2013年01月18日

『夢市男達競』国立劇場

銀座松屋の「観世宗家」展を駆け足で覗いてから国立劇場へ。「観世宗家」展では面をたくさん見られたのが良かった。わずかな肉付きの違いで、少しずつ違う年齢・感情が表現されていて素晴らしい。

菊五郎劇団の復活狂言は、頼豪の鼠vs西行の猫。相撲に宝探し、七福神の舞踊、廓の立ち回り、屋台崩しと盛りだくさん。たくさん過ぎて場面転換が多く、せわしなく細切れな感じがするのが惜しい。毎回幕を引かずにうまく転換できないかな。
しかし面白い。お話として面白いし、役変わりしつつの菊之助vs松緑が面白いし、菊五郎パパの美味しいとこ持っていき具合が面白いし、クライマックスでは猫の眼からビーム!で巨大鼠がボロボロ崩れるのも面白い。ザッツ・エンターテインメント。こんなに面白いのに、国立劇場はなぜもっと頑張って宣伝しないのだ。
菊之助の胡蝶こと猫娘がもうほんとにけなげでかわいくて、猫耳つけて出てきたところで周りの席の人が皆「かわいい…」とつぶやいていた。一方で、相撲取りの明石も立派で良かったです。

歌舞伎をちゃんと起承転結のある物語として見られるのは、やっぱり良いな。名場面のピックアップだけでは、何を面白がらなければならないかをまず勉強しないといけない。物語自体の面白さを、もう少し大事にしてみてもいいと思うのだけれど。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月15日

SHINKANSEN☆RX『ZIPANG PUNK〜五右衛門ロックIII〜』シアターオーブ

何故かシアターオーブをマークシティの中だと思い込んでいて、遅刻しかけた…。ヒカリエですね、はい。

明智探偵実は光秀遺児の三浦春馬が、歌えて踊れて殺陣も良いので驚いた。舞台映えする人だ。
古田新太の五右衛門がいる上で主役級の男性の客演があると、そちらの恋の鞘当みたいな内容も入れざるを得ず、物語が少々散漫になるなあ、という印象。もっとも、シリーズ3作目だからこそこういう人物配置、ということでもあるだろうが。
堺商人善兵衛の村井国夫がさすがの美声だった。善兵衛の歌のメロディは、ジーザス・クライスト・スーパースターとレ・ミゼラブルのパロディかな?
相変わらず、お祭りのような舞台だった。変わらない馬鹿馬鹿しさが嬉しい。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

志の輔らくご in PARCO

志の輔らくご in PARCOへ。「親の顔」「質屋暦」、中入り後に「百年目」。
明治6年に実施された太陰太陽暦から太陽暦への改暦、これにまつわるドタバタを描いた「質屋暦」が面白かった。枕から「大河への道」みたいに、あるいは釈台があるので講談になるのかと思ったら、ちゃんとかわいい“長屋の人”の噺になって、お見事。歴史の重箱の隅からネタを拾い上げる巧さに脱帽する。
「百年目」は、旦那が懐の深いいい人すぎて、ちょっと入り込めなかった。でも人物の演じ分けがやっぱり上手い。くどくど悔やむ番頭さんが可笑しい。
志の輔らくごの舞台美術は、毎回、堀尾幸男氏のものだが、今回は大きな仕掛けはないものの、噺ごとに背景の色合いや照明、黒御簾の角度、衝立の有無による奥行が細かく変化して、それぞれ美しかった。プロの仕事だなあ、と思う。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

落語の力 昼の部 C.C.Lemonホール

代休を使ってお昼の渋谷へ、チャリティ落語。夜の部チケットは瞬殺だったので、昼に楽しくなりにきたというわけ。
林家木久蔵「たいこ腹」、三笑亭夢之助「ん廻し」、桂米助「野球寝床」、林家木久扇「林家彦六伝」、仲入り後に春風亭昇太「ちりとてちん」、三遊亭好楽「浮かれの屑より」、林家正蔵「読書の時間」。みなさん、短く軽い噺。普段あまり聴いていない落語家さんを聴けて面白かった。
有楽町に移動して、今日も今日とて日本酒。飲んで協力したいけれど、東北のお酒は段々品薄になっているそうです(苦笑)。

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

春風亭昇太独演会「昇太ムードデラックス」本多劇場

前説あって、遊雀「粗忽長屋」。昇太「天狗裁き」。生着替え。「花粉寿司」。中入り後に「花見の仇討ち」。
ラベル:落語
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

歌舞伎座 御名残三月大歌舞伎・第一部

「加茂堤」桜丸(梅玉)、八重(時蔵)、斎世親王(友右衛門)、苅屋姫(孝太郎)、三善清行(秀調)。

「楼門五三桐」石川五右衛門(吉右衛門)、真柴久吉(菊五郎)、右忠太(歌六)、左忠太(歌昇)。

「女暫」巴御前(玉三郎)、範頼(我當)、震斎(松緑)、若菜(菊之助)、辰次(吉右衛門)。
ラベル:芝居
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

2010年01月15日

2009年12月02日

2009年11月30日

『海をゆく者−The Seafarer』PARCO劇場

先に謝っておく。微妙にネタバレです、すみません。

キャスト(小日向文世、吉田鋼太郎、浅野和之、大谷亮介、平田満)だけ見て、観に行くことにした。コナー・マクファーソンはアイルランドの若手劇作家。アイルランドの現代劇は、重くて暗くて、登場人物は皆騒々しくイライラを抱えててキレやすい(この、登場人物の騒々しさ・キレやすさが、日本人が(?)アイルランドの芝居を苦手に思う原因だと思う)。今回も1幕目でくどいほどアル中のダメ男達の騒ぎを見せられて、まーた絶望的にどんよりした結末になるのかなーと思っていたら、あ、こういう話だったのか!と驚いて、嬉しくなった。突然差し出される救済。知らなかった人の気持ちに触れる。どんなにダメになっていっても変わらないものに気づく。暗くて臭くて埃っぽい地下の部屋にも、クリスマスの朝の陽光が差し込む。

とにかく役者が素晴らしかった。
吉田鋼太郎、失明した陽気な乱暴者の兄リチャード。鬱陶しいほど騒々しくコミカルかと思えば、急に朗々たる美声で威厳を発揮し、気弱で家族を思う一面も見せる。ものすごい台詞数のマシンガントーク。実は一座でいちばん若い(笑)。
平田満、弟シャーキー。禁酒して、淡々と兄や悪友の面倒を見るが、内面には暴風を抱え込んでいる。クリスマスの朝の光に、呆然とする幕切れ。カードには何が書かれていたのか。
浅野和之、お人好しで恐妻家のアイヴァン。ヒョロヒョロフラフラチクタクした飲んだくれが、カードになった途端に目が据わるのが可笑しい。幸運は思いもかけぬところからもたらされる。メガネ、メガネ。
大谷亮介、シャーキーの元妻の現恋人ニック。いちばん普通の人が、何の悪気もなく不運を連れてくることもある。
小日向文世、謎の紳士ロックハート。声が!動きが!自分のものでない身体を操る奇妙さが伝わる。カード場面の不気味な緊迫感。最後には、一人だけ祝福を得られないロックハートがかわいそうにもなる。

美術や照明も練り込まれてて素敵。薄汚れた地下の居間に階段上から差し込む光、天窓からぼんやり見える地上、額縁のキリスト像に捧げられたランプ、もうもうと煙を上げるロウソク、天辺の星が外れたままのクリスマスツリー、古びた家具、たくさんの椅子、アイリッシュビアのプレート、ランプシェードにぶらさがる鎖で巻かれたハートの飾り。
ワンアイデアのブラックファンタジーを、ここまで贅沢にさりげなく作り込んであるというのが驚きだった。

タイトルの元になっているのは、イギリスの古詩 "The Seafarer"。冬の航海の苦労と孤独。と同時に、海への憧れと、天上へ至るための旅であることが語られている。多分。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

2009年10月20日

『サロメ』グローブ座

とりあえず行動記録。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月25日

YEBISU亭 2日目

とりあえず行動記録。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月29日

納涼 茂山狂言祭2009 国立能楽堂

千駄ヶ谷駅周辺は、国立競技場での嵐LIVEのチケットを求めるお嬢さん方でごった返している。ああやって「譲ってください」のボードが大量に並んでいる状態で、実際にチケットが手に入ることなんてあるのかしらん。混雑を通り抜けて国立能楽堂へ。

前節は茂山宗彦。「国立のチケットならあるよー」と、駅周辺の混雑もネタに(笑)。本日の演目の説明。宗彦さんは、茂山家の年齢構成の関係で、子供の時分に居杭をやったことがないのだそうだ。

●「宗論」
法華の僧:茂山茂、浄土の僧:茂山逸平、宿屋の亭主:島田洋海
頑固熱血の法華僧と、面白がりで屁理屈の浄土僧の宗教論争。宿屋でヒートアップするうちに互いの念仏と題目を取り違えて、しまった!と顔を見合わせる。「法華も弥陀も隔てはあらじ」と仲直り。性格の違う二人の掛け合いが面白い。

●「居杭」
居杭:茂山千之丞、主:茂山童司、算置:茂山宗彦
子役の居杭に千之丞さん。おじいちゃんが肩の力を抜いて、飄々と舞台上で遊んでいる感じが可愛らしい。「身につけると姿が見えなくなるアイテム」のアイディアって、昔からあるんだな。「自分の姿が見えなくなったら何をしたいか」は、人間の普遍的な想像らしい。

●新作狂言「死神」(作:帆足正規/演出:茂山千之丞)
男:茂山千五郎、死神AB:茂山あきら、召使いA:丸石やすし、召使いB:鈴木実、召使いC:増田浩紀、奥方:茂山千三郎
古典落語(元はグリム童話)の翻案。死神を居眠りさせようと必死になる様子が可笑しい。目が覚めて、えぇッと向き直った死神と、してやったりの男。最後は一転、おどろおどろしい気配となって、「アァ、消える…」でコロンとひっくり返った男を見下ろす死神が不気味。狂言で見ても面白いなあ。


昼の部を見終わって、M2さんと味スタへ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

『ドリアン・グレイの肖像』世田谷パブリックシアター

演出:鈴木勝秀。ドリアン:山本耕史、バジル:伊達暁、ヘンリー:加納幸和。

演出や回り舞台を使った美術、ピアノ生演奏による音楽は、ああスズカツだなあという感じで好きだったのだが、如何せん、キャスト中でドリアン・グレイがいちばん体格が良いというのは失敗であったと思う(苦笑)。山本耕史は上手いしきれいなのだけれど、全体のバランスばかりは致し方ない。バジル、ヘンリーの方が華奢だったので、退廃の印象が薄れたのはもったいなかった。
で、スズカツに加えて、加納幸和目当てで出かけたのですが、こう、男役を演じる加納さんは普通に格好良くてですね。ラストの、ドリアンに指輪を握らせて、(思い入れあって)クッと頭を上げ立ち去る様子が、ごちそうさま!という感じでした。ヘンリー卿は自分に似ているというのは、何か納得(生まれついての演出家で演技者?)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月17日

春風亭昇太独演会「オレスタイル」 紀伊国屋サザンシアター

ゲストに立川生志さんで「反対俥」。大手術をされてから、芸風がハチャハチャに変わられた模様(?)。
昇太さんは「看板のピン」、生着替えの後「そば清」。中入り後に初演だという「宿屋の仇討」。お馬鹿な人たちがお馬鹿なことをして騒ぎになるという話で、似合いそうなのにやったことがなかったというのはちょっと驚き。決め台詞を繰り返すのが苦手なのだとのこと。
相変わらず、悪戯小僧めいて可愛らしいお方でした(49なのに!)。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

『盟三五大切』花組ヌーベル 駅前劇場

めっきり観劇回数が減っていて、下北駅前、駅前劇場に来るのも数年振りだ。
若手主体で実験公演的な意味合いの強い、花組ヌーベルの第2弾。前回の『恐怖時代』は全員浴衣、今回は全員が黒のスーツ(喪服)で、舞台美術は精進落としの宴席を表す(“本日のご遺体”は磯村さん/笑)。
美術と衣装が物語と乖離しているので最初は妙な感じも受けるが、物語が進んでいくにつれて、そんなことはどうでもよくなってくる。物語の力と、役者の身体と台詞だけを拠り所に見えてくる情景。廻る因果、その果てに行きつくところはすべて死で、葬式の花々が陰惨華美なる殺しの場を飾る。イメージの二重写し。

小万=小林、三五郎=加納と、ちょっと意表をついた配役。ここまで小林さんは立役ばかりだったので、いい勉強になったのでは。
源五兵衛=北沢で、大事を待つ身で小万を引く軽薄浅慮な調子の良さも、裏切りから人を殺めた後の荒廃しきった様も、どちらも納得できる。小万の首をコンビニ袋にぶら下げて帰ってきて、電子レンジで温めた白飯のパックに直接お茶を注ぎ、取り出した首にお前とこうして差し向かいで飯を食いたかったと語りかけながら茶漬けをかっ込む。…ありがちな演出ではあるものの、背筋がぞっとするような日常と異常の対比だった。

中心の3人以外はそれぞれ数役を兼ねていて、この人はこういう役もできるのかと面白かった。特に谷山さんは、もっと色々見たい。今後に期待。

全員スーツなので身体の動きにごまかしがきかない訳だが、日舞の稽古をする人というのは、腰の位置が動かない。衝立のかげから登場人物が次々にすーっと現れるところで、頭の位置がぶれないのに驚いた。新人さんたちも、皆、上手くなったなあ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

『神様とその他の変種』ナイロン100℃ 本多劇場

過剰なるもの 不足なるもの
できそこないが 神を出しぬく
ほら届かない 神様の華奢な短い腕じゃ僕らの場所には

長すぎるもの 太すぎるもの
鼻をのばして 象がつぶやく
今さらだけど 神よ気まぐれを 謝るなら許してやるぜと

(ケラ&ザ・シンセサイザーズ/「神様とその他の変種」)

最初期の1作を除き、自作の曲名を芝居のタイトルに流用することのなかったケラが、今回ばかりはこの曲名をタイトルとして、劇中でテーマソングとしても使った。そうして、手前味噌では終わらずに、ちゃんとそれぞれにイメージを補完しあっていて、エンディングでは深くため息をついた。いい曲だなあ。

ケラの芝居は物語としては常に悲劇で、どうしようもない絶望感が高じてヒステリックな笑いが生まれることが多かったのだけれど、いつ頃からか、絶望が取り立てて騒ぐこともない常態と化しているというか、悟ってもいないのに初めから諦観が垂れこめているというか、話はすごく面白くて可笑しいのに見ていて苦しくなるようになった。部屋の中に降る土砂降りの雨も知らぬ気な登場人物たち。嘆いても雨は上がらないので、神様は叩き出して、雨は気にせずにいるしか対抗手段がない。
ストレスにそれぞれのやり方で過剰に反応して、何も解決してないことが明らかになって、あてにならない(ホームレスでストーカーで下着泥の)神様にではなく大事なものに祈る。神様がいなくても絶望していても生きていく方法を、ケラはずっと探しているのだと思う。

ミステリーか、サスペンスか、と思わせながら進んで行って、実はごくありふれた(?)矮小な出来事に着地させる展開が上手かった。で、最後まで緊張感を持続させられる役者陣が、やっぱり上手い。ナイロンを観に行くたびに同じことを書いてるけれど、本当に役者が上手いんだもの。
オープニングも相変わらず格好良かった。格子柄、格子窓はああいう風に使えるのか。

コクーンで演って、ラストに後ろの搬入口が開いてゾウが出てきたら面白いねー、などと話しながら帰る。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

さらば小兵衛

更新が滞っててアレですが。

飲みの席で又五郎さんが亡くなったことを聞き、外で泣きそうになった。

<訃報>中村又五郎さん94歳 歌舞伎界最長老、人間国宝

この先何度『剣客商売』が舞台化・映像化されようとも、自分にとっての秋山小兵衛は又五郎さんだけです。
ご冥福をお祈り致します。素晴らしい舞台へ、深く深く、感謝を。

posted by kul at 01:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

原ちゃん落語 〜三人の会〜 南青山MANDARA

花組芝居の原川さん主催の落語会へ。出演は、花組旗揚げメンバーの3人。現在日テレ気象予報士の木原実(二酸化亭炭素)と、加納幸和(遊心亭蝶妙)、原川浩明(柱米゜朝)。前座に丸川敬之(柱茶柱)。他の役者陣が半被着て席の案内をやっていて、思わず挨拶してしまいそうになる(先方はこちらのことなど知らんがな…)。

丸川「猫の皿」。濃い顔で、仕草がかわいいのが可笑しい。本気で落語をやるなら、新作やる方が特徴活かせて面白そう。

加納「たちぎれ線香」。終了後のトークショーで木原さんも言っていたが、船場の若旦那が似合うこと似合うこと。そしてニコタマの坊なのに、関西弁が巧い。方言や、外国の言葉の巧い人というのは、耳が良い。良い役者が、大抵、音楽のセンスも優れているのは当然のことなのだ。

木原「厩火事」。オールバックで登場(志の輔さんを意識?)。お約束のお天気ネタできれいに始める。設定を少し現代に移して厩火事。「鶴川モデル(の液晶テレビ)」は、すぐには通じませんでした。鈍くて申し訳ない。幼少期からお江戸の落語を聴いてたというだけあって、いちばん落語らしいというのか…。全員、そりゃもう役者ですから登場人物の演じ分けは申し分ないのだが、木原さんには自然に落語の呼吸が身についている感じがする。

原川「明烏」。これまでの落語会ではハチャメチャ系が多かったそうだが、今回は大ネタに挑戦とあって緊張気味。途中で飛んじゃって、巻き戻して始める場面も(苦笑)。本人のキャラと正反対(?)の真面目一方、堅物の若旦那時次郎が、初心すぎて妙になまめかしい感じもして面白い。

終了後に30分ほどのトークショー。急に決まったせいで、木原さんはすでに酔っ払っている(笑)。落語家さんと役者はホンの覚え方が違う(と聞いたけど、どう違うのか忘れちゃったー、と加納さん)とか、『サド侯爵夫人』の台詞が大変だった話とか、大学時代の思い出話とか。途中で三味線の岡田まいさんも呼び出して、収拾がつかなくなったところで、世話人の水下さんが強引に締めの挨拶をさせてお仕舞い。次は水下アロハの落語も聴きたいなあ。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇/舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする