行き来も事故がないといいね。先日の台風9号で、松田の先あたりの酒匂川の橋が折れたという話なので、渋滞はもうどうしようもなかろうが。見に行く人は、雨具(ポンチョ+ズボン)と防寒具と日焼止めとでかいゴミ袋と替えの靴下を忘れずに。替えの靴もあれば尚良し。富士の天気は鈴鹿以上に読めないので、手当たり次第に準備していくが吉よ。
posted by kul at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

喜怒哀楽

1日のうちにいろいろあって頭が混乱します。順番に。

怒:
仕事で入れたバーチャルPCが重くって、他のすべてのソフトがものごっつ遅くなってイライラし通し。急いでるのにー。

楽:
志の輔らくご@国立劇場が面白かった。
『GIANT KILLING』1〜2(作:綱本将也、画:ツジトモ/講談社)も面白かった。「見たかプレミア!」くぅ〜っ!

哀:
帰ってオフィシャルを見たら、梶山は骨折ですか…全治3〜4か月ですか…(泣)。憂太もまた手術だったし…鶴鶴鶴、千羽鶴!

喜:
U-18から廣永、椋原、大竹が昇格決定とのこと。とりあえず、ほっ。他の3年生達の進路は如何。

惑+驚(おまけ):
マクラーレンへの制裁、思いのほか厳しかった。来期はどうなるのか。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

秋祭り

この週末は、そこかしこの神社が秋祭り。うちの周りも、3つの神社のお祭りで賑やかです。朝から近くでお囃子と人の声が聞こえるので、リキはちょっと落ち着かない。相変わらずビビリである。
飼い主は、お祭りもサテにも出かけずに自宅で仕事。あんまりやりたくない仕事は進みが悪いや(苦笑)。
実家からは二十世紀梨が届いた。美味いけれど、果糖の取り過ぎで吹き出物が出るのだ。嬉しいけど困る季節です。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

台風一過

台風でベランダは大荒れ。エニシダが折れてしまった(泣)。

朝、出かけようと自転車置き場に降りたら、ザリガニがいました。溝もないのにどこから…?
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

西瓜

暑いのでスーパーで西瓜を買ってきてみたけれど、味が薄い。トラックで売りに来る大栄西瓜で育っているので、西瓜については口が奢っているのだ。東京に来てからは、どれを食べても求める味と違うので、年に一度買うかどうかになってしまった。取り寄せすればいいんだろうが、1人で食べるには限度がある…。
西瓜の皮(白いところ)を食べると脂肪肝予防にいい、というので話題(?)になっているそうだが、祖母が存命中は実家でよく漬物にしていたので食べるのが普通だと思っていた。今でも皮を捨てるときにもったいないなーと思うのです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

やれやれ3連発

M2さんから緊急に送ってくれと頼まれたブツを買ってクール便を出しに行ったら、近所の営業所は全員配達で出払っていて、結局集荷に来てもらったのだが、本日のトラックには間に合わず明後日の到着になってしまった。すまぬ。

猛烈に暑くてエアコンを稼働させっぱなし。おかげでベランダの鉢が排気の熱風でやられ気味。バコパのカイガラムシをようやく駆除できたところなのに、葉っぱがチリチリになるよー。

アウェイの磐田戦。85分位にJ's Goalを見たら5失点していて、何をやってんだかなーと得点経過を見たら、案の定、後半に大崩れしていた。後で録画を見るのが鬱だわ、と思いつつ風呂に入って、終了時の結果を確認したら5-2で終わっていた。どうして試合の大勢が決まってしまってから、帳尻合わせのような点の取り方ばっかりするんだかなー。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

暑中見舞雑記

梅雨がようやく明けたと思ったらすぐに台風がやって来ていて、落ち着かない天候です。外に出ると、空気がぬるい。湿気のおかげで腰が痛い。それにしても、「台風5号“USAGI”」って、誰が付けた名前だろう。緊張感が無くなる。

阿久悠さんが逝去。名曲は多々あれど、サッカー好きには「振り向くな君は美しい」でしょうか。今ここに青春を刻んだと グランドの土を手にとれば 誰も涙を笑わないだろう 誰も拍手を惜しまないだろう。ああ、いい歌だ。ご冥福をお祈り致します。

U-18全クラは、予選敗退となってしまった。またG大阪ユースにやられちゃったなあ。今年のチームは、あと一声、という感じだ。文字通り「一声」。冬までにどれだけ伸びてくれるか。

一向に夏らしくならないもので、暑中見舞用に変形ハガキを買ったりしていたのだけれど、まだ送っていない。
今年もこのフレーズをもって暑中見舞いに代えさせていただきます。
どこからか夏の生物たちの喚声が聞こえてくるが
ぼくはまだ
友人に手紙を書いていない
「人類の夏休み」田村隆一

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

大阪出張

木曜夜から前泊して大阪出張。やっぱり人前で話すのは慣れない。
帰りの新幹線まで時間があったので、梅田の辺りで買い物でもと思っていたが、資料の重さに断念。さっさと新大阪まで行って、時間を潰すことに。
大荷物にも関わらず図書館で借りた北方水滸伝の単行本を持って行っていたのだけれど、行きの新幹線で読み終えてしまった。新大阪で『精霊の守り人』(上橋菜穂子/新潮文庫)を買ってみたら、これがまた面白くって、帰るまでに一気読みしてしまい、最寄り駅に着いてから本屋で『闇の守り人』を買って、徹夜で読んでしまった。水滸伝を読み終えたら、<守り人・旅人>シリーズを借りてこよーっと。面白い本があるって、幸せだなあ。

行って、仕事して帰ってきただけだったが、それでも朝に中之島公会堂は見に行ってきた。大阪で時間があると必ず立ち寄る。さらに時間があれば、シェ・ワダの建物も見に行く。辰野金吾が好きです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

おニュー

自宅PCをようやく新調しました。10年ものの自作機、都合によりなんと未だにNT4で動いておりましたが、さすがにHDDで異音がし始めた。DELLのでかいノートを購入。DVDドライブがうるさくて、猫に驚かれた(笑)。

旧マシンを購入した頃、会社の引っ越しで、当時でも十数年前の古いPC雑誌を整理していたところ、MS-DOSの広告ページに「1MBの広大なメモリ空間!」というコピーがあって、うわーと思ったものでしたが、今やHDDの100GB超は当たり前だものね。ドッグイヤーって恐ろしいね。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月23日

いまさら修悦体のこと

新宿駅・日暮里駅の案内用ガムテープフォントがじわじわ話題ですが、まだ見てない方はトリオフォー制作の佐藤修悦氏インタビュー動画とか見てみてください。
ナントカグループ トリオフォー[34]

修悦体の面白さって形の良さもあるけれど、必要があって、素材が限られているところから、機能美が生まれてくる過程が面白いのだと思う。そして役目を終えると消えていく潔さ。無駄であろうと、生活にはデザインが必要である、と実感できること。考えると、なんだかとっても嬉しくなるのだ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

日本画の猫

以前から、古い日本画に猫を見かけないことが気になっていて、上野へ出かけた折に納富さんに尋ねてみた。やっぱり、浮世絵くらいしか思いつかない。

古いところだと「鳥獣戯画」くらいか? 涅槃絵の中にも、猫はほとんどいない。経典を鼠から守るためにインド・中国から猫を連れてきたという説もあるのに。十二支に含まれてないから描かれないのかな。
時代が下って江戸中期になると、懐月堂安度「美人愛猫図一人立」がある。多分、懐月堂派は同様の絵を量産していて、このあたりで美人+猫の浮世絵のパターンが出来たのではないかと思う。江戸後期の浮世絵には、それこそ絵を描くときも猫を懐に入れていたという猫好き国芳がいて、美人画の添え物から独立して猫を主題にしたり、鍋島猫騒動の芝居絵を描いたり、他の絵師の作品にも急にたくさんの猫が登場してくる。明治になれば、竹内栖鳳の「班猫」とか、菱田春草の「黒き猫」とか、竹久夢二の「黒船屋」とか。
麝香猫(ハクビシン等)はいるのだ。狩野之信「松下麝香猫図」、狩野宗信「桜下麝香猫図」、狩野山楽「松に麝香猫図(南禅寺本坊大方丈)」etc. でも普通の猫がいない。猫飼ってないはずはないんだよね。源氏物語にだって出てくるんだし。何故描いてないんだろう?

とは言うものの、実は犬が主題の絵というのも、実はそんなに多くないかも。龍・獅子・鳳凰のような聖獣幻獣や、虎・孔雀・象のような異国趣味(麝香猫もこれか)は描いても、神性から離れた身近な動物自体を描くようになったのは、やはり江戸時代に入ってからなのだろうか(異国趣味の動物も、異国=天竺と考えれば神性有)。
それにしても、猫自体の絵って少ないなーとは思う。何かいい資料があったら教えてください。

動物美術館−日本の動物表現をめぐって(酒井哲朗/三重県立美術館「動物美術館展図録」1995.4)
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

ダラダラツールの誕生日

半日、人前で話したら、声はかれるは足は痛いは。ヘロヘロしながら目白に着いて、もう今日はとっとと帰って酒飲んでツール見てダラダラしようと、まず田中屋でワインを買う。チーズは先週チーズ王国で買いこんできたのが残っているのでOK。一度会社に戻り帰路についたら、かいじゅう屋のカンパーニュが残っていたので買って帰る。
かいじゅう屋は、春頃に目白の川村学園の近くにオープンした小さな、ほんとに小さなパン屋さん。店の中には入らずに、タバコ屋の店先みたいな所からショーケースのパンを買うのだ。水・金・土の夕方だけ営業で、売り切れたらそこで店じまい。ずっしりもちもちの田舎のパンという感じで美味い。
ラタトゥイユとかサラダとか大量に作って、パンとチーズも切って、ワイン(あいにくスペイン産だ)を飲みつつのんびり食す。いい感じに酔っぱらって、TVに向かって声を上げている駄目な人。実況解説は、やはりSacha & 栗村監督のコンビが最強です。Sachaと組むと、栗村監督の妄想が冴えわたります。別府お兄さんもだいぶくだけてきました。
第7ステージは、TdFデビューイヤーのゲルデマン(Tモバ)がラストのコロンビエール峠手前で飛び出し逃げ切り初優勝。マイヨブランとマイヨジョーヌもセットで獲得。表彰台が初々しい。照れ照れの投げキスが可愛い。どうも、クネゴといい、こういう口の大きい顔がツボらしい。アヒル?カエル?
で、ツールを見ている間に誕生日が過ぎまして、ゴール後にアジア杯の録画を見ようとしたら録れてなくて、厄年のせいかなーとか思ってみたり。でも、これまでもまったく厄除け等したことないのよね。まあいいか。
posted by kul at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

川越にて

両親上京中。小江戸・川越へ行きたいということで、東部東上線で出かける。蔵造りの建物は面白いのだけれど、ほとんどは完全に土産物屋になっている。もっとも、元々が店舗用の建物なのだが。細道の奥に、ちょっとハイカラな感じの洋風長屋(?)とでも言うような建物があって、そっちも気になったが、今回はお預け。
ぶらぶら歩いて喜多院へ。大通りから横道に入ると、途端に気温が下がる。排気ガスって熱いのねー。
本川越駅前で昼を食べ、帰りは西武線。所沢で新宿線から池袋線に乗り換えて、両親は途中下車して帰宅。自分は池袋まで出て、そのまま横浜へ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

日常と猫の攻防

まだ何を考えていいのかわからないのだが、結局本当のことなんて何にもわかるはずはないんだと諦めた部分もあり、だいぶ正気に戻りました。うわーっと勢いにまかせてネットでDVDを買い漁ったが、手元に届いても当分は見る勇気がないだろう。

凹んでても腹は減るしトイレにも行くし、お客さんとは愛想よくやり取りをせにゃならんし、化粧品がなくなったから買い物もするし、出かけようとしたら自転車がパンクしていたので修理に行くし、芝居のチケット発売も気にしないといけません。日常は容赦がないのです。

最近暑いので余所で寝ていた猫が、久々に布団に上がってきて一緒に寝てくれました。暑いけど腹毛にモフモフして現実逃避する。
posted by kul at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

再開

とりあえず再開。ところどころ穴があるが、また後で埋めます。
昨年前半に仕事がなくて往生したので、半ば強迫観念に駆られて仕事を入れまくり、逆の意味で往生するという…頭が悪いです。

トーチュウさんはノンストップです。東京好きでユース好き(加えてモータースポーツ好き)にとっては、足向けて寝られません。南無〜。

365日FC東京 ユース選手紹介
posted by kul at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする