2017年02月23日

T1第2節 FCトリプレッタユースvsFC東京U-18B 駒沢第二競技場

この間新人戦で当たったばかりのトリプと早速の対戦。

FCトリプレッタユース [ 7 - 0 ] FC東京U-18

【FCトリプレッタユース】=============================
−−−−−−26森−−−−−−−
14宇田川−−07川野−−−17谷本
−−−−10根本−05岩崎−−−−
12松本−23茅島−02榎戸−04進藤
−−−−−−01島田−−−−−−


【FC東京U-18B】=============================
−−−−32今村−13吉田−−−−
39芳賀−−−−−−−−−17横山
−−−−22杉山−14沼田−−−−
35鈴木−34草住−36高橋−28天野
−−−−−−21大本−−−−−−


むさしの3年生・沼田がT1初スタメン。むさしからのT1出場は初めてかな?


01分、早速トリプレッタの右CK。07川野が蹴ったボールはGK大本が飛び出してしっかりキャッチ。

10分、相手スローインをカットして右から14沼田(?)がロングフィード。13吉田が抜け出すがGK島田がキャッチ。

11分、東京のカウンター、中盤22杉山から左でフリーの35鈴木へ。鈴木の縦パスを受けて32今村が中へ切り込みシュートを打つがDFがコースをふさいでブロック。

12分、13吉田がドリブルで持ち上がってクロスを上げる。ファーサイドの32今村がボレーで折り返したところに22杉山が中央へ走り込んでシュートを打つ。しかし左ポストに当たりGK島田がキャッチ。

14分、ゴール前左でつなぐがシュートに行けず、中央後方へ戻したボールを22杉山がもう一度左へ送る。35鈴木が受けてシュートが決まり先制。【0-1】

昨年の怪我から復帰のトモヤが調子を上げてきた。守備でもプレスがかかっても落ち着いてボールをつなぐ。
この後しばらくは中盤での奪い合いが続き、互いにゴール前まで行けない。初出場の14沼田も遜色のないプレー振り、球際が激しいわけではないが身体を上手く入れてマイボールにできる。持ち味のパスも良い。
東京は左サイドの芳賀が中寄りでプレーして3トップ気味になることが多い。

27分、右で13吉田からの縦パスに14沼田が抜け出し、DFと競り合って右CKに。17横山のボールにファーからニアへ走り込んだ14沼田がヘッドで合わせるが枠を切る。

31分、13吉田が右→中へドリブルして左の35鈴木へ、鈴木から左外の22杉山へつなぎ、杉山が抜け出しシュートを打つがDFがブロック。ゴール前でごちゃごちゃっとしたところを13吉田が押し込むがオフサイド。

32分、左遠めから05岩崎のFK。GK大本が飛び出すが混戦でさわれず、こぼれたボールをひろって右から26森がシュート。枠上へ行くが、その前にファールで東京ボールに。

35分、34草住がプレスをかわして縦にパス。13吉田がワンタッチで左の32今村へ送り、そのまま前へ並走。今村のスルーパスに吉田が抜け出してクロスを入れるがGK島田がキャッチ。

40分、28天野が前へ運び、パスを受けた17横山が奥までえぐってクロスを入れる。ゴール正面の32今村がボレーで合わせるがわずかに枠を切る。

43分、左外の32今村からパスを受け、39芳賀が左から中へ切り込みミドルシュート。GKの頭上を越えて突き刺さるゴラッソが決まる。【0-2】

45分、バイタルエリアでつないで左からのクロス、中央で17谷本が受けて反転シュートを打つが枠上。

45+1分、右サイド深い位置で28天野がDFと1対1から無理やりクロスを上げる。山なりのボールがニアに落ちたところを39芳賀がシュート、枠を切る。

前半2点リードで折り返し。

-----
後半。
トリプレッタの交代、07川野→11船越、26森→08濱田。船越は、深川で阿部巧たちと同期だった船越啓太の弟らしい。
−−−−−−08濱田−−−−−−
11船越−−−10根本−−−17谷本
−−−−05岩崎−14宇田川−−−
12松本−23茅島−02榎戸−04進藤
−−−−−−01島田−−−−−−


47分、12松本がドリブルで持ち上がって縦にパス。08濱田が抜け出すが、35鈴木が逆サイドから中へしぼってクリア。04進藤の左CKはファーでクリア。

51分、13吉田の抜け出しを倒して02榎戸にイエローカード。正面右でのFKを、17横山がタイミングをずらして前へ蹴る。39芳賀が頭で合わせて本日2点目を決める。【0-3】

54分、自陣でトリプレッタの右スローインを奪って39芳賀がドリブルで前へ。右前へ大きくサイドチェンジ。32今村が抜け出して受けると、DF2人のマークを振り切って中へ切り込みシュート。【0-4】

59分、11船越のドリブルから04進藤の左CK。正面後方でクリア。

60分、35鈴木が左から切り込み中へパス。中央で32今村が受け、切り返してシュートを打つがDFがブロックして右CKに。
その前に東京の交代、22杉山→20品田。39芳賀→45佳史扶。
入ったばかりの品田が蹴ったボールをファーで競り合って、落としたところを34草住がシュート。DFに当たって左CKに。品田のゴールへ向かう軌道のボールはGK島田がキャッチ。

69分、自陣で取り返したボールをセンターサークル手前で32今村が受け、少し運んで前の13吉田へパス。吉田が中央から右へ抜け出し、飛び出したGKと1対1を決める。【0-5】

71分、東京の交代、14沼田→44金誠敏(キム・ソンミン)。
トリプレッタの交代、17谷本→24。05岩崎→25。

74分、32今村が中央をドリブルで持ち上がりミドルシュート。右ポストに当たって跳ね返ったところに13吉田が詰めてゴール。【0-6】

74分、東京の交代、17横山→43岡。

75分、32今村のシュートが枠上に行ったところで、32今村→40宮田。深川の岡・宮田もT1初出場、で、最終的にはこんな布陣に。
−−−−40宮田−13吉田−−−−
45佳史扶−−−−−−−−−44金
−−−−−43岡−20品田−−−−
35鈴木−34草住−36高橋−28天野
−−−−−−21大本−−−−−−


78分、13吉田が右から切り込みシュート。GK島田がキャッチしきれず20品田の右CKに。ファーで競り合ってこぼれたボールを45佳史扶がひろい、右へドリブルして品田へ戻す。品田から中へつなごうとするがこれはDFがカット。

80分、左スローインから中へ切り込むところを倒して04進藤のFK。ニアで受けたところを東京DFがクリア。

83分、アーリークロスに左で40宮田が抜け出すが、DFがブロックして20品田の左CK。ファーで折り返したボールに宮田が頭で合わせるが、GK島田がかき出す。

87分、DFからのバックパスを40宮田が追って、GKのキックミスを誘う。クリアが小さくなったところを中央で13吉田がカットして、前に出ているGKの位置を確かめてグラウンダーのミドルシュート。これが決まって吉田はハットトリック。【0-7】

88分、トリプレッタの交代、23茅島→13坂東。
−−−−−08濱田−−−−−
11船越−−−10根本−−−24
−−−13坂東−14宇田川−−
12松本−25−02榎戸−04進藤
−−−−−01島田−−−−−


89分、東京DFがパスカットするがこぼれを08濱田がひろい、正面右から切り込んでシュート。GK大本がキャッチ。

このまま試合終了。

-----
前半から吉田・今村が裏を狙って行き、後半はトリプレッタが前がかりでDFラインが高くなったため、さらにカウンターで得点を重ねることになった。吉田・今村はそれぞれに「ストライカー」なので以前は意思疎通できてる?と思う場面も多かったが、試合を重ねる中で次第に互いの動き方がわかってきた感じがする。

時間限定で慎重に復帰させているらしい品田。セットプレーで蹴るボールの軌道がつくづく良い。完全復活が待たれる。
一方で、横山のセットプレーは蹴る前のDFとの駆け引きを含めた上での良いボール。クイックやフェイントでタイミングをずらしてみたり、意表をついたコースだったり、面白い。

GKからの指示内容の良し悪しはよくわからないけれど、大本のコーチングは「聞き取りやすい」のと「内容がはっきりしている」という2つの意味でわかりやすい。つまり味方を動かしやすい。状況判断と同時に、声質と滑舌が良いこともGKの資質の一つだと思う。GKは発声練習もやればいいのに、と思うんだよね。

-----
本日の副審は高橋海人、どうもありがとう。
木曜日18時のキックオフは社会人には厳しい〜と思っていたが、HTあたりからどんどん風が強くなって気温も下がり始めたので、この時間で良かったかも。昼間はずいぶん暖かかったのだが、まだまだ夜は寒いです。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

T1 第1節 FC東京U-18Bvs実践学園高校 小平グランド

プレミアに先駆けて、Tリーグが開幕です。Bチームとしてスタートするメンバーが、ここからどうAチームへ食い込んでいくか。また、新1年生逹がいつ公式戦への出場機会を掴むか。今年も楽しみなT1です。

FC東京U-18B [ 2 - 2 ] 実践学園高校

【FC東京U-18】=============================
−−−−32今村−13吉田−−−−
39芳賀−−−−−−−−−17横山
−−−−37寺山−22杉山−−−−
34草住−38中谷−36高橋−19吹野
−−−−−−21大本−−−−−−


【実践学園高校】=============================
−−−09−−07前原−−
−−−−08村上−−−−
12−−−06−11−−−02
−−04−−05−−03−−
−−−−−17−−−−−


並びはこんな感じか?


立ち上がり、まずは13吉田、17横山が右から切り込んでシュートを打って行くが、枠上とGKのキャッチ。その後は前でパスがつながらず、実践のカウンターに苦しむ。

04分、実践02が右サイドをドリブルで駆け上がりクロスを入れる。ゴール前に走り込んだ09がボレーで合わせるが枠上。

10分、02のドリブルから実践の右CK。12がショートコーナーのリターンを受けて入れたクロスを、GK大本が飛び出して片手ではじく。相手ファールでゴールキックに。

12分、08から浮き球の縦パスに09が抜け出すところを19吹野が中へしぼってカバー。クリアを08がひろってミドルシュートを狙うがすぐ前でDFがブロック。左に飛んだこぼれ球に06が走り込みそのまま抜け出すが、17横山がカバーに入り08の左CKに。ニアで03が受けたところを横山がクリア。

16分、中盤でパスを受けた07が縦にドリブル、左から中へのパスをDFがカットするがこぼれを自分でひろい、ワンツーのパスを受けて右へ。大外から抜け出した02へパスを送る。右で1対1となるが、シュートはGK大本が足でブロック。セカンドボールはDFがクリア。

中盤から前でボールを運ぼう、運んでからつなごうとしてはカットされカウンターを受ける場面が続く。セカンドボールもなかなかひろえない。守備に意識が行くため、なかなかボランチが前へ出ていけない。一方、実践はボランチがスペースでパスを受け、サイドからのクロスやパスに対して前へ飛び出す動きが目立つ。

27分、右でつないで17横山からのパスを37寺山が受け、PAへ切り込んでシュート。GKがさわって枠を切り、左CKに。32今村が蹴ったボールにはDFがさわり、17横山の右CKに。GKが飛び出すがさわれず、ゴール正面に落ちたボールはDFがクリア。

29分、02のドリブルからのクロスを並走した34草住がブロックして、12の右CK。ファーからニアへ走り込む手前でクリアしたボールをひろわれてもう一度12が受け、右から切り込むところをカットしてこぼれたボールをクリア。

35分、37寺山から大きくサイドチェンジのロングフィードを右前のスペースへ。19吹野が駆け上がって受け、ドリブルで切り込むところをDFがクリアして右CK。17横山のボールにファーで36高橋が頭で合わせるが、下へ叩きつけて枠外。

36分、32今村のドリブルから17横山の右CK。ニアでクリアされたボールをひろって横山が切り込みクロスかシュートか。枠上へ。

38分、左スローインからのパスをカットしてクリアしようとするが、やや蹴り損ねて中盤で相手に渡る。縦パスを左から走り込んだ07が受け、中へ切り込みミドルシュート。GK大本がキャッチ。

佐藤監督からは何度も「幅あるよ! 幅(を使え)!」の声。

41分、自陣に引いて38中谷からパスを受けた39芳賀が後ろに戻したボールがずれ、07が追うがGK大本が左へ出てクリア。これに走り込んだ11(?)が中盤からダイレクトでクロスを入れ、無人のゴールへファーから09が走り込む。大本が急いで戻り、09のマークについた36高橋が身体を入れ替えて頭でクリア。こぼれたボールに逆サイドから07が走り込みシュートを打つが、大本が倒れながらキャッチ。

42分、左で39芳賀→22杉山→32今村→杉山とパスをつなぎ、杉山がドリブルで抜け出し、DFを1人2人とかわしつつ中へ切り込んでシュート。しかしポストに当たりクリアされる。惜しい!

0-0で後半へ。

-----
後半。
実践の交代があったようだが見てなかった。

東京があまり持ちすぎずに早めにボールを動かすようになり、裏を狙うパスも増える。

49分、右スローインから32今村がドリブルで切り込み、クロスはDFがブロックして17横山の右CKに。ニアに13吉田が走り込み頭で合わせるが惜しくも枠上。

51分、GK大本のクリアを左で12がカットしてボールを前へ送ると、07がドリブルで持ち込みシュート。DFがブロックして06の左CK。セカンドボールをファーでつながれ12の右CK。セカンドボールをカットして東京のカウンター。左から17横山がドリブルで持ち上がり、中へ切り込んで右へパス。13吉田が受けて19吹野に戻し、吹野から中央の37寺山へ。寺山がダイレクトで縦に出したパスに32今村が抜け出し、ゴール左からシュートを狙うが05が足元に滑り込んでカット。

60分、右スローインを受けて17横山が抜け出しシュート性のクロスを入れるが、走り込んだ13吉田には合わず。

61分、正面遠めからのFK、17横山がフェイントを入れて右へパスを出すと、これを受けて22杉山がドリブルでマークをはずしてゴール前へパスを送る。DFがクリアしたボールを横山がひろい、再び杉山へパス。杉山が右からDFをかわして切り込みシュートを打つが、またもファーポスト。跳ね返りに34草住が走り込みシュートを打つがDFがブロック。左スローインを13吉田が落とし、39芳賀が受けて切り込むがDFがクリア。セカンドボールを後方で草住(?)がひろってミドルシュートを打つが枠上へ。

62分、東京の交代、22杉山→29篠原。篠原がCBに入り、38中谷がボランチに移動。

63分、サイドチェンジのロングフィードを17横山が追って、DFをかわして抜け出し中へ折り返す。ニアで13吉田がつぶれ、中央に39芳賀がDFと競りつつ走り込むがわずかに合わず。セカンドボールをファーで32今村が追って、大外から中へ切り込みミドルシュートを打つがGKがさわって外へ。17横山の右CKは中央でDFがクリアして、セカンドボールをひろって後方から縦に送った浮き球のパスはGKがキャッチ。

67分、相手ゴールキックの跳ね返しを頭でつないで39芳賀から前へ送ったボールに13吉田が走るが、DFが頭で後ろに戻してGKがキャッチ。

68分、右スローインからつなぐところを38中谷が倒して右遠めからFK。12がファーへ蹴ったボールに外から走り込み頭で合わせるが枠外。実践の遠めからのセットプレーは要注意なんだってばー、とヤキモキする観客達。

70分、左スローインから相手陣内に押し込んでの相手クリアが至近距離で腹に入り、34草住が倒れて少し中断。そのまま外へ。35鈴木が交代の準備を始める。

72分、一人少ないまま再開したところでゴールキックから左サイドを08(?)が突破。折り返したボールにニアで09(?)が走り込みシュート。GK大本がブロックするが、07が押し込み失点。【0-1】

74分、自陣からクリアボールを受けて17横山が右サイドを持ち上がり、中へ切り込んで左の39芳賀へパス。芳賀からのリターンを受けた横山が縦に送ったボールに32今村が抜け出し、ゴール左から角度のないシュート。GKの手をはじいてゴールへ。失点後すぐに試合を振り出しに戻す。【1-1】

ここで東京の交代、34草住→35鈴木。39芳賀→28天野。左サイドを2枚替え。

76分、東京の交代、13吉田→25原。左CK、右スローインからクロスが入るが何とかクリア。

82分、相手スローインをカットして左から中へつなぎ、サイドチェンジ。19吹野が受け、マークを振り切って前へ抜け出しマイナスのパス。正面で待つ32今村がダイレクトでシュートを決めて逆転!【2-1】

85分、実践の交代、07→16.

86分、右スローインが相手に渡り後ろでつなぐところを28天野が右でカットして前へドリブル。左へ出したパスに35鈴木が走り込み、ドリブルで抜け出してシュートを打つがDFがブロック。セカンドボールを左でつなぐがクリアされる。

87分、GKからのボールを相手陣内で38中谷がカット。中央で25原が受けて右へ出したパスに17横山が走り込み、シュートを打つが枠外。DFと絡んで少し足が攣る。
実践の交代、12→14(?)。

90分、実践の交代、09→19。

90+1分、ファールがあり右遠めから15のFK。クリアしたセカンドボールをひろって後方からクロスが入るがこれもクリア。

90+2分、右スローインからのクロスをニアでクリア。しかしこれが小さく、15がひろって右前へパスを送ると、14が受けて中へ折り返す。08のシュートが決まり、土壇場で追いつかれる。【2-2】

90+3分、32今村のドリブルから17横山の左CK。ファーで37寺山が頭で合わせるが枠上。

90+4分、実践の交代、06→23。

90+6分、28天野がドリブルで切り込むところをファールで止めて14にイエローカード。

長めのATだったが再逆転はできず、引き分けで試合終了。

-----
杉山の惜しいシュートもあったのでちょっともったいない感じではあるが、実践の粘りは良い手本となったか。
まだU-18での試合経験の少ない選手もいるので、終盤の佐藤監督からは「落ち着いて状況考えて」と声が飛んでいた。一試合ずつ無駄にせずに、今のうちに経験値を上げて行ってほしい。

-----
17横山がいよいよ本気出してきたのが楽しみ(いつまでも昼寝の人ではなかった)。技術もあるが強引なドリブル突破も併せ持つのが魅力。サイドかボランチ、セットプレーのキッカーも。

-----
この時期恒例(?)、本日の副審は半谷、4審は伊藤でした。どうもありがとう。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

東京都クラブユースU-17選手権 決勝リーグ第2節 FC東京U-18vsFCトリプレッタユース 小平グランド

昨日はユース観戦仲間の結婚式でした。おめでとうございます。
何とか目が覚めて、試合前に花小金井の『R』で女子会ランチ。ごちそうさまでした。


FC東京U-18 [ 6 - 0 ] FCトリプレッタユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−−25原−−41久保−−−−−
24荒川−−−−−−−−−−15小林幹
−−−−12小林真−−42平川−−−−
02坂口−23長谷川光−29篠原−27岡庭
−−−−−−−−16高瀬−−−−−−


東京で流行しているインフルエンザの影響はU-18にもあるようで、今節は今村がベンチ外に。

【FCトリプレッタユース】=============================
−−−−−−28森−−−−−−−
11船越−−08濱田−−09ウルヴェ
−−−−10谷本−05岩崎−−−−
19大場−12松本−02榎戸−04進藤
−−−−−−01島田−−−−−−


右SB27岡庭と対角の04進藤がトリプのキャプテンマーク。02榎戸龍平はむさしOB榎戸皓平(2010年度卒業、現・東海大)の弟くん。


前節には久しぶりにスロースターターな面が出てしまったので、今日は立ち上がりしっかりと!と指示を受けて試合に入ったらしい。
トリプレッタのキックオフからボールを奪い、相手陣内中央で41久保がパスを受け少し運んで意表を突くミドルループ。何と開始30秒で先制ゴールが決まる。【1-0】

07分、自陣の15小林幹から大きくサイドチェンジのロングフィード。左で41久保が走り、ファーサイドへ送ったクロスはDFがクリア。27岡庭の右CKにファーで02坂口(?)がヘッドで合わせるが枠には行かずGKがキャッチ。

15小林幹が内寄りの位置を取ってボールをさばく。トリプレッタの両サイドも内寄りで、両チームのSBがどれだけ前に出て行けるか、という感じ。

09分、左からのパスを中央で受けて15小林幹がミドルシュートを打つが枠外。

13分、左から41久保(?)の低いクロスをゴール前で15小林幹がDFを背負ってトラップ。右後方へ落としたボールに42平川がシュートを打つが枠上。

14分、右サイドを04進藤が駆け上がりクロスを入れるが、中央で東京DFがクリア。

19分、自陣で27岡庭と15小林幹がはさんでボールを奪い、岡庭からの縦パスに25原が走る。エンドライン際でDFをかわして切り込むがブロックされ(?)、このボールを後方で12小林真が受けてシュート。GKがさわって枠を切る。41久保の左CKはゴール前のファールでゴールキックに。

21分、中盤からゴール前でパスをつなぐ中、中央右で42平川が受けてすぐに縦パスを送る。27岡庭が走り込むがDFがクリア。岡庭の右CKに中央で待ち構える25原がドンピシャで合わせるがGKの正面。

27分、中央左遠めからトリプレッタのFK、10谷本の良いクロスが入るがクリア。セカンドボールを42平川が受けると左前へ大きくロングフィードを蹴る。24荒川が受けて、外の02坂口へ、坂口からファーにクロス。12小林真の頭上を越すが、その外へ走り込んだ27岡庭が角度のない位置からシュートを打つ。GKがキャッチ。

30分、右からのパスをニアで受けて08濱田がシュートを打つが枠外。

34分、41久保が右から切り込み、逆サイドでフリーの02坂口へパス。坂口が少し前へ運んで入れたクロスに、ゴール前の15小林幹が頭で合わせるが枠を切る。

時々大きなサイドチェンジはあるが、近くへ、隣りへという感じにつなぐパスが多く、ベンチの佐藤監督からは「スピード感、スピード感!」との声。

39分、中央左でルーズボールを42平川が奪い、右へパス。27岡庭がフリーで受けてドリブルから低いクロスを入れるがDFがクリア。岡庭の右CKに中央で29篠原が頭で合わせるが枠外。

40分、ロングフィードに25原が走り、DFと競りつつ右からアーリークロスを上げる。逆サイドで24荒川が受けてミドルシュートが決まり追加点。【2-0】

42分、27岡庭のアーリークロスにファーで25原が合わせるが、首を振りすぎてしまい枠外。その直後、ゴールキックを取り返してロングフィードを左前へ。02坂口がトラップして中へ切り込むと、目の覚めるようなミドルシュートを決める。GKから左へ巻いて逃げていく軌道のゴラッソ!【3-0】

46分、29篠原から12小林真へ、小林真から右前の41久保へパス。受けるところに飛び込んだDFをひょいとかわして久保が前へドリブル、縦に出したパスに42平川が走るがDFがクリア。27岡庭の右ショートCKからのクロスをファーで受けて、シュートまでつなげるが枠上。

開始早々と残り5分からのゴールで3点奪い、後半へ。

-----
後半。
トリプレッタの交代、09ウルヴェ→07川野。19大場→20。08濱田→13坂東。
−−−−−−28森−−−−−−−
11船越−−−13坂東−−−07川野
−−−−10谷本−05岩崎−−−−
12松本−20−−−02榎戸−04進藤
−−−−−−01島田−−−−−−


46分、またまた開始早々。トリプレッタゴール前でやや強引にボールを奪うと、縦パスに41久保が中央左から抜け出してニアのDF・GKを越すループシュートを決める。【4-0】

後半の東京はメンバー交代はないが配置を変更。
−−−−−41久保−−25原−−−−−
15小林幹−−−−−−−−−12小林真
−−−−−24荒川−42平川−−−−−
23長谷川光−02坂口−29篠原−27岡庭
−−−−−−−−16高瀬−−−−−−


48分、12小林真へのファールがあり、ゴール正面やや右からのFK。41久保の得意の位置、と思う意表を突いてクイックリスタート、壁の右外で待つ25原にパス。フリーの原が抜け出して流し込む。【5-0】

52分、またもゴール正面で12小林真へファールがあり、05岩崎にイエローカードが出る。FKは27岡庭が蹴るが枠上へ。

54分、今度は右コーナー近くで12小林真が倒されてFK。
その前に東京の交代、12小林真→17横山。
27岡庭がやや低めに蹴ったボールに、中央からニアへ走った29篠原がピンポイントで合わせるが、ヘディングシュートはわずかに枠上へ。

57分、ロングフィードから04進藤の左CK。GK高瀬がはじき、前へ出て自分でキャッチ。

60分、中盤でパスを受けて41久保がドリブル、DFと競りつつ前へ進み、右へパス。25原がフリーで受けてシュートを打つが枠上。

62分、中央左で07川野がパスを受けて中へ切り込みシュートを打つが東京DFがブロック。セカンドボールを右で04進藤がひろいミドルシュート、バーに当たりバウンドしたボールに反応したところでオフサイドの笛。

65分、23長谷川光と15小林幹がつなごうとするところを13坂東がボールを奪い、一気に中へ切り込みミドルシュート。GK高瀬が片手ではじく。

68分、東京の交代、25原→13吉田。42平川→38中谷。23長谷川光→36高橋。高橋がCBに入り、02坂口が左SBに戻る。

70分、サイドチェンジを27岡庭が前で受け、後ろに戻して15小林幹から中央の41久保へパス。久保から24荒川への縦パスをゴール左でDFがカットして、GKへ戻すところに13吉田が走り込みシュート。ストライカー!【6-0】

75分、東京の交代。24荒川→37寺山。41久保→19吹野。

77分、トリプレッタの交代。10谷本→14宇田川。
ファールがありゴール正面左で07川野のFK。壁の左下を抜けるがGK高瀬がキャッチ。

79分、右から07川野が切り込みシュートを打つが東京DFがブロック。04進藤の左CKはファーに流れる。

81分、トリプレッタの交代。05岩崎→17。
東京の交代、02坂口→35鈴木。15小林幹→39芳賀。27岡庭→34草住。

83分、トリプレッタの交代、02榎戸→24。12松本→06。
−−−−−−28森−−−−−−−
11船越−−−13坂東−−−07川野
−−−−−17−14宇田川−−−−
06−−−20−−−24−−−04進藤
−−−−−−01島田−−−−−−


85分、PA左に切り込んだ17横山が接触で右足首を痛め、一時中断。プレーに戻るがやはり痛くて自ら外へ。治療スタッフからバツが出るが、交代枠(新人戦は9人)は使い切っているので、そのまま10人で試合続行。

88分、左サイドからのパスをニアで受けて07川野がシュート。GK高瀬が片手ではじく。
CKの前にトリプレッタの交代、11船越→25。04進藤→23。
左CKはファーに流れてエンドラインを切る。

そのまま試合終了。

-----
ということで、前・後半ともに久保の秒殺ゴールもあり、6-0で勝利。今日は完封できたことも良かった。前半の篠原・長谷川光のCBコンビは、ハイボールはほぼ全勝。たまに、アレ〜?というかわされ方をしたりすることがあるので、経験値を上げていってほしい。

何か、普通に大体いつもすごいので、久保や平川についてはわざわざ書かなくてもいいかという気になってしまうのだが、後半左サイドの奥で平川がヒールでボールを蹴り上げてDFをかわして切り込んでいったことはメモっておかねば。公式戦であんなことする選手がここにもいるんですよ。楽しい。

好調だったので横山の怪我は残念。試合後にテーピングしてたけどどの程度だろう。そして、横山が痛んでいるときにプレーを切るように声をかけて水ボトルを持ってきてくれたトリプGK島田君はいいヤツだ。どうもありがとう。

トリプ07川野、13坂東、思い切りのよい高機動ドリブラーで気になる選手だ。T1でまた見るのが楽しみです。

posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

東京都クラブユースU-17選手権 決勝リーグ第1節 FC東京U-18vs杉並FCユース 小平グランド

いよいよ新チームの公式戦が始まります。快晴の小平、新人戦なのに大勢の観客。昨年の好成績やU-23での活躍から、U-18の試合へ継続して足を運ぶようになった人も増えたように思われる。周囲の期待をうまく力に変えて、今年も頑張ってほしい。

FC東京U-18 [ 7 - 0 ] 杉並FCユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−−25原−−41久保−−−−−
24荒川−−−−−−−−−−−19吹野
−−−−12小林真−−42平川−−−−
02坂口−23長谷川光−29篠原−27岡庭
−−−−−−−−16高瀬−−−−−−


キャプテンマークは12月から引き続き岡庭が腕に巻く。小林幹はインフルエンザから復帰したばかり、品田は腰の治療でそれぞれベンチ外。

【杉並FCユース】=============================
−−−10−−−
16−−21−−13
−−08−18−−
06−03−05−02
−−−51−−−



前半立ち上がりは手探りな感じで、パスも緩め。縦にパスを通そうとしてカットされる場面も多い。味方同士で動き出しのタイミングを計りかねている。
杉並FCはまずは守備を固めて、ボールを奪うとロングフィードで前線を走らせる。東京の選手が中央で勝負したい気持ちが強いので、相手陣内、特にPA幅は渋滞気味。
27岡庭も中に寄ってミドルシュートを打つこと2回。枠をそれた後はアーリークロスばかり狙っていた(本日の課題だったのか?)。

09分、41久保の左CK。ファーに送るが、味方は全員ファーから中へ走り込む。まだまだ狙いが一致してない。

13分、左でつないで中へパスを送るがニアには合わず。流れたボールを中央で19吹野がひろい、右へ持ち出してシュートを打つ。GKがさわって左ポストに当たり、跳ね返りに吹野が詰めるがこれもGKがはじく。
右CKのキッカーは27岡庭。ファーにこぼれたボールに25原が詰めて先制。【1-0】

16分、19吹野のドリブルから右CK。27岡庭がショートCKのリターンを受けてクロスを上げる。ファーで23長谷川光(?)が頭で合わせるが枠外。

17分、27岡庭のアーリークロスに中央左から12小林真が走り込みシュートを打つが、GKがキャッチ。

28分、自陣左でボールを持った24荒川へプレスがかかったところで12小林真が取り返し、右へ展開。27岡庭がフリーでパスを受け、アーリークロス。25原が飛び込むがわずかに合わず。

30分、ここまで攻め上がりはやや左偏重だったが、右を19吹野がえぐってグラウンダーの折り返し。DFがクリア。

33分、左CKも27岡庭。ショートCKを41久保が受けてシュートを打つが、GKがキャッチ。

35分、右で27岡庭から縦パスを受け、41久保が中へ切り込みシュート。GKのニアサイドを抜き、追加点。【2-0】

自陣からのビルドアップが遅く、ベンチの佐藤監督からは「(相手が)戻る時間作ってるんだってー」と声がかかる。

45分、杉並FCのロングフィードからカウンター。左から16が抜け出すのを29篠原が押して倒し、FKに。GK高瀬がキャッチ。

-----
後半。
東京の交代、25原→32今村。19吹野→17横山。ポジションはそのまま。

46分、右サイドに入った17横山の動き出しに合わせて27岡庭が縦パス。横山が追いついてゴール前へ折り返したボールに32今村が合わせるが枠上。

51分、ハイボールの競り合いで23長谷川光がファールを取られFK。右へ出たパスを受けて右SB02が一気にオーバーラップ、クロスを入れるがニアには合わず。この場面のDF陣、ゆるかった。
直後の東京の攻撃。右で42平川(?)から縦に出たパスに17横山が抜け出してマイナスのクロスを上げる。ファーサイドにフリーで待ち構えた32今村がボレーシュートを決める。【3-0】

53分、27岡庭のアーリークロスがファーの41久保へ、と思ったら後ろから走り込んだ02坂口がアウトサイドで合わせるボレーシュート。枠を切る。

55分、17横山がDFと競りつつドリブルでPA内へ、中へパスを送るがDFがクリア。これをひろった41久保がゴール前を横切るように左へドリブル。ややコントロールを失って流れたボールを中央左から24荒川がシュート。【4-0】

57分、42平川(?)から縦に浮き球のパス。17横山がトラップ即シュートを打つがGKが片足でブロック。

58分、東京の交代、12小林真→13吉田。
−−−−−32今村−−13吉田−−−−−
41久保−−−−−−−−−−−17横山
−−−−−24荒川−−42平川−−−−
02坂口−23長谷川光−29篠原−27岡庭
−−−−−−−−16高瀬−−−−−−


66分、杉並FCの交代、18→04。

69分、東京の交代、41久保→37寺山。42平川→38中谷。29篠原→36高橋。
−−−−−32今村−−13吉田−−−−−
24荒川−−−−−−−−−−−17横山
−−−−−37寺山−−38中谷−−−−
02坂口−23長谷川光−36高橋−27岡庭
−−−−−−−−16高瀬−−−−−−


69分、左サイドに戻った24荒川のクロスをゴール前で13吉田が受け、素早くシュート。ここから吉田が大爆発。【5-0】

71分、27岡庭からパスを受け13吉田が右から抜け出しを図るが、DFに囲まれる。が、囲みをゴリゴリ振り切ってシュート。【6-0】

73分、東京の交代、24荒川→39芳賀。02坂口→35鈴木。ポジションはそのまま。

76分、13吉田がドリブルで競り合って右CK。17横山が蹴ったボールは中央でクリア。

77分、17横山からのロングフィードに32今村が右で追いつき、少しタメて中へパス。中央で39芳賀がダイレクトで合わせるが枠上へ。

79分、17横山のドリブルを倒して16にイエローカード。
ここで東京の交代、23長谷川光→34草住。
PA右でのFK、27岡庭がマイナス方向へ出したボールにニアで合わせてシュートを打つが、味方に当たりクリアされる。

83分、杉並FCの交代、13→09。

87分、左で13吉田が受けて中へ切り込み右へパス。27岡庭が受けて縦パスを17横山へ、横山から縦に出たパスに吉田が抜け出して流し込む。これでハットトリック。【7-0】

その後も右後方から浮き球のパスに13吉田が抜け出しシュートを打つが、90分にはバーに阻まれ、90+1分には枠を切る。

90+2分、38中谷(?)からパスを受け13吉田がシュートを打つが、GKがキャッチ。

-----
前半はまだどこかぎこちなかったが、後半はメンバー交代もあってプレーの選択が速くなった。イメージをすり合わせて連携を深めるはこれから、というところだけれど、2月半ばからはT1リーグが始まるし、3月に入ればJ3が始まるし、今年もまた忙しくメンバーが入れ替わることになると思われるので、選手の組み合わせ毎の最適解を早く見つけられるといいなあ。

-----
27岡庭、アーリークロスが全部ファー狙いだったけど、今日はその練習?

19吹野、足元でボールをもらってから仕掛けたいのだが、あまり意図を察してもらえなかった。スペースに入って行ってパスを受けられるといいんじゃないかなー。

25原、むさし時代はヨーイドンで裏を突いて行くFWだったが、その頃よりさらに身長が伸びたので、動き出しのスピードで勝負するよりポスト役を頑張ってみるのはどうか。矢島輝一みたいな。

DF陣、今日はカウンター対応で後手のプレーになるせいか、手を使う場面が多かった。そうじゃないよー。押したり引いたり抑えたりは最低限でなきゃ、ファールにならなくてもダサい守備だよー。切り替えで遅れないこと、身体の入れ方。頑張ってねー。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

2016観戦記録のこと

FC東京がU-23を立ち上げてJ3参戦を始めた2016年。トップチームやU-23から見たU-18選手のことは記事になるかもしれないが、U-18側から見た色々な変化も記録しておきたいと思い、久々に観戦記録を書き始めました。もっとも、予想以上の好循環でU-18自体の記事も嬉しいことにたくさん書かれたので、あんまり自分の記録には意味がなくなってしまいましたが。
とりあえず、クラブユース杯決勝(TV中継もあったのでまあいっかーと思ってるうちに書くタイミングを逃した)以外は、観戦したU-18の試合の記録は書き遂げました。余は(自己)満足じゃ。

試合の数日後とか2週間後とか1か月後とかにヒョコッと更新する観戦記録ですが、書いておかないといろんなことをすぐ忘れるので、今年もなるべく書くようにします。観戦記録用の語彙を増やしたいです…。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

インターナショナルユースカップ@長野

12/21〜25に長野で行われたインターナショナルユースカップ。国内からはJユース杯ベスト4のFC東京 U-18、広島ユース、京都U-18、松本山雅U-18、海外からは釜山アイパーク(韓国)、エストゥディアンテス(アルゼンチン)、フィゲレンセ(ブラジル)、パースグローリー(オーストラリア)の計8チームが出場。

12/24(土)・25(日)の週末に、新チームを見に行ってきました。対戦相手はパースグローリーと、A・Bグループ2位同士の広島ユース。国際大会なのに国内チームと試合とは(苦笑)。12/22のグループリーグ2戦目フィゲレンセとの試合で失敗してしまったのが惜しかった。

小雪混じりの天候で寒すぎて、観戦記録は常にもまして解読が難しいので細かいことは書きませんが、24・25日の2試合は大変面白く、ワクワクさせられるアイデアをたくさん見ることができました。小林幹たちの代のむさしに似てる、というか基本セットの前線はほとんどむさしだ。ここに深川の味をどう加えるかが来季のテーマかもしれません。
また、来季も代表やU-23で不在となる選手が多いと思われるので、それに備える「厚み」をどう作るか。その意味では、久保・平川・岡庭等を外したセットでの試合も見てみたかったなと思います。でもゲームキャプテンは岡庭だったから、外せないか。キャプテンマークが来季も岡庭の腕に巻かれるのか、それともこの大会だけなのかも楽しみです。

新チームの立ち上げの時期に国際大会で自分達の力を計れるのは、とてもありがたい。来季も出たいね、ってそれにはJユース杯を頑張らないとね。

25日の会場の南長野運動公園総合球技場は、めっちゃいいスタジアムでした。来年はU-23で遠征しようかな。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月11日

プレミアEAST 第18節 FC東京U-18vs青森山田高校 小平グランド

プレミアEAST 1位と2位の直接対決、優勝のかかった大一番、相手はかの青森山田ということで、小平グランドにはすごい人数が押し寄せた。奥の天然芝ピッチ脇にはクレーンのカメラも設置されて、大変な騒ぎだ。

FC東京U-18 [ 0 - 1 ] 青森山田高校

【FC東京U-18】=============================
−−−−−11半谷−14内田−−−−−
42平川−−−−−−−−−−−07生地
−−−−−04鈴木喜−08伊藤−−−−
23長谷川光−06岡崎−05蓮川−02坂口
−−−−−−−01波多野−−−−−−


ハイボールの競り合いが予想されるため、岡庭は控えに回り、長谷川光がスタメンに名を連ねる。平川がサイドだが、実際には中に入ってきて3ボランチのようにする狙いか? ベンチには昨日U-19のアルゼンチン遠征から帰国したばかりの久保も入る(当初カズキさんは出すつもりがなかったようだが。苦笑)。

【青森山田高校】=============================
−−−−−−−11鳴海−−−−−−
27檀崎−−−−10高橋−−−08嵯峨
−−−−07郷家−−06住永−−−−
05三国−13小山内−04橋本−03小山
−−−−−−−01廣末−−−−−−


青森山田ベンチには、深川OBの堀と鍵山。


前半は東京がやや向かい風。青森山田のキックオフで相手選手たちがラグビーのようにハーフウェイライン近くへ並ぶのを見てざわめく。いったん下げたボールを高い位置まで出てきているGK廣末が受けて、ドッカーンと前へ蹴る。一気に殺到してくる青森山田勢。何とか跳ね返す。

02分、ハイボールの競り合いで05三国に07生地がファール。自陣中央で03小山のFK。GK波多野がキャッチ。

08分、右から07郷家のロングスロー。04鈴木喜がヘディングで外へ送ると自分で蹴ってクリア。

09分、08伊藤の右CK。セカンドボールに23長谷川光が頭で合わせるが、DFがクリア。あやうくオウンゴールになりかける。伊藤の左CKにニアで06岡崎が合わせるが枠上へ。

11分、11半谷が外を回ってドリブルで抜きにかかり、05三国が止めて08伊藤の右CK。ニアでクリアされたボールを07生地がひろい伊藤につなぐが、クロスはGK廣末がキャッチ。

12分、11半谷がドリブルで中へ切り込みゴール前へパス。14内田がダイレクトでシュートを打つがサイドネット。

13分、08嵯峨がパスカットしてすぐに前へパス。11鳴海が抜け出すところを06岡崎が倒してイエローカード。PA右カド辺りから10高橋のFKは壁に当たり外へ。高橋の右CKに後方から03小山が打ったグラウンダーのシュートは、ゴール前で味方が受けてオフサイドに。

双方プレスが速く、球際でバチバチ競り合う。風があることも手伝って裏の取り合いになっているが、青森山田DFが大きいので、東京のロングキックはなかなか前につながらない。前半の東京はやや風下。ならばサイドからドリブルで切り込もうとするが、マークはきびしい。

23分、右遠めから10高橋のFKはクリア。セカンドボールをひろって11鳴海へ裏を狙うロングフィードが入るがオフサイド。

27分、14内田が右からDFをかわして回り込み、マイナスのパス。走り込んで受けた08伊藤のシュートはGK廣末がブロック。セカンドボールに内田が詰めてシュートを打つがオフサイド。

29分、GK波多野が右だけシューズ交換で少し中断。

34分、自陣でボールを奪った14内田がドリブルで前へ。左から中へ切り込み、右へパス。サイドで11半谷が受けてドリブルを仕掛けるがDFがクリア。08伊藤の右CK、ニアへ速いボールを送ると23長谷川光が頭で合わせるが枠を切る。

37分、GK廣末からのロングフィードの目測を04鈴木喜が誤り、後ろで11鳴海が受けて横の07郷家へ、郷家から左へ展開。走り込んだ10高橋から前の27檀崎へパスが出るが02坂口がクリア。セカンドボールの競り合いから10高橋が抜け出そうとするところに08伊藤がマークについてクリア。高橋の左CKはニアの密集から散らばるところでファールがあり東京ボールに。

42分、前に上がってパスを受けた02坂口が右サイドをドリブルで持ち上がり、後ろへ戻すと、08伊藤がダイレクトでクロスを入れる。GK廣末がキャッチ。

43分、07郷家の左ロングスローをクリア。セカンドボールをヘディングで弾き合うが最後はGK波多野がキャッチ。

44分、14内田が下がってセカンドボールを収めたところから右でつなぎ、14内田が切り込んでクロスを入れる。中央でDFが頭でそらせたボールにファーで23長谷川光が合わせようとするが届かず。

AT2分。

45+1分、42平川から左でパスを受けて11半谷がドリブル、角度のない位置からゴール前へシュート性のパスはGK廣末がキャッチ。

45+2分、左スローインから11半谷がドリブルで抜け出すがシュートは打てず後方の08伊藤へ。伊藤がダイレクトで後ろに送ったボールに42平川がシュートを打つが枠外。

-----
後半。

48分、GK廣末からのロングフィードのセカンドボールを07郷家がひろって左前の11鳴海へ。鳴海が折り返したボールを23長谷川光がカットして、東京のカウンター。11半谷のドリブルが04橋本に倒されて正面左から07生地のFK。ファーへ蹴ったボールはGK廣末がキャッチ。

51分、右スローインからの07郷家のドリブルを23長谷川光が倒し、PA右で10高橋のFK。ニアでクリア。

55分、11半谷が左からドリブルで切り込むところを倒されるがファールはなし。

56分、05蓮川のカットから左でつないでカウンター。11半谷がドリブルで持ち上がり、並走する42平川へパス。平川がゴール前へ送ったパスはファーに走り込んだ02坂口の手前でクリアされる。

互いにカウンターの仕掛けあい。

58分、左でルーズボールを04鈴木喜がひろって前へパス。サイドで11半谷から42平川、平川から14内田へつないで、内田がドリブルで回り込みマイナスのパスを送る。07生地が走り込むが、シュートは上手くミートせずに上へ飛び、DFがクリア。

59分、右後方からのアーリークロスを07郷家が受けて左の27壇崎へ。壇崎が左から切り込み折り返したボールは05蓮川がクリア。ここに郷家が走り込みシュートを打つが、GK波多野が横飛びではじく。左CKをニア後方へ蹴った10高橋が壇崎からワンツーを受けて中へ走り、シュートを打つが枠上。

63分、08伊藤の左CK、ニアでクリアされたボールを07生地が受けて後方からグラウンダーのシュートを打つが、DFがさわり枠外へ。伊藤の右CKをニアで06岡崎が受け、振り向きざまのボレーシュートを打つがクリアされる。これを05蓮川がひろって右の伊藤へパス。伊藤がクロスか、サイドチェンジか。左で04鈴木喜が受けて入れたクロスに生地が頭で合わせるが、当たりが弱くGK廣末がキャッチ。

69分、東京の交代、07生地→10松岡。

70分、左スローインから11鳴海が中へ切り込みシュートを打つが枠上。

71分、11半谷がキープして左外の42平川へ。平川からパスを受け10松岡が左から抜け出しマイナスのパスを送るがクリアされる。

72分、青森山田の交代、27檀崎→16堀。

74分、左スローインに11半谷がDFをかわして抜け出し、クロスを入れるがDFがブロック。08伊藤の左CKはGK廣末が片手でさわってクリアし、右スローインに。14内田が08伊藤からリターンを受けてクロスを入れるがファーで待つ23長谷川光には合わず。

76分、東京の交代、42平川→41久保。

78分、左で14内田からパスを受け10松岡がドリブル、クロスを入れるがDFがクリア。08伊藤の左CKにGK廣末が飛び出すが目測を誤り、ボールは23長谷川光の前にこぼれるもののクリアされる。伊藤の右CKは東京のファールでゴールキックに。

81分、青森山田の交代、11鳴海→19佐々木快佐々木快。

82分、右から07郷家のロングスローはニアでクリア。10高橋の右CKにニアで19佐々木快が頭で合わせたシュートは枠上。

85分、右からのクロスを16堀が受け、キープして前へパス。10高橋が抜け出すところをカバーに入った05蓮川のスライディングが倒してしまい、痛恨のPK献上。蓮川にイエローカード。PKのキッカーは10高橋、左下に決める。GK波多野も反応するが、強いボールが身体を倒し切る前にすり抜けた。【0-1】

86分、東京の交代、08伊藤→27岡庭。

87分、右遠めからのFKでセカンドボールをつないで05蓮川が折り返すが、GK廣末がキャッチ。

87分、ハイボールの処理を06岡崎が誤ったところを19佐々木快がさらってシュート。枠外。

失点後のキャプテン蓮川の気迫は物凄かった。観客の人垣でよく見えない自陣から飛び出してくる選手、誰だ?と思うと蓮川ということが二度三度とあり…。

89分、青森山田の交代、08嵯峨→17佐々木友。

AT4分。

90+2分、青森山田の交代、03小山→22鍵山。

90+3分、左スローインから04鈴木喜のアーリークロス。ゴール前でDFのクリアが上に飛び、セカンドボールを02坂口が前に送るが、05蓮川の前でGK廣末がキャッチ。

90+4分、青森山田の交代、07郷家→14住川。

青森山田の守備を破ることができず、試合終了。

-----
「勝てばEAST優勝、それだけわかってる方がシンプルで良い?」と思っていたが、そんな考えは甘かったようだ。強い相手が「まずは失点しない」と腹を決めたとき、それを打ち破るのは並大抵のことではなかった。
リーグ戦は18試合で1つのレース。1試合が良くなかったからと言ってすべて終わるわけではないが、一度足踏みや逆行をしたならどこかでその遅れを巻き返さないといけない。やっぱり追う者の方が大変なんだというのがよくわかった。

-----
これが今年のチームの最後の試合だったか、と実感がわかなくて、恒例となった3年生へのゲーフラお渡しには行くことができなかったのだけど、ちゃんとありがとう、おつかれさまと声をかけておけばよかったなと思います。かつてなく忙しいシーズンだったけれど、本当にみんなよく頑張って、素晴らしい成績を残してくれた。応援できてとてもとても楽しかったです。どうもありがとうね。

-----
試合後、青森山田の黒田監督が別行動で移動されるのに「おつかれさまです」と挨拶しつつ、「ホリシューとケイジをよろしくお願いします」「キョウセイとケイトもお願いします」と声をかける青赤ユースサポ達(笑)。北の地でみんな頑張れ。来年は勝つぞー。

-----
取材も一段落して、青森山田の選手達がチームバスに乗り込むのを横目に、これから遠距離を帰るのか、大変だなあ、などと話していたのだが、バスはなかなか出発しなかった。翌日のニュースを見ると、アウェイチーム用更衣室からスパイクやGKグローブが盗難にあったとのこと。選手・取材陣・観客でごった返す場所なのだが、かなりの嵩の荷物をどうやって運び出したのか…? 何にせよ後味の悪いことになり、選手達には申し訳ない。
来季は、U-18でも試合によってはスタジアムを確保するように、クラブ内で情報共有を図ってもらいたい。ちょっとでもいい環境で試合できるようにするために、ビッグフレームスにおカネ出してるんだよー。お願いしますよ。

-----
最後に、Twitterに載せたのを再掲。キャプテン壮大と波多野のキックオフ前の儀式が好きでした。みんな本当におつかれさまでした。次の場所での活躍を祈っています。また見に行くよ!


最後と言いつつ、ついでにこの辺も載せておこう。
 蓮川ブラザーズはそれぞれ面白かったな。
 ゲーフラは母上のところへ行きました。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月04日

プレミアEAST 第17節 鹿島アントラーズユースvsFC東京U-18 カシマスタジアム

前日土曜日の結果から、プレミアEAST優勝の行方は次節へ持ち越しに。鹿島ユースの方では、来季の残留が決まった。

鹿島アントラーズユース [ 1 - 1 ] FC東京U-18

【鹿島アントラーズユース】=============================
−−−−09石津−13篠崎−−−−
10須藤−−−−−−−−−29金澤
−−−−−−05井村−−−−−−
−−−−−−18小沼−−−−−−
08西本−03中村−04松浦−02白井
−−−−−−16石川−−−−−−


【FC東京U-18】=============================
−−−−11半谷−10松岡−−−−
14内田−−−−−−−−−07生地
−−−04鈴木喜−42平川−−−−
02坂口−06岡崎−05蓮川−27岡庭
−−−−−−01波多野−−−−−


41久保はU-19代表遠征のため、プレミアのラスト2試合は不在となる。替わってベンチに入ったのは今村。


主審が吉田寿光さんでちょっとびっくり。

01分、正面左で鹿島のFK。18小沼が少しずらして08西本がシュート。GK波多野がキャッチ。

09分、右から29金澤(?)のアーリークロス。ファーで27岡庭のヘディングクリアが10須藤の前へ飛ぶ。須藤のトラップはやや流れるが、岡庭との息が合わず波多野が飛び出し損ねる。しかし須藤のシュートは波多野がブロック。跳ね返りをひろって正面後方から09石津(?)がシュートを打つが枠上。

どうもこのところ試合の入り方が良くない。また受けて入ってしまい、立ち上がりは鹿島が攻勢。守備がギクシャクしている感じで、え?というところで寄せられずにあっさりシュートを打たれている。
15分頃からようやく東京のパスのテンポが良くなってきて、相手陣内へ入っていけるようになる。

20分、右から09石津が抜け出し、06岡崎をかわしてクロスを入れる。ファーで10須藤が頭で合わせるが逆サイドのポストに当たり、中へ跳ね返ったボールはDFがクリア。

21分、10松岡のドリブルから右CKに。CKは両チーム合わせてこれが1本目。前節に引き続き27岡庭が蹴って、ニアでクリア。また右CKとなってこれもクリア。右スローインからクロスを入れてこれもクリア。

24分、PA内で足元で争ったときに靴ひもが切れた(?)らしく、10松岡が大急ぎで右だけ靴を交換。結局後半も左右色の違う靴を履いてプレーしていた。

27分、右で07生地から10松岡へパス、松岡が後ろに戻して04鈴木喜がグラウンダーのミドルシュートを打つ。GK石川がキャッチ。

30分、左からパスを受けて13篠崎(?)がシュート。逆サイドを狙うコースにGK波多野が片手でさわり、右CKに。08西本が蹴ったボールはニアで04鈴木喜がクリア。セカンドボールを追ったところでファールがあり、10松岡にイエローカードが出る。左遠めから04松浦のFKは波多野がキャッチ。

左サイドで14内田が見せる、「ライン際の魔術師」と呼びたくなるようなキレッキレのプレー連続に沸く東京サポ。

35分、27岡庭のクロスをGK石川がはじき、ニアに詰めるがDFがクリア。鹿島のカウンターとなり、相手ドリブルを引き倒して07生地にイエローカード。

40分、右からパスを受け10須藤がゴール正面からミドルシュート。GK波多野がはじいて08西本の右CKに。セカンドボールの競り合いがこぼれたところを波多野がキャッチ。

この辺りから07生地と14内田が左右ポジションを交換していたみたい(?)。

AT1分。

今ひとつ波に乗れないまま前半が終了。

-----
後半。
07生地が左、14内田が右に入る。後半はだいぶ持ち直すが、ゲームの主導権を握るまでには至らない。ゴール前が固い。

46分、14内田のドリブルから10松岡の左CK。ニアで内田が受けてクロスを入れ、中央→右へつないで27岡庭のドリブルから今度は右CK。岡庭が蹴ってニアでクリアされるが、これをカットして、こぼれたボールをファーサイドの内田がシュート。GK石川がキャッチ。

50分、右スローインを10松岡が受けて14内田とスイッチ。いったん下げて04鈴木喜からゴール正面へパス。松岡が受けて持ち直してシュートを打つがDFに当たる。27岡庭の右CKにファーで内田が頭で合わせるが、ボールは後ろにそれる。

52分、右スローインを受けて10松岡がミドルシュート。枠外。

53分、左スローインから08西本がクロスを入れ、中央で13篠崎が頭で合わせるが枠上へ。

56分、02白井(?)のクロスを02坂口がブロックして、08西本の右CKに。ショートコーナーのリターンを受けて西本がクロスを入れる。クリアボールを右でつなぐがラストパスが合わずにGK波多野がキャッチ。

59分、鹿島の交代、09石津→36赤塚。

60分、右スローインを受けて10松岡が中へ切り込み、DFの間を抜けてゴール前へパスを送るがカットされる。

64分、左でつないで中央でパスを受けた11半谷が右へパス。27岡庭がフリーで受けてクロスを入れる。07生地が落としたところに14内田が走り込むが、DFがマークにつき左CKに。10松岡が蹴って04鈴木喜が頭で合わせるが枠上へ。

66分、02坂口のクリアをひろわれ右からクロスが入る。13篠崎が中へ落とし、10須藤がボレーシュートを打つが枠外。

67分、クイックリスタートから10松岡がドリブルで前へ運ぶところに手をかけて倒し、05井村にイエローカード。

69分、11半谷が14内田とのワンツーで抜け出し、マークについた一人をかわして切り込むも、もう一人がクリア。27岡庭の右CKはニアでクリア。

70分、鹿島の交代、10須藤→26荒川。
−−−−13篠崎−36赤塚−−−−
08西本−−−−−−−−−29金澤
−−−−−−05井村−−−−−−
−−−−−−18小沼−−−−−−
26荒川−03中村−04松浦−02白井
−−−−−−16石川−−−−−−


72分、オーバーラップした02坂口から中へのパスに07生地が走り込み、ゴール前へ折り返すがGK石川がキャッチ。

74分、04鈴木喜からパスを受け、02坂口が左サイドを持ち上がり、中へパス。DFが戻りながらスライディングでクリアしようとするが、そのまま枠へ転がりオウンゴールに。思わぬ形で東京が先制。【0-1】

77分、東京の交代、10松岡→08伊藤。伊藤が右に入り、14内田がトップ下へ移動。

78分、27岡庭から08伊藤へつないだところでクリアされ右CKに。
その前に東京の交代、02坂口→23長谷川光。
伊藤が蹴ったセカンドボールをつなぎ、11半谷が右で受けてドリブル。クロスをGK石川がはじいてもう一度伊藤の右CKに。これも石川がはじいてクリア。

81分、左からのパスを中央で08伊藤が受けて、右へ展開。27岡庭がフリーで受けて縦パスを11半谷へ。半谷の折り返しはゴール前には合わず。
鹿島の交代、18小沼→23増崎。36赤塚→06佐々木。

82分、11半谷が右エンドライン際から中へパス。07生地が走り込みDFと絡んで倒れるがファールはなし。

89分、右スローインから14内田がキープして08伊藤の右CK。時間を使うかと思ったら点を取りに行き、ニアでクリアされ鹿島のカウンターとなる。左でスライディングで止めて、06佐々木のFKに。ファーで折り返したボールが中央にこぼれるがクリア。

90分、東京の交代、07生地→12小林真。
直後、右から02白井のロングスローがゴール前へ転がり、13篠崎がトラップしてボレーシュート。土壇場で同点となる。【1-1】

90+2分、右スローインからのクロスをファーで23長谷川光が受けて、反転シュートを打つが枠外。

試合終了。

-----
ということで、何とも惜しい引き分け。同時刻開始の青森山田が清水ユースに勝ったので、首位はまた青森山田へ移った。これで予定通り(?)、最終節は2位で小平に青森山田を迎えることに。勝てばEAST優勝、それだけわかってる方がシンプルで良い?

Jユース杯の京都・広島、リーグ再開のマリノスの方がチームとしての緻密さは上だった感じだが、試合結果はそういうこととは関係ない。バッサリ言ってしまえば、先の連戦ほどの集中力がチームになかったように思う。これでまた引き締められるなら良いが。

U-23からU-18に戻ってきて、感覚が違ってここで詰める/待つのタイミングを計りにくかったりするのだろうか。岡崎にはちょっと、アレ?というプレーが何度かあった。本人も自分でわかっているだろうから、頑張ってチューニングしてほしい。

Jユース杯の期間中からフットサルU-19代表合宿に招集され始めた松岡は、この後も週中の合宿に呼ばれている。何だか、局面ごとのプレーの引き出しが増えた気がする。忙しいだろうが、良い刺激になっているようで嬉しい。

-----
これがラストゲームとなるか、それとも、勝ってもう一試合を楽しむことができるか。プレミアEAST最終節はvs青森山田高校、12月11日(日)13:00、小平グラウンドにて。ヤマダに勝てないままじゃ終われない。頑張ろう!
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

プレミアEAST 第16節 FC東京U-18vs横浜F・マリノスユース 小平グランド

プレミアリーグ再開。残り3節。午後から雨予報だったが試合後半にパラつくくらいで何とか天気はもった。小平、奥の天然芝グランドには大勢の観客。
試合開始前、前節まで首位の青森山田が鹿島ユースに敗れたことが伝わり、ちょっと沸く。この試合に勝てば首位に復帰だ。

FC東京U-18 [ 3 - 0 ] 横浜F・マリノスユース

【FC東京U-18】=============================
−−−−11半谷−10松岡−−−−
14内田−−−−−−−−−07生地
−−−04鈴木喜−42平川−−−−
02坂口−06岡崎−05蓮川−27岡庭
−−−−−−01波多野−−−−−


J3の日程が終了し、岡崎と鈴木喜がU-18に戻ってきた。「戻ってきたからこちらで出られるものではない」と佐藤監督は言うが、それならチーム内の競争を勝ち抜いて2人ともスタメンである。
Jユース決勝の出場を謹慎で逃した波多野も復帰。ここから改めてやってくれるね?


【横浜F・マリノスユース】=============================
−−−−09渡辺−17薄葉−−−−
42椿−−−−−−−−−−10吉尾
−−−−06佐多−14山田−−−−
24澤田−05坂本−03板倉−22藤田
−−−−−−31原田−−−−−−



02分、右CK、キッカーはなんと27岡庭。中央でDFがクリア。

また少し慎重に、まずは受けて入ってしまった。横浜FMはスーパールーキー42椿を活かすため、攻撃はやや左偏重。しかしそこにつられると逆に振られる。わかっていても対応には手を焼く。

08分、11半谷のドリブルをDFがブロックして27岡庭の右CK。ラインを切る。

10分、横浜FMの攻撃、中から右後方へ戻したボールを受けて22藤田がアーリークロスを入れる。ファーで09渡辺がヘッドで合わせるが枠外。

12分、02坂口から14内田へのパスを22藤田がカットしてショートカウンター。藤田の縦パスを09渡辺が半身抜け出しながら受け、中央へ落としたところに14山田が走り込みシュートを打つが、当たりが弱く、枠外へ。

19分、11半谷が右から切り込みゴール前へパス。これを受けた14内田とスイッチして左外から02坂口が切り込んでDFの間からシュートを打つが、GK原田がキャッチ。

21分、14内田が倒されて左遠めから07生地のFK。ファーで内田がヘッドで合わせるが枠上へ。

23分、右スローインをクリアして10吉尾の右CKに。GK波多野が飛び出してクリア。セカンドボールを受けてファー後方からシュートを打たれるが蹴り損ねて枠上へ。

25分、東京DFがカットしたルーズボールを42椿が走り込んで奪い、中へパス。中央でクリアしたところへ17薄葉が走り込んでシュート。わずかに枠上。

26分、左ゴール前へ出たパスにGK原田が飛び出したのを11半谷がかわしてシュートを打つが、DFがカバーに入りクリア。

27分、11半谷が倒され左奥で07生地のFK。ファーで14内田(?)が頭で折り返し、中央後方から10松岡がシュートを打つがDFに当たる。左へこぼれたボールに詰めるがDFがクリア。

29分、27岡庭の右CK。中央で競ってファーにこぼれたボールを04鈴木喜がシュート。DFがクリアして07生地の左CK。ファーで05蓮川が頭で合わせるが枠上へ。

31分、02坂口のロングフィードを右で相手DFが受けたところを10松岡が奪い返し、中へパス。42平川→14内田(?)が後ろに落として、27岡庭がドーンとミドルシュート。枠を切る。

横浜FM前線のプレスは速いが、この辺りになるとだいぶ慣れてきて、パスがつながるようになる。相手ゴール前は人数が揃って固いので、もう少しずつスピードを上げていきたい。守備時の切り替えも。

35分、右奥でのスローインから中につなぎ09渡辺がミドルシュート。GK波多野がキャッチ。ゴールキックを追った11半谷が倒され右遠めからFK。27岡庭のボールをニアポスト際で受けて14内田がシュートを打つが枠外。

38分、14内田が左から回り込みクロスを入れる。ファーで07生地がボレーシュートをきれいに合わせ、ゴール。【1-0】

41分、ロングフィードの競り合いで05蓮川と24澤田が頭をぶつける。ゴン、と音が聞こえる接触で心配したが、蓮川は間もなく復帰。澤田は担架で外へ運ばれる。

43分、横浜FMの交代、24澤田→18平澤。

27岡庭の右CKが続き、クリアから横浜FMのカウンター。左後方からのアーリークロスに、ゴール前の17薄葉がヒールで合わせゴールを狙うが枠外。

AT2分。

45+1分、27岡庭が縦につけたボールを受け、10松岡がふわっと前へパスを送る。11半谷が抜け出して打ったシュートが逆サイドのネットに刺さる。前半終了間際の追加点。【2-0】

-----
後半。
東京の交代、10松岡→41久保。
横浜FMの交代、17薄葉→15西田。

後半が始まると同時に雨がパラパラ降り始める。ゲーフラを仕舞ったりで、観戦エリアの後ろでしばらくバタバタ。入ったばかりのタケフサが最初から魅せてたみたい。後半立ち上がりは東京が試合の主導権を握る。

54分、11半谷がDFのパスをカットして中央を抜け出し、GK原田の位置を見てループシュートを狙う。しかし枠外。

55分、ゴール前で混戦となる中、左から41久保がシュートを打つが枠外。

57分、右CKで27岡庭がグラウンダーの速いボールを送る。ニアで04鈴木喜がスルーするが、中でも合わずにボールは逆サイドへ抜ける。

59分、左でルーズボールをひろい41久保が中へ切り込む。浮き球のパスに右から07生地が抜け出し、右足シュート。左のカドを狙うが枠上へ。

62分、右で足の滑った02坂口をかわして10吉尾(?)が切り込み、クロスを入れる。ファーで18平澤(?)がシュートを打つがGK波多野がはじく。左CKはファーでクリア。

64分、東京の交代、02坂口→23長谷川光。

68分、中央で06佐多(?)がDFの間からシュートを打つが、DFがブロックしてクリア。右後方で10吉尾(?)がひろって打ったミドルシュートは枠を切る。

横浜FMが裏を狙って攻め込む時間帯。

70分、東京の交代、42平川→12小林真。

75分、右からのアーリークロスに42椿が中央へ走り込みトラップ。抜け出そうとするところに27岡庭がしぼって身体を寄せ、もつれてこぼれたボールをGK波多野がキャッチ。

76分、左で14内田が持ち上がり、外から追い越していく23長谷川光へパス。長谷川光が抜け出して中へ折り返したボールを、ニアで11半谷が受け、中央へつなぎ41久保がシュート。GK原田がブロックしてこぼれたボールをもう一度久保がシュートして決める。【3-0】

78分、横浜FMの交代、42椿→27堀。堀が左SBに入り、18平澤が左の前へ移動。

80分、自陣で07生地のパスミスをカットされ、攻め込まれて左CKに。ショートコーナーからのクロスはファーに抜けて、横浜FMはいったんボールを下げる。

81分、東京の交代、07生地→08伊藤。スタメンを外れた伊藤がここからキレキレのパスを何度も見せる。

83分、08伊藤が浮き球のパスを前へ送り、12小林真から41久保へつないでミドルシュート。GK原田がファーへはじいたところに14内田が詰めるがDFがクリア。伊藤の左CKをファーで05蓮川が折り返し、セカンドボールをつなぐがファールで相手ボールに。

85分、中央で密集したところを14内田→41久保→12小林真とつないでシュートを打つが、GK原田がキャッチ。

86分、東京の交代、14内田→15小林幹(ちょっと足が攣っているが交代させてもらえない半谷。夏によく見た光景。笑)。

87分、横浜FMのCKが左、右、左と続き、最後は左後方からのクロスをGK波多野がキャッチ。

89分、ゴール正面で14山田を倒して10吉尾のFK。下を狙うがカベに当たり外へ。左CKはファーでクリア。

AT3分。

90+3分、右から切り込んでのクロスをブロックして右CK。これをクリアして試合終了。

-----
ベンチには前の試合までのスタメンが控え、出場した選手は2名を除きJ3経験あり、というのは、贔屓目に見ても凄いんじゃなかろうか。陣容に恥じない試合結果を残せたのは素晴らしい。

で、早くもEAST首位が転がり込んできてしまって、ちょっと目算が狂ってしまった。最終節までは追う立場で、最後に逆転するんだとばかり思い描いていたので、心を整え直さないといけない。…と、わちゃわちゃしているのはファンばかりで、選手たちは落ち着いたものだと思いますが。
気を引き締めて、頑張れ!

-----
今日から終盤恒例(?)のゲーフラ祭りを始めました。
鹿島、小平へ来られる方は、3年生へ送るゲーフラに寄せ書きをお願い致します。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

Jユース杯 決勝 サンフレッチェ広島ユースvsFC東京U-18 ヤマハスタジアム

降ったり止んだりの雨降り。午後には止むということだったのだが…(結局止んだけどーーーっ)。

サンフレッチェ広島ユース [ 2 - 3 ] FC東京U-18

【サンフレッチェ広島ユース】=============================
−−−−−−10山根−−−−−−
−−−19仙波−−−09満田−−−
30東−−−−−−−−−−15川井
−−−−07力安−12松本−−−−
−−08藤原−04里岡−02東野−−
−−−−−−21大迫−−−−−−


イヨハ、川村がトップの遠征に帯同で不在とのこと。

【FC東京U-18】=============================
−−−−−11半谷−10松岡−−−−−
14内田−−−−−−−−−−−07生地
−−−−−08伊藤−42平川−−−−−
02坂口−23長谷川光−05蓮川−27岡庭
−−−−−−−16高瀬−−−−−−


岡崎、鈴木喜はいつも通り翌日のJ3のためメンバー外。そしてGKは波多野でなく、Jユース杯初先発の2年生高瀬。波多野は準決勝の後ここまで、練習参加も禁止で謹慎だったとのこと。今日は裏方で働いている。佐藤監督の指導と筋の通し方に唸る。
準決勝で2ゴールの小林真と、先発を続けてきた荒川は控えに回った。荒川と吹野は修学旅行参加を取りやめてこちらへ来たとのこと。


03分、08藤原のロングフィードに左から10山根が抜け出しシュート。GK高瀬がキャッチ。

08分、30東がセンターラインを越えてすぐにゴール前へパスを送る。10山根、09満田の走り込みには合わずファーサイドでラインを切る。

両チーム攻守の切り替えが速い。ボールを持つ時間は東京の方が長いが、ボールを奪われると広島のカウンターが迫る。広島の、中央で中継またはスルーして斜めに通るパスに上手く対応できない。パスの出てくるタイミングが独特で戸惑う。

16分、右から15川井のクロスをゴール前で27岡庭がヘッドでクリア。これを中央でひろった07生地が前へドリブルして、左前方へロングフィード。14内田が抜け出し、中へ切り込んでシュートを打つがGK大迫がキャッチ。

18分、右から中へ切り込む09満田に23長谷川光の足がかかり、ゴール正面左で広島のFK。15川井が直接狙うがわずかに枠上。

23分、右後方02東野から斜めに出たパスを中央で10山根がスルー。09満田が受けて右に抜け出し、23長谷川光のマークを半身かわしてシュートを打つ。GK高瀬がはじき、こぼれたボールに詰めた満田がもう一度シュートを打つがポストに当たる。

28分、ゴール正面の10山根に入ったパスを08伊藤がなんとかクリアするが、これをひろった12松本のミドルシュートがズドンと決まる。広島が先制。【1-0】

30分、自陣で14内田がパスを受けたところに15川井が後方から走り込みボールを奪うと、ショートカウンターで09満田→10山根とつないでシュート。GK高瀬がキャッチ。

31分、09満田のスルーパスに10山根が抜け出すが、GK高瀬が飛び出してキャッチ。

32分、広島ゴール前からのクリアボールをひろって27岡庭がミドルシュート。GK大迫がはじく。

33分、42平川の縦パスを11半谷が受けて左の14内田へつなぐ。内田が切り込んでゴール前へパスを送るが中に合わず。

36分、左で10松岡のドリブルが倒されPA横から07生地のFK。GK大迫がはじいたボールをひろって後ろに戻し、08伊藤がシュートを打つが枠上。

39分、左のDFの間でパスを受けた10松岡がターンして強引に切り込みシュートを打つが、GK大迫がはじいてキャッチ。

42分、右で07生地からパスを受けた14内田が後ろに戻し、10松岡がミドルシュートを打つが枠を切る。

42分、07生地のドリブルが倒され右遠めから08伊藤のFK。セカンドボールを争うがクリアされる。

44分、左から中へ09満田がドリブルで切り込む。ボールを刈りに行くDFのスライディングを二度三度とかわして右へパス。15川井が受けてゴール前へパスを送るが、ファーの10山根の前でクリア。

45分、左からスルーパスに08藤原が抜け出してゴール前へパスを送る。ニアでカバーに入った05蓮川が足に当てるが、ゴールは中へ飛んで走り込んだ10山根が蹴り込む。【2-0】

決して流れが悪いわけでもなく攻撃も出来ているのだが、前半に2失点。3バック、斜めに入るパス、スルーパス、前線の息の合った動き出しにどう対応するか。

-----
後半。
東京の交代、08伊藤→41久保。久保がトップに入り、10松岡が左、14内田がボランチに移動。前半にDFの人数が揃った狭いエリアでの勝負が多かったので、そういう駆け引きが得意なタケフサを投入の選択。

47分、09満田がパスカットしてショートカウンター。満田のドリブルを14内田が左へ追い込むが、角度のないところからシュートを打つ。GK高瀬がキャッチ。

50分、07生地が右から中へ切り込み、顔の向きでフェイントをかけて縦にパスを出す。10松岡が抜け出してゴール。1点返す!【2-1】

52分、02坂口からパスを受け、10松岡が前に運んでさらに縦のパス。左から11半谷が抜け出すところにPA内で04里岡の足がかかり、倒されてPKを獲得。里岡にイエローカード。14内田が蹴りに行こうとするのを10松岡が止めて、半谷が自分でセットする。静まり返った中、左下へしっかり決める。後半早々に試合を振り出しに戻す!【2-2】
スタンドが静まり返ったのはもちろん同点になるか否かという場面だったからなのだけど、青赤のユースファンにとっては、今年PKが上手く行かなかった半谷がこの場面で自分で蹴りに行った(前の試合では獲得したPKを譲ったのに)、どうか苦手意識を払拭してくれるように、と祈る気持ちでいたのだった。本当に嬉しいゴールだった。

同点となり、広島ベンチが動く。このあたりで、雨脚が急に強くなる。

55分、広島の交代、12松本→25根角。

57分、広島の交代、30東→18村山。

60分、センターサークルから10松岡がDFと競り合いながらドリブル。倒されて中央遠めからのFK。ゴール左で14内田が頭で落とし、05蓮川が受けるがオフサイド。

63分、41久保からパスを受け07生地が左から抜け出しシュート。GK大迫がはじく。生地の右CKのクリアをひろってつなぎ、もう一度14内田がクロスが入れるがクリアされる。

65分、中央を09満田がドリブルで持ち上がり、左へパス。19仙波が受けてシュートを打つが27岡庭がブロックして外へ。25根角の左CKはクリア。

69分、右から15川井の抜け出しにGK高瀬が前に出て一旦かわされるが、身体を戻してキャッチ。

75分、広島の交代、19仙波→20明比。

このあたりでドシャ振りが止んで日が差してくる。今度は眩しい。まったくなんて天気だ!
雨の間、DFラインと中盤への東京のプレスがハマり、前半に苦しんだ斜めのパスの本数が減る。

81分、ロングフィードのクリアを20明比がひろって右の09満田へ、満田から外の15川井がパスを受けてクロスを入れる。10山根の足元に入るが、蹴り損ねて枠外へ。

81分、14内田にイエローカード(見てなかったので不明…)。

83分、ゴールキックをカットされショートカウンター。左から20明比がシュート。GK高瀬がキャッチ。

84分、右から中へドリブルして41久保がミドルシュートを打つが枠上。

86分、14内田のスルーが後ろでカットされ、左で10山根が受けてクロスを入れる。09満田が飛び込み頭で合わせるが枠を切る。

88分、東京のカウンター。11半谷のドリブルを08藤原が倒してイエローカード。右から41久保のFKはGK大迫が片手ではじき、ファーで生地がひろって中へ切り込むところをDFがブロック。10松岡の左CK、右CKと続くがクリアされる。広島のカウンターとなるところを半谷が戻って取り返す。

AT3分。

90+1分、15川井がドリブルからクロスを入れるが、GK高瀬がキャッチ。

90+2分、左から18村山のクロスをクリアしたところで05蓮川の足が攣る。攻撃に守備に走り続けた10松岡も両足を攣らせて倒れ込み、一旦外に出る。

90+3分、右で41久保からパスを受け14内田がドリブル、シュートを打つがDFがブロックして外へ。
ここで東京の交代、10松岡→24荒川。
07生地の左CK、クリアをファー後方で41久保がひろいシュートを打つが枠上へ。

90分で決着がつかず、10分ハーフの延長戦へ。

-----
延長前半。

91分、42平川から左でフリーの24荒川へ。荒川が左サイドをドリブルで持ち上がり、中の14内田へパス。内田から平川へつないでシュートを打つが枠外。

92分、18村山のクロスを10山根のマークについた05蓮川がクリア。15川井の左CKはDFがクリア。

93分、スローインを右でカットして41久保がこれを受け、前方の24荒川へパス。荒川から左外の02坂口へ。坂口のアーリークロスに久保が抜け出すがDFがマークについてボールはラインを切る。07生地の左CKはニアでクリア。左でつなぐが久保のドリブルにDFが身体を寄せてボールは外へ。

99分、左でつないで14内田のミドルシュートは枠上。

100分、18村山のアーリークロスに09満田がヘッドで合わせるがGK高瀬がキャッチ。

AT1分。

-----
延長後半。
広島の交代、20明比→29桂。

101分、縦パスに11半谷が走るがDFがクリア。07生地の右CKはニアでクリア。

103分、15川井の左CKにファーで08藤原がヘッドで合わせる。ライン上で27岡庭がクリアするもひろわれてゴール前で混戦。なんとかクリアするが、もう一度右からクロスが入り、29桂のシュートは枠上へ。

105分、東京の交代、27岡庭→19吹野。

107分、リスタートでGK大迫がキックミス。これを41久保がDFラインの手前で受けてドリブルで前へ。DF3人をひきつけてゴール手前で左へパス。後方から走り込んだ24荒川がフリーで受け、GKと1対1を落ち着いて決める。勝ち越し!【2-3】

109分、東京の交代、11半谷→22杉山。

110分、41久保のドリブルが倒されて右遠めから07生地のFK。22杉山からパスを受けて久保が切り込むがDFがクリア。右CKで時間を使う。

110+1分、41久保のドリブルが倒されて04里岡にイエローカード。このとき、あれ?と思ったのだがそのままリスタートして、間もなく試合終了。里岡は2枚目の警告だったので本当はここで退場となるはずだった。試合に影響のない時間帯で良かった。

-----
ということで、前半の2点差をはね返し、延長まで戦っての逆転劇。今年のチームは本当に腹が据わっている。最初からそうだったわけではなく、淡々と敗れたプレミアでのマリノス戦、これではいかんとまとまって他チーム以上の連戦となりつつ勝ち取ったクラ選優勝、常に「少し上」に挑戦し続けることができた今年の試合環境とチーム内の競争、いろんな要素が上手く噛み合って、これだけの強さと自信を身に付けることができた。すごいなあ、本当にすごいよ君たち。

これで二冠。

残るはプレミアリーグの3試合。そして最後にもう1試合ができるなら、おそらくは再び広島ユースとの対戦となるだろう。もう一度試合したい。そこで勝って、史上初の三冠を獲得してほしい。せっかくここまで来たのだもの。
posted by kul at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー:観戦記2016 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする