2008年03月23日

ナビスコ杯第2節 磐田vsFC東京 ヤマハスタジアム

てっきり五輪組はいないのかと思っていたが、前日にLIVREで召集は月曜からだと教えてもらってひと安心。前節、今野・羽生が不在であんな内容だったからね。梶山がいないと誰がパス出すんだと。でも、ピッチにいるのが良い梶山か、悪い梶山かで、まただいぶ違うやね。
結論を言えば、今節は良い梶山でした。カボレ、赤嶺、大竹、金沢が初スタメン。カボレ、赤嶺、エメに磐田のDFがついて、梶山と大竹、2人のヨーヘイは割と自由に動けた。浅利と梶山の動きも、前節より整理されているように思えた。
で、大きい陽平も良かったが、今日はやっぱり小さい方の洋平です。石川の負傷(清水戦での交代が、変な交代だと思っていたら、怪我でしたか)で出番が回ってきたとは言え、大竹のスタメン! こんなに早く巡ってくるとはね。多分、本人もフル出場するとは思っていなくて、最初から全開で行けるだけ行くというつもりだっただろう。ところがエメにアクシデントがあったものだから、両足を攣らせつつ90分走りまわることになった。スペースでボールを受けて、はたいて、すぐまた走る。前を向いてドリブルも仕掛ける。一人がそうやって率先して動けば、周りもスペースを埋めるために動く。良い循環のきっかけになっていたと思う。さすがにユースの試合とは違ってなかなか通らなかったけれど、機を見て前へのスルーパスも狙っていってて、初スタメンにも慌てずに持ち味をしっかり発揮できるあたり、まったくもって彼の心臓には毛が生えている。唯一心配なのは、ここで持ち上げられすぎて、後で壁にぶつかったときに手のひらを返されやしないかということだが、プロになった今、一サポが気にかけても仕方のないことだ。なに、壁に当たらなけりゃいいんだよ。
前節の反省から、前も中盤もよく動いて、ときにはシンプルに裏を狙っていって。ミスもあったけれど、見ていてストレスが少なく、攻めるも守るも楽しかった。初スタメンに燃えていたのは大竹ばかりではなく、2トップが試行錯誤する様子も面白かった。カボレ+赤嶺のコンビは良い感じ(「縦の関係!」と城福さんの指示が響く)。後半、1点目は大竹の低いクロスをカボレがニアで(結果的に)スルーして、ファーサイドの赤嶺のところへ。足元に入りすぎて転びかけながら、立ち上がってゴール! 絶好のボールが来てもやっぱり泥臭いゴールになってしまうのは何故だ(笑)。2点目も、信男さんのクロスを大竹が折り返し、カボレが倒れつつも横へボールを流して、フリーの赤嶺がゴール! 赤嶺は、取るときはまとめて点取るねえ。今季初めて、東京ゴール裏に近い側で(つまり後半に)ゴールが決まり、それを専スタで間近で見られて嬉しい嬉しい。1点目の後、エメが喜びすぎて赤嶺を引き倒していたのが良い光景でした。
終盤、磐田が名波・中山を投入。名波はさすが、パスの名手。DF陣も、よく踏ん張った。今日のCBはモニフジだったが、フジの萬代との身長差を無効にする守備も見られて、フジファンには嬉しゅうございました。萬代、思ってたより大きかったなあ。

ヤマハスタで初勝利。思えば、自分が東京サポであると自覚したのは、2002年、6-1大敗の試合をTV観戦したときであった。やっとやっと勝てたね。
前線は、しばらくカボレ+赤嶺でいくんでしょうか。今回、五輪代表落ちした平山も、うまく使ってやりたい親心…。

【3/25追記】
エメは肉離れで2〜3週間とのこと。梶山は五輪代表の練習中に負傷、代表離脱とのこと。開幕までは割合平穏だったが、段々負傷者が増えてきた。チームで怪我するのはともかく、代表の、しかも練習で負傷離脱は勘弁してください…。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

ナビスコ杯第1節 清水vsFC東京 日本平スタジアム

あいにくの雨、時折強い風も吹く。雨が本降りでなかったのは助かった。相変わらずアウェイサポにも愛想を振りまいてくれるパルちゃんが、スポンサー紹介やパルちゃんショー(おなら体操と世界のナベアツ)の後、スタンド下でスタッフに耳とかしっぽとか拭いてもらっていたのが可愛かったです(はあと)。

今野・羽生が代表召集で不在、浅利・栗澤がスタメン。代表2人の穴は、そう簡単には埋まらないなあ、という試合になった。立ち上がりにマークにつき切れずに先制されていなかったら、また違ったかもしれないけれども。
全体に、セカンドボールへの反応が遅かった。というのはつまり、味方がどう動くか予測できてない、連携が足りないということで。連携が足りないからパス&ゴーの意識も低かった。足元足元のパスになってしまって、清水の選手にすぐに寄せられる。栗澤のプレーが攻めるのか守るのか中途半端、エメが土曜日の反省か運動量を若干セーブ気味だったため、左サイドで栗エメ長友が三すくみになっていることが多かった気がする。つられて全体の動きが止まってしまった。梶山のパスミスや持ちすぎて奪われての場面がいつもより多かったけれど、周りが動いてないから責めるのは酷だ。今・羽がいないから自分が何とかしなきゃ、の気持ちも強かったのだろうし。マークされてボールを持つとすぐ2・3人に囲まれてたので、もうちょっとフォローが欲しかった。
前半に、浅利のクロスから平山ヘッドで追いつく。平山は1ゴールで最低限の結果は出せたが、1トップやるなら後ろ向いての胸トラップをもうちょっと丁寧にやって欲しいなあ。あそこできちんとボールを収められればいいのに。それでも、今年は危機感持ってやってるのはわかる。
早い時間に追いついたものの、PA内でモニが西澤の切り返しを倒してPK。相手のコケ方が上手かったね(苦笑)。

後半、石川→カボレに交代。…先にクリ交代かと思ったのだけども。足元パスでゴール前まで行けない状態が続くので、栗澤→大竹。しかし、交代後すぐのFKから左右に振られて失点。残り25分程。大竹がパス&ゴー、スペースへのパス、の動きをするようになって、ようやく周りも動いてチャンスが生まれてくる。エンドライン際でDFをかわしていくドリブル、俺が蹴るとエメから譲ってもらったCK、ゴール正面からのFK、やっぱり巧いね。心臓に毛が生えてるね。U-18で一時精彩を欠き、小柄なこともあって昇格を心配したのが嘘のようです。嬉しいねえ。
残り15分程。平山→赤嶺。時間も少ないし、前がカボレ・赤嶺になったからには、もっと裏狙いのパスとかクロスとかどんどん入れていっても良かったんじゃないかなあ。

チャンスはあったが決め切れず、3-1で試合終了。内容を考えれば、負けて納得なのだけれど、追いつくくらいはできたよなあとも思うので悔しいね。でも、問題の所在はわかるし、大竹が良かったし(城福さんも言ってるが、交代で役割はっきり、時間限定で入るから出来ているというのもあると思う)、日曜の磐田戦でどう修正できるか楽しみです。頑張れ!

----
JFL第2節、鳥取ホーム開幕、3-1で流経大に勝ったー! 得失差+総得点で首位! まだ2節だけど(笑)。小澤は怪我(?)だったようで、終了近くに交代出場。これからこれから。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

JFL第1節 横河武蔵野vsアルテ高崎 国立競技場

先週の味スタ開幕の帰りに横河サポさんから招待券をもらったので、廣永君もレンタル移籍したことだし行ってくるかと国立へ。もう1時間開始が遅かったら、小平のTMとハシゴできたんだが。ポカポカ暖かいがメインスタンド屋根下の日陰に座っているとまだ寒くて、観戦の服装が難しい季節です。

序盤からボールはよく動く。横河の方が、きちんとパスを繋いで行こうとしている感じ。高崎の攻撃は、ちょっと引き出しが少ないか。J1とJFLの違いは、プレーの正確さなのかなーと見ていて思った。どちらも割と遠目からでもシュートを撃っていくが、両GKも頑張って決まらない。0-0で折り返し。
ハーフタイムの他会場結果で、鳥取がユアスタでソニー仙台に先制されていて凹む。
後半、徐々に横河ペース。CKからセカンドボールを拾って横河が先制。30分頃に右から繋いで追加点。高崎は残り5分程でカウンターからきれいなミドルを決めて1点差。しかし、終了際に高崎のCBが2枚目イエロー(?)で退場。2-1で試合終了。

試合後、コンコースで横河の選手達が日程のカードを配っている中に廣永もいて、東京サポにたくさん声をかけられていました。頑張っておいでね!

鳥取が気になるので、今年はJFLも気にしようと思ってます(見に行けるかどうかは…)。ユアスタでは後半に逆転。祝・初の開幕戦勝利!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

J1第2節 新潟vsFC東京 ビッグスワン

バスツアーで新潟へ。新宿発着なので日本旅行のツアーだが、今年はバスにFC TOKYOロゴが貼ってあったり、座席のカバーが青赤ロゴ入りだったり、担当のKさんご自身が東京サポで頑張ってくれてます。バスが微妙に青赤なのも嬉しい。以前の鹿島ツアーでバスの台数が足らなくなって、緑色に乗せられたときにはがっかりしたものだ。
道中、高崎ICを過ぎた辺りに前橋育英高校の高崎グラウンドがあって、U-18が試合をしているのが見えた。今日はBチームの試合だったのかな?
寝不足解消にほとんど寝倒して行ったが、ふと気がついたら窓の外が真っ白で一瞬何だかわからなかった。新潟市内に近づくと、もう雪はなかったが、やっぱりまだ寒い。新潟でのアウェイ戦は、いつも寒い時期に設定されている気がする。

カボレがスタメン。いやそれよりも、吉本が1年ぶりのスタメン。「カズが前に出て行って守備して、後ろをモニ(orフジ)がカバー」というのが昨年来の個人的妄想CBなのです。カズ頑張れ。あと必要なのは経験と自信だけだ(他は気合で何とかなる、君の場合)。初めのうち、少し空回りしていきなりファウルでFKを与えたりしていたが、モニシオやハーフタイムにはサリからも指示をもらって落ち着き、できることを精一杯やろうとしているのが良かった。長身の矢野対策でCBに吉本だったはずが、前半の矢野は長友のサイドに流れることが多く、東京にとっては楽になったかも。

水曜のTM国士舘戦では、開始5分で3失点。今日は前半6分からの5分間で3得点、後半57・58分の2分間で2失点。良い方にも悪い方にも勢いがついてしまうのは、最早芸風なのか? 悪い方に勢いをつけるのは、止められるようにならないと。
前半は、エメルソン・羽生・石川が攻守に前で動き回って、今野・梶山の負担も軽減して、見ていてほんとに楽しかった。あれよあれよという間に3得点。3点目には、東京ブギウギも3連続でコール。しかし、やはり後半にはガクンと運動量が落ち、ホーム開幕で負けられない新潟に押されてこれまたあれよあれよの2失点。試合後に今野が「自分のところでボールを失って」と反省していたが、全体の動きが減ったために、ボールを回すかスピードを上げるかで迷う隙を狙われた感じ。当面の課題は後半の運動量、これに尽きる。運動量を上げるか、凌ぎ方を覚えるか。どっちもすぐには難しいなあ。
それでも、そこからエメ→浅利で気持ちを落ち着かせ、石川→川口、カボレ→赤嶺と前の動きを増やして何とか逃げ切り。最後は梶山も羽生も脚が攣って、余裕はまったくなかったけれど、勝ちたい気持ちは伝わってきた。ロスタイムには祈るように眠らない街を歌って、試合終了! 前半の3点目を取っておいて良かったねえ…。

試合後、一度下がった吉本を呼び出して初シャーをさせ、インタビューから戻ってきたカボレにも、と思ったがまだ理解しておらず(苦笑)。誰か次の試合までに教えてあげてください。

相手方のことだが、養和から新潟加入の木暮がベンチ入りしていて嬉しかったです(ミーハー)。

羽生とエメのコールは、あれで決定なんでしょうか。どっちか変えたい…。サッカーのコールをバリボーに流用しているんだから、バリボーのコールを持って来てもいいんでないか? 字数が同じだから、伊東さんのコールで「はーにゅうなおたけ、はーにゅうなおたけ、おれたちのほこりー」とか。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

J1第1節 FC東京vs神戸 味の素スタジアム

快晴。トーチュウ特別版の配布には間に合わず。諸々お買いもの、だけどファンブックは地元の池袋の書店で買うのだ。池袋は東京都です! 赤い人達のお膝元じゃありません!
それはさておき、左SBに長友、今野・梶山・羽生・エメルソン・石川の中盤に、平山1トップ。立ち上がりをやり過ごして落ち着くと、中盤があちこち動いて楽しい楽しい。たとえ失敗しても、何をしようとしたのかわかる! ちゃんとチームが意思疎通できてる! …喜び方のレベルが低いが、昨年はほんとに一人ずつでプレーしてたからなあ。
羽生とエメの運動量が素晴らしく、いて欲しいところに顔を出してくれる人が複数いることは何とチームを楽にしてくれるものかと思う。しかし段々全体が前がかりになっていくので、ポーンと長いボールからカウンターを喰らうとヒヤヒヤもの。最後のところでモニフジと塩田が踏ん張る。モニフジの連携は、昨年より良くなっている気がする。てゆーか、モニがCapマーク巻いてるんですけど。見間違いかしらん。
前半終了近くに、蹴ると見せかけてエメが横に流し、羽生がDFとGKの間に浮玉のクロスを入れるトリッキーなFKから今野が先制。新加入の2人と、大黒柱様が絡んだ良いゴール。

ご機嫌な前半だったが、後半になって神戸が中盤を増やし、東京の運動量も落ちてくると、今度は守備に追われるようになってくる。こうなると、まだまだ経験値の足りない城福東京は編み目がほどけてきてしまって、一人ずつの適当なパスに戻ってきてしまった。後半すぐのCKで、ゴール前の混戦から失点。それでも、引き分けでも高揚感が残ったのは、後半途中から出てきたカボレがすごかったから。うわー、祐介以上の重戦車ドリブルだ。この先楽しみだねえ。
大竹も開幕デビューを果たした。昴太も早く来い! 一昨年のU-18で散々ワクワクさせてくれたコンビを、トップでも見たいよ。

目指している場所が雲の間にちらりと見えた。あそこに行こう。行くんだよ。きっと楽しい。行く道すがらも楽しいといいな。

試合後に飛田給で“新年会”。4時間飲んで、さらに明大前で3時間飲んで。忙しくも楽しい日々が始まるねえ。

バリボーのFC東京、優勝決定おめでとうございます! 行くぞ入替戦、行くぞVリーグ!

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

高校選手権3回戦 三鷹vs宮城工業 駒沢競技場

東京代表、しかも都立高校が3回戦進出ということで、スタンドはほぼ三鷹のホーム状態。あちこちで小規模同窓会になっている(笑)。
個々の技術では宮城工の方が少し上かなーと思うが、三鷹はとにかく動き出しが速い。守備も攻撃もかなり流動的で、組織としてよく訓練されているチーム。球際で粘ってボールを奪うと、迷わずカウンター。前へのパスは、結構“とりあえず蹴っとけ”的なんだが、前線の選手がよく走ってパスを受けて一気に攻めるので気持ちがいい。2トップの一角、小さい10番のFW白井が良いなあ。前半、FKから1点目がバタバタっと入ったのはラッキーだったが、2点目のプレス→カウンターはお見事だった。
宮城工は、スタンドの雰囲気にもちょっと呑まれてしまったかも。後半は、そこはもう少し追わなきゃという場面もあって、気持ちが切れてしまった感じがした。
posted by kul at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校選手権3回戦 広島皆実vs作陽 駒沢競技場

快晴微風。まったり観戦なのでメインスタンドの上に陣取る。
広島代表vs岡山代表の中国勢同士のカードで、プリンスリーグやら中国地区大会やらで今まで散々対戦しているんだろう。お互い手の内が知れていてものすごくやりにくそう。守備が堅くて決め手がない。緊迫はしているが興奮が少なくてジリジリ疲れる試合。
結局前後半スコアレスでPK戦となるが、先行皆実の1人目が決めるも後攻の作陽1人目は大きくフカしてしまい、その動揺から全員が抜け出せなかった感じ。皆実も2人目が外すが、作陽は3人連続でフカしてしまう。皆実4人目が決め、作陽2人を残してPK3-0で皆実が勝利。…PKの失敗って、伝染するよね。
posted by kul at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする