2006年04月10日

UCI パリ〜ルーベ

昨夜のパリ〜ルーベは、土煙をあげながらフレチャがガンガンアタックかけてたので個人的に大満足(笑)。しかし終了後にバタバタして、1位カンチェッラーラ、2位ホステ、3位ヴァンピーテヘム、4位グーゼフで終わったはずが、2〜4位の3人がラスト15km辺りの踏み切りを無理に横断したという理由で降格になったとのこと。

2006.04.10 (Mon)  パリ〜ルーベで2〜4位が失格(Mas Ciclismo 特ダネ)

この結果、繰り上がりでボーネンが2位、バッランが3位となった。今年のボーネンには、ツキもあるのかもしれない。先週のツール・ド・フランドルでは、空に虹のかかる中、マイヨ・アルカンシェルを着た彼が、自らホステとの一騎打ちを制した。ゴールに近づくまでにホステが逃げられなかった時点で勝負あったとも言えるが、その前に、アシストの助けを借りずにボーネン自身がホステのアタックについて行っているんだものね。今週も、先頭集団にチームメイトはいなかったし。
逆に今週のディスカバリーはツイてなかった…ホステ、グーゼフの失格はともかく、ヒンカピーのステムが外れた(ステアラーチューブが壊れたとのこと)のにはヒヤッとさせられた。怪我はなかったらしいが、ショックは大きいだろう。マシンへの恐怖感が残ったりしないものなのか。それにしても容赦ない石畳。

TdFだけ見ていた頃は、逃げの選手やクライマーにばかり興味が行ってましたが、J SPORTSが1dayレースの放送をするようになって、スプリンターの凄みがわかってきました。特に今年は結果のわからないLIVE中継だし! クラシックレースは楽しいね。
posted by kul at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

TdF 第10ステージ

休養日明けの山頂ゴール。ディスカバリ強し。というより豪腕さん強し。昨年はライバル勢が勝手にポロポロと脱落して不甲斐なかった訳ですが、今年も残りのステージでそうならないといいなあ…。
クールシュヴェルの上りで最後までランスについて行ったのは、マンセボではなくバルベルデ。CYCLE SPORTSのハンドブックで、平均的に力はあるが山岳が課題と紹介されていたけれど、山も上れるじゃないか。この優勝(初出場で初優勝)でマイヨ・ブランを獲得し、総合でも4位に浮上。先が楽しみですね。マイヨ・ジョーヌは再びランスの元へ。ラスムッセンも4位フィニッシュで総合2位、頑張るなあ。バッソもちぎれた割には最小限(?)のタイムロスでゴール。

マヨとベロキが遅れちゃったよー(泣)。
posted by kul at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

TdF 第9ステージ

今日からアルプス。明日は休養日。嬉しいことに、スタートから完全生中継。
開始数kmで小グループの逃げが決まり、さらにその中から山岳賞ジャージのラスムッセンが飛び出す。ラボバンクはチーム全体が波に乗ってる感じだ。マイヨ・ジョーヌを含む集団の後方で落車があったり、ウルリッヒがパンクしたりというアクシデントが続いて、前とのタイム差が開く。序盤にマイヨ・ジョーヌを着ていたザブリスキーがリタイヤ…。
ラスムッセンがどんどん飛ばし、後ろの小グループからは最終的にモローとフォイクトが残る。逃げる逃げるラスムッセン、1級山岳も1人で越えて、さらに後続とのタイム差を広げる。モローとフォイクトもいいペースなのに、まったく追いつかない。170km近くを1人で逃げて、最後まで少しでもタイム差をつけようとペダルを踏んで、ラスムッセンが優勝!いや、いいモン見た! 3分4秒遅れでモロー、フォイクト。これも紳士的で美しいゴール。6分4秒遅れでグループ・マイヨ・ジョーヌがゴール。途中コフィディスが集団を引いて(引くフリをして)いたのは、本当にフランス人のモローを助けるため(笑)? 最後の年こそ簡単にはランスを勝たせないぞ、という他チームの共通意識がなせる展開だろうか。これで、マイヨ・ジョーヌはフォイクトへ。総合争いが俄然面白くなってきた。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

TdF 第8ステージ

マンジャンが出走せず。顔面骨折していたとのこと。そう言えば、クラッシュ後起き上がった際に左目の下あたりを痛そうにしていた。昨日は集団からちぎれかけた彼を、監督の指示に逆らってチームメイトが引きに戻り、他チームも集団の速度を落としたそうだ(mas ciclismoより)。

帰ってTVを点けたらもう最後の2級山岳に入ったところで、ウェーニングが1人で逃げていた。それまでに色んなアタックがあって、ようやく逃げが決まった様子。追走集団には有力選手が集まっている。ヴィノクロフのアタックは潰されるが、同じくTモバイルのクレーデンは見逃がしてもらえる。山頂手前で追いついて、ウェーニングが不意を突かれた間に山岳1位通過をかっさらっていった。下りは2人で逃げ、ゴールの町に入ってから後続との差を開く。ゴール前のウェーニング、ここはまったく前へ出ずに様子見。直前でハナ差(0.0002秒!)かわしてウェーニングがステージ優勝! 写真判定でもほとんどわからなかったから、これはもう、審判団の気分の問題か(笑)。うーん、面白いぞ今年のツール!
posted by kul at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

TdF 第7ステージ

今日のコースは国境を越えてドイツでゴールするので、ドイツ人のウェーグマンが1人で逃げる。レースはここ3日ほど、ずっと天気がぐずついている様子。160kmを1人で逃げて、残り20数kmで捕まる。ゴール前数kmは道幅も広くカーブも緩い。上空からの映像で、集団の形が刻々と変わっていくのが面白い。残り1kmを切るまでほとんど画面にも映らなかったマキュアンが、あっという間に現れて、バクステッドをわずかにかわして優勝。いや、すごい! 忍者と言われるだけのことはある。

ツールがドイツに行くのは3年振りだそうで、観客が多かった。島国日本にいると、地続きで隣りの国があるというのは不思議な気がする。ドイツ〜オーストリアへ旅行に行ったときにいちばん印象に残ったのは、バスで普通に国境を越えたことでした(笑)。
明日から山岳〜。
posted by kul at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

TdF 第6ステージ

5人の逃げグループにキルシプーが加わっててちょっと吃驚。最後の4級山岳まで逃げて、後はバラバラに吸収されていくが、ゴール地ナンシーを地元とするマンジャンが残り10km、一人で逃げ続ける。タイム差はみるみる減っていく。2kmを切ってヴィノクロフとベルヌッチが飛び出し、残り1kmのゲート手前でほぼ追いつく。逃げ切るか、それとも3人での勝負かと思ったら…ゲート直後の右コーナーに先頭で飛び込んだマンジャンが転倒。後続集団も止まり切れずに同じ場所で次々落車する。マンジャンにぶつかりかけて危うく逃れたヴィノクロフを抜いて、ベルヌッチが勝利。ヴィノクロフも2位に入って、ランスとのタイム差を縮めた。Tモバイルはこの先どうするんですかね?
それにしても、ベテランが、地元での勝利を目前にまさかのクラッシュというのは…辛いなあ。
posted by kul at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月07日

TdF 第5ステージ

今日最初に飛び出したのはフレチャ。ちょっと雨降り。120km地点でカールストロム、ボドロギ、コメッソが追いついて4人で逃げる。でもどうも粘れそうにないなーと思っていたら、やっぱり残り10kmで捕まって、またゴールスプリント。3度目の正直で、今日はマキュアンがボーネンを抑えて完勝。第3ステージでは降格になってしまったこともあって、ガッツポーズにも力が入る。
posted by kul at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

TdF 第4ステージ

第4ステージはチームTT。ディスカバリーが前評判通りの強さだったが、ゴール目前で落車したザブリスキーの印象が強烈で、しんみりしてしまった。CSCとしてはあくまでもバッソがエース。現在ザブリスキーがマイヨ・ジョーヌを着ていても、切り捨てて置いて行くしかない…TTTは辛い競技だ。
これでマイヨ・ジョーヌは早くもランスに移動したが、TTTのゴールでの「やりおおせた…っ」というかのような表情を見ると、今年はきっと最後まで、一時的にでも手放す気はなさそうに思える。
posted by kul at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月05日

TdF 第3ステージ

第3ステージ、ゲストにFummy君が登場。序盤からデッケル、ポルタル、ベルトリアーティが逃げて逃げて、追いつかれてもデッケル、ポルタルはまだ粘る。残り3km切ってカンチェラーラのアタックをきっかけに集団へ吸収される。見てるとどうしても、逃げの選手を応援したくなるじゃないですか。惜しかった。ゴールスプリントはボーネンのコース取りが上手く、連勝。が、その後ろでオグレディに頭突きするマキュアンが面白すぎて、ガッツポーズを見ていられませんでした(笑)。山岳ジャージはデッケルへ移動。どーでもいいけど、デッケルの顔(スコット・グレン系?)も超好み(笑)。コース脇にヒマワリが咲いていると、ああツールだなーって気がしますね。
posted by kul at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月04日

TdF 第2ステージ

TdF第2ステージは、いきなり面白かった! ゴール地がブイグテレコムの地元だというので、トマ“萌えっくらー”ヴォクレールが逃げる4人の中にしっかり加わっていて、嬉しいったら。ハイ、自分はトマが映る度に「かわいー(はあと)」と呟いてしまうイタい人です。地元で絶対表彰台に乗りたかったのねー(<4級山岳1位通過で山岳賞ジャージを獲得)。逃げグループはゴール前6kmあたりで集団に捕まる。
平坦基調ではあるものの、細かいアップダウンやカーブが多く、ややテクニカルなコース設定。道幅もあまり広くない感じで、ゴール直前ではどのチームも明確なトレインは組めなかったように見えた。そのため、ダンゴ状態のスプリントとなる。マキュアンの仕掛けはやや早過ぎて、ボーネン、ハスホフトにもかわされてしまった。スプリンターって、あの短時間の肉弾戦の中でもちゃんとコース取りの戦略を立てているというのが凄い。

ところで、2chのTdFスレで教えてもらったすごいもの:Google Earth用各ステージコース図・KMZファイル(Harry Love)。こっちのBBSも。山岳第15ステージのエリアには、ちゃんと3Dデータが用意されている。こんな所を登って行っちゃうんだもんなあ。Google Earthでグリグリ動かすと楽しいです。
posted by kul at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

TdF 第1ステージ

味スタからモヤモヤしつつ帰宅。でも今日からツールが始まるのだ。
今年は最初の個人TTの距離が長めなので、プロローグではなく第1ステージ扱いとなっている。ウルリッヒは昨日(?)練習中に事故ったらしい。その影響か、初日からランスとのタイム差がついてしまった。いや、それにしても豪腕さん強いねえ(呆)。

結局シモーニは出てないのねー…。
posted by kul at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

TdFももうすぐ

クネゴ、ツール出場断念(CyclingTime.com)

あー、やっぱり無理でしたか。残念だけれど、まだ若いんだしね。
代わりにシモーニがランプレのエースとして出るそうで、ジロで不完全燃焼(?)だった鬱憤を晴らす活躍を期待。

ところで昨年のTdF中にクネゴと同じEBVに罹りリタイヤしたマヨ。ツール・ド・スイスでも調子はイマイチで…“物静かなクライマー”って好きなんだよー。復調を祈る。
ツール・ド・スイスを見ていると、今年はウルリッヒが珍しく(?)グッドシェイプな身体で走っているので驚きました(笑)。
posted by kul at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

ジロ放送終了とツール・ド・スイス

19ステージをシモーニの逆転なるか?と手に汗握って見ましたが、今年のサヴォルデッリは運もあったが冷静で強かったなと。登りでチームメイトのアシストはなかったんだものね。
最終ステージでは勝つべき人がちゃんと勝って、序盤には「チームに焦りがある」と言われつつも、終わってみればペタッキ4勝だしファッサはメンバー全員がゴールしたそうだし、やっぱり彼らも強かったじゃないかと。エースのゴールの後ろでアシストがガッツポーズしている図というのは、本当に格好良いです。
で、それらとは別に、自転車素人ミーハーとしては、ディルーカはいい男だなーと目をハートにしてみたり(笑)。リクイガスのジャージはきれいな色で好きだが、むしろプロツアーリーダーの白のジャージが似合っていた。今回4位に入ってポイントを伸ばしたから、またしばらくは着ているということですね、わーい(笑)。

これで自転車ニュースを見に行けるぞーと行ってみたら、クネゴが感染症でTdFに出られないかもというニュースが出ていて…それで今回は調子が上がらなかったのかなあ。速く治るといいが。

ジロの録画放送と同時に、深夜にはツール・ド・スイスの放送も始まっているが、まだビデオを見る暇がないのだ。

【追記】
すみません、今放送してるのは2004年のツール・ド・スイスでしたね。ビデオ見たらジャージのデザインが違うので「?」と思った(笑)。今年のは19日から放送開始です。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

ジロ放送にて

昨日のジロ第10ステージ放送で、栗村氏がミヤタ・スバルレーシングと湘南ベルマーレが提携関係にあるという話をしていた。今、いちばん多くサッカー以外のスポーツと関わりがあるのは湘南なのかな。最近のサカマガでは加藤望選手とソフトボールの安藤美佐子選手が対談していたし、チームとしても“総合スポーツクラブ”としての性格をアピールしていきたいのだろうか。
その他、栗村氏によると自転車プロチームのスポンサーフィーは、サッカークラブへのものよりずっと安いうえに広告効果は高い、とのこと。確かに欧州向けに営業するなら自転車はいい媒体かも。

第10ステージの実況・解説はSacha+栗村組でしたが、この組み合わせのボケ・ツッコミのバランスが好きだ(笑)。Sacha氏が「100円貯金」て言ってたが、昨年の放送を見ていないと通じないのではなかろうか。

放送が2週間遅れなので、ジロ関連のニュースはなるべく目に入れないように(入れても意識に止めないように)しながら生活しております。今日放送の第11ステージで、クネゴが大ブレーキ…しょぼーんな気分ですが、かっとびサヴォルデッリのダウンヒルは気持ち良かった。人間業とは思えん。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

弟9回 ツアー・オブ・ジャパン #6最終東京ステージ

日比谷シティ前でスタートだけ見て姉ヶ崎に行くつもりだったけれど、朝にジロのプロローグを見たところだし、せっかく生で見られるんだし、と気を変えて、そのままシャトルバスで大井埠頭へ移動。バックストレートのオーロラビジョン前で観戦してきた。風があって、選手は結構大変かも。
17周(?)の周回コースを3・4周したあたりで到着したのだったか。着く前に小規模な落車があったらしく、別府匠が集団に追いつこうと走っていった。田代(ブリヂストン・アンカー)を含む5人が逃げていて、集団の先頭はリーダージャージのカルデナスを擁するバロルワールドががっちりコントロール中。逃げグループにもう1・2人送り込みたいアンカーが、福島康司を始めとして何度か飛び出そうとするが、その都度潰される。ヨーロッパのチームから見ればアンカーの戦術は「余計なことするな」ってことになるんだろうが、見る側にとってはレースが動いて面白い。文句言わせないためには強くなるしかないね。
福島が加わっていないアタックは割と見逃してもらえるようで、終盤にさらに5人程飛び出して逃げグループに合流。清水(ブリヂストン・アンカー)、三船(ミヤタ・スバル)等。周回を重ねる間に、逃げグループから徐々に脱落していき、残り2周、4人まで人数が減ったところでとうとう集団に吸収される。
ラスト1周、ゴールは集団スプリント。ゴール前に集団前方で落車があってヒヤッとさせられたが、大きな怪我はなかったようでよかった。サンダーソン(オーストラリア・ナショナルチーム)がステージ優勝。宮澤(ブリジストン・アンカー)が3位、惜しい!

表彰式の後、日本ナショナルチームのお披露目があった。新しいジャージ、かっこいいなあ。福島康司選手は、話に聞くとおりの腰の低い天然さんでした。好きだわー(笑)。

天気の良い日の自転車レースは、晴れやかで良いですね。大井埠頭なんて辺鄙な所ではなく、大手町とか日比谷とか、都心の広い道路でいつか開催できるようになるといいなあ。

帰りに実況を見たら、サテは1-5で大勝したそうで。こっちも見たかったなあ。まったく身体が2つ3つ欲しい。
posted by kul at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月19日

第9回ツアー・オブ・ジャパン

15日からTOJも始まっている訳ですが、今年こそ東京ステージを見に行くかと思っていたものの、22日ってサテJEF戦@姉ヶ崎と重なるのか。キックオフに間に合うように移動しようとすると、スタートしか見られないなあ。どうするかな。
posted by kul at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

ジロ・デ・イタリア開幕直前

第88回ジロ・デ・イタリア 今年の見どころ(CyclingTime.com)

いよいよ明日からジロがスタート。JSPORTSでの放送は2週間後ですが。
今年はペタッキが何勝するのか。チッポ様は引退しちゃったんだよなあ…カーサグランデも…。若手ではバッソよりはクネゴ応援中(昨年、パンターニ・ショック直後のイタリア人若手選手の優勝だったので)だけど、今年はシモーニのアシストに努めるらしい? ちょっと残念。
posted by kul at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

自転車いろいろ

CyclingTime.comより。

アームストロング、2005ツールを最後に引退」とのこと。
シュー兄についてもそうなんだけど、強すぎる人が引退する前に、誰かにその人を破っておいてほしい。それがそのスポーツの将来のためだと思う。豪腕さんには今年TdF 7連覇がかかってますが、最後までディスカバリが脅かされて苦しんで、結果としての7連覇なら良し。去年みたいにライバルがポロポロと自滅脱落していくような展開にはならないことを祈ってます。

だけど、早速「ハミルトンにドーピング陽性判決。2年間の出場停止処分へ」なんてニュースが出てるよ(泣)。事実上の引退ですかい…。

引退したG.レモンはお元気のようで嬉しいです。さすがに丸くなってるけど(笑)。

Fumy君(別府選手)の日記のおかげで、最近結構ディスカバリも好きになってきました。我ながら単純です。
posted by kul at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする